こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

算数と数学

小学校では「算数」、中学校以降「数学」と言いますが、その違いは何でしょうか?
わかる方教えてください。

投稿日時 - 2011-10-18 20:32:41

QNo.7079998

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

そもそも算数と数学は、似ているようで違うものです。
算数が数学に変わったわけではありません。
算数は計算の正確さを学ぶ学問で、なぜそうなるのかは追及しません。
なので、丸暗記でも計算さえできればいいのです。
ところが数学は、この逆で、論理的な構造を学びます。なぜそうなるのかを。
極端に言えば、答えが合わなくても考え方が分かれば、一応、良いわけです。(後で計算練習をすれば良い)
数学が苦手な生徒は、この違いが分からず、数学も算数と同様に考えて公式の丸暗記をしてしまい、数学が苦手になってしまう原因の一つになると思います。

投稿日時 - 2011-10-19 13:36:10

お礼

判りやすい回答ありがとうございました。
確かに、算数は丸暗記できますね。数学は論理的で、且つ答えは1つしかなく、何種類か解く方法があったりしますね。その違いでしょうか。
参考になりました。

投稿日時 - 2011-10-19 21:07:55

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

私は人類に貢献できるものを学問というと思っています。
じゃ数学とは・・・
数字の1は発音が違って他の国でも意味は同じです。
数学とは万国共通の意味を持ちます。
0の発見が偉大だったことは色々意味があるように思います。
でも、これがなければコンピュータも無ければロケットも生まれなかったでしょう。
数学は考え方で哲学だと思うのです。
算数は英語を習う前のローマ字のように思います。
この先は長いです。

こんな考え方はありでしょうか?

投稿日時 - 2011-10-19 20:55:47

お礼

学問についてのわかりやすい回答ありがとうございました。確かに、算数は英語を習う前のローマ字と同じように考えれば良い(これは教科)、数学は万国共通の考え方(学問)であるとすれば納得です。
整理がつきました。

投稿日時 - 2011-10-19 21:12:51

ANo.3

一般の人は、学問の名前と教科の名前を混同している向きがあります。
例えば、「理科」は教科の名前。学問でこれに対応するのは、物理学、天文学、化学、生物学等々。
例えば、「社会」は教科の名前。学問でこれに対応するのは、社会学、地理学、経済学、倫理学等々。
「算数」は小学校の教科の名前で、「数学」は、中学校の教科の名前。学問でこれに対応するのは、数学。“すうがく”は、教科の名前と学問の名前が一致する特別な例。他の教科で、学問の名前と教科の名前が一致するのはありません。
よく、算数は、身近なものを題材にしたもので・・・、数学は、抽象的な図形や関数を扱い、ちょっと高級・・・と言うような説明がなされますが、そんなことはありません。学問の数学から考えると中学校で学ぶ教科としての数学は、身近な題材を基にした内容で、とても抽象度が高いなんていえません。“すうがく”が、教科の名前と学問の名前が一致する特別なものであるので、「さんすう」は教科で考え、「すうがく」は学問としての数学で考えては、ちょっと問題があります。同じ土俵で考えないと事の本質が分からなくなります。単に、小学校で習う数や図形に関する教科を「算数」といい、中学校で習う数や図形に関する教科を「数学」と言うだけで、どちらが高級と言うものでもないです。もちろん、違いは内容の程度にあるだけで、これは他の教科だって同じ事。小学校で習う理科と中学校で習う理科、中学校の方が高級って事ないでしょ。内容は中学生に見合うようになっているだけのこと。

投稿日時 - 2011-10-19 07:57:00

補足

詳しい説明ありがとうございます。数学は教科と学問がたまたま同じであることは理解できましたが、それでは何故逆に教科の名前が算数から数学に変わってしますのでしょう?誰かお分かりになる方おられませんか?

投稿日時 - 2011-10-19 10:52:28

ANo.2

算数は具体的なことを扱う場合が多いですね。
例えば、りんごが4つ入った箱が6個ある。合計いくつのりんごがあるか。
のような感じです。
つまり、問題があってから計算が出てきます。

数学は抽象的なものです。
例えば、数学では y = ax という数式の性質を学びます。
この式によって先のりんごの問題は解決されるでしょう。
つまり、数式があってから現実問題に当てはめるのです。

数学では、数式が日常生活の何を解決するか、ではなく
その数式がどのような性質を持つかを追求するのが一番の関心事だといえます。

数学はその抽象性ゆえに学ぶ価値が高いのです。

投稿日時 - 2011-10-18 21:11:04

お礼

回答ありがとうございおます。参考になりました。

投稿日時 - 2011-10-19 10:48:57

ANo.1

算数とは数学をするための基礎を学ぶ学問で、算数での話題は、身近な事象について考えるものが多いですが、数学では、身近な事象から離れて、公式などを学びます。
この違いです。

投稿日時 - 2011-10-18 20:44:06

お礼

回答ありがとうございます。参考になりました。

投稿日時 - 2011-10-19 10:44:24

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-