こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

このグラフについて教えてください

コイル、抵抗、コンデンサーを直列に交流電源とともに繋いだ。

コイル、コンデンサーを流れる電流 i (実線)とコイル、コンデンサーにかかるそれぞれ
の電圧v、vc(点線)の時間変化は下図(画像)のようになった

グラフをみると分かりますが

t=0からのグラフなのに


十分時間が経った後のように周期的なグラフになっていますよね?

t=0からだったら急に電圧を加えているということなので

過渡現象?というものが発生して下図のようにならないんじゃないですか?
(コンデンサーはt=0からマイナスの電圧だしよくわからないし、十分時間がたった後のグラフのことを下図が言っているのならわかるのですがt=0(電圧を加えた直後)ということは過渡現象というものが起こるんじゃなかったけ?とか思ってるんですがとりあえずよくわかりません)

この分野は本当に苦手ですいません

投稿日時 - 2011-10-13 02:59:57

QNo.7068321

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>>周期的に繰り返さない波形になっています。
> とありますけど0.03あたり(過渡現象が終わったあたり)からは
> 周期的に繰り返す波形になっていると考えて宜しいですよね?
その通りです。過渡現象が収まると,周期的な波形に落ち着きます。


添付の図は
http://okwave.jp/qa/q7067481.html
に載せるべきだったRC直列回路の過渡応答波形です。

初め,コンデンサ電圧(青色)はVc=0から始り,
中心線が上にずれた,過渡的な波形になっています。
2回目以降あたりから,このずれが収まって,
周期的な繰り返しに落ち着きます。

投稿日時 - 2011-10-13 18:59:03

お礼

回答ありがとうございました

よくわかりました

投稿日時 - 2011-10-13 19:01:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.2

#1さんがおっしゃるように,このグラフは十分時間が経ったあとの波形です。
t=0は,十分時間が経った後の,電流が負から正に変る瞬間 に取り直しています。

もし,スイッチを入れる瞬間をt=0として過渡現象を含めた波形を見ると,添付図のようになります。
質問者さんの予想通り,コイルの電流(黄色),コンデンサ電圧(青)は0から始っています。
その代わり,周期的に繰り返さない波形になっています。

高校物理では,過渡現象まで考えると難しくなりすぎるので,
定常状態だけを考えることになっています。

投稿日時 - 2011-10-13 13:34:13

お礼

回答ありがとうございます


>周期的に繰り返さない波形になっています。

とありますけど0.03あたり(過渡現象が終わったあたり)からは周期的に繰り返す波形になっていると考えて宜しいですよね?

投稿日時 - 2011-10-13 18:03:11

これは暗黙の了解みたいな感じで、過渡状態は終わって定常状態を示した波形と考えます。
t=0となっているのは相対的な時間で、すでに充分時間が経過して、安定した時を改めてt=0とおいているのです。

投稿日時 - 2011-10-13 06:52:28

お礼

回答ありがとうございます

投稿日時 - 2011-10-13 17:57:13

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-