こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ヘアメイクの出来ない「着付け師」の存在意義について

美容師の方、着付けが好きな方、着物が好きな方などにお答えいただければ嬉しいです。
質問は、タイトルのとおりです。

私は一般企業で働いていた普通の女性です。
昔から着物が好きで、OL時代に着付けを習ってました。
自分で着物を着るという目標はあっという間に達成され、
他装もどんどん上達しました。

着付け教室にある謳い文句の「プロ科に進めば、着付けのお仕事があります」
も鵜呑みにし、がんばってきました。
やがて大手の教室とは合わなくなり先生を変え
美容師の先生について習い、成人式、卒業式では着付けのお仕事もできるようになりました。
とてもやりがいがありました。

しかし、同時にヘアメイクの出来ない「着付け師」が出来ることに限界を感じるようになりました。

ヘアとのトータルコーディネートが出来ない。
当然安定した仕事量などない。
成人式などの「数」が必要なときに呼ばれるだけ。
それでも、お客様にとっては一生に一度の行事だから、最高の技術を維持するために研鑽しないといけない。
投資ばかりかさんでいく。
お客様のためにも、着付けしかできない人なんて、どうなの?
「着付け師」の存在って、着付け教室が女性の向上心につけこんで生み出した、資格商法だったんだ…。
(そもそも成人式などのイベントでは、ある決まった日にだけ高い技術のたくさん人手が
たくさん必要というアンバランスさを感じます)

「着付け師」の仕事はやりがいとしては良いのかもしれませんが、
収入、ましてや職業としてはとても成り立たないと思うようになってしまいました。

そんな私も今は育児をしており、仕事はしばし休止しています。
今後自分がどう生きたいか見直す時期に来て、
この先の着付けとの関わり方を、思案する日々です。(前職は事情があって退職)

美容師の資格をとってヘアメイクの技術を身につける?とも考えましたが
すでに年齢もいっていますし夢物語のように遠い道のり、無鉄砲に思えます。
着付けは奥が深く高い技術がいる仕事と思います。
着付け教室で習った着物の知識、着物への想いは活かさないともったいないという気持ちはあります。
着物の販売職か、着付け教室でもやったら良いか…
いっそ、中途半端な技術や知識など封印して、もう忘れてしまおうかとも思っています。

なんだか半分人生相談のようにもなってしまいましたが、
タイトルの質問は以前から誰かに聞いてみたいと思っていました。
思うところのある方はぜひご回答、よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2011-10-08 19:54:28

QNo.7059371

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

遊びで着物を着ている者です。

私自身は、プロの着付けの方にお世話になったことはありません。
母や叔母も着物を着ることができますし、なかには質問者さまのように他装もOKの者もいますので、身内同士で済ませてきました。

そんな人間の感想ですので、経済的に成り立つかどうかはさておき、感情的な部分だけで言うなら「着付けだけができる方」には、存在意義があると思います。
理由は2つ、「着付けだけの知識が欲しい方もいる」こと、「二つの技術を習得することのむずかしさ」です。

まず、ひとつめです。
私程度でも、知人に浴衣を着せてと頼まれたことがあります。
この程度の人の場合、ヘアメイクはして欲しくないんですね。普段の自分とかけ離れたくはなく、ちょっとした洒落で浴衣を着たいだけ、です。そんな人って結構多いと思いますよ。私自身もそんな気持ちが強いです。
また、質問者さまが考えておられるような販売や着付け教室もありですね。私自身、最初に着物を着始めた頃はマナーやコーディネイトに迷いました。できるだけ色々な人の知識を貰いたくて、ネット上でも探しまわりました。ちょっと相談できる相手、一緒に考えてくれる相手って欲しいですよ。そんな場では、ヘアメイクまではしないのが一般的でしょう。

続いてふたつめです。
着付けとヘアメイクの双方ができる方、というのは確かに理想的ですが、はたして高いレベルで両立が可能でしょうか?
私の知人の美容師さんは、遠方からも指名で来る方がいらっしゃるくらい「美容師」としての技術は高い方ですが、着付けはできません。ですので、頼まれると着付けだけができる方に来て頂いて、二人でしているそうです。もちろん、利益としては低くなってしまいますが、そのかわり二人の目線、二人の美意識でチェックすることで、より高いレベルのことができていると思うと話していらっしゃいます。
実際、着物雑誌にも登場していらっしゃるような着付けの先生や着物のアドヴァイスをなさっておられる方で、ヘアメイクについては特に話さない方って、結構いらっしゃいますよね。
「ビジネス」として考えるなら、主とする部分に関連するサブの知識はあるほど望ましいものです。
着付けで言うなら、ヘアメイクができる方ならトータルコーディネイトができるでしょうし、お茶や日舞の技能をお持ちの方なら場にふさわしい装いや振る舞いをアドバイスできるでしょう。観光地にお住まいの顔の広い方なら、着物での観光を手助けできそうです。織物や染色、和裁の技術をお持ちの方なら、その観点からアドバイスできますよね。
こういったサブの知識、着物に関する知識、実際の着付けのテクニック、これらすべてを100点満点って人間に可能なことでしょうか?平均50点でいいという顧客もいれば、最低80点は欲しいから各々専門家にお願いするという顧客もアリだと思います。

もっとも「着付け師」というのは、趣味の延長、小遣い稼ぎ、本業に関わっての副業、以上には、なりにくくはありますね。
「着物を着る人」が増えれば、私のように自分で着るわけですから「着付け師」のお世話にはなりません。
かと言って、今以上に着物がハレの日のみの衣装となると、質問者さまがお分かりのように安定した仕事量はありません。それだけを専門にできるのは、TVや花街、着付け体験など本当に一部の方になってしまうでしょう。

質問者さまの疑問への答えになっているかどうか不安ですが、私の感想です。

投稿日時 - 2011-10-08 23:03:48

お礼

冴えたご回答をありがとうございます。
大変、参考になりました。

>「着付けだけができる方」には、存在意義があると思います。
そうですね。私もそう思います。
おっしゃるようにマナーやコーディネート、そして着物の楽しみを教える人は
存在意義があると思います。
ただ、スタイリストとして、となると、やはり美容師には及ばないと感じます。
副収入としてちょっと手伝えればいい、であればアリですが、
しょせんは美容師の手が足りない時の、「都合の良い労働力」でしかないと感じます。

>お茶や日舞の技能をお持ちの方なら場にふさわしい装いや振る舞いをアドバイスできるでしょう。
これは着付けで何か仕事がしたい、という方へのヒントと言えるのではないでしょうか。
No1の方も書いているように、「資格」ではなく「特技」を活かした仕事ですから、
着付けやその周辺の知識などを、必要としてくれる顧客を自分で開拓するしかないのでしょうね。
しかし、あなた様のように考えればまだまだビジネスチャンスはあるのかもしれませんね!

着付けとの向き合い方、特技の活かし方は、今後も考えていきます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-10-12 01:57:08

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

45人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

今日も御日柄よくて?某テレビ局女子アナ様の着付けヘアメークしました

少しじまんしておいて(^_^;)


オーナーです、緊急時のみ仕事にでます

着付け師と言う国家が定めた職業はありません

着付けと言う得意分野職業なのです

最近の着物事情をもうしますと
着付けと御顔メークとヘアメークと御写真のセットが主流の御時世です
なぜか?と言うと、一か所の予約で全部すむからです、まして和服を着る事の少ない
現代において、レンタル着物が参入して全てをセットにしてしまいました

で着付けを習った方に着付け部門のみお願いするわけですが

私たちは自分の手に負えない数の予約が入った時のみ
契約着付け者さんに連絡入れます
それ以外は手の内でまわします、まわらない時だけ、契約者さんにお願いします
連絡順番は私たちの評価で連絡順番を決定します

このようなご時世に着付けだけで看板上げて注文が入る事は平常時
まずあり得ません、私たちも外注に出すのは今や成人式に限られてます
和服を着る機会が極端に少ないご時世仕方ないことなのです

お解りでしょうが、どんな資格だとしても、それだけでお金は産まれないのです

あなた様が美容師の資格を習得されても、それを生かす場所が有るのかどうかなのです

年齢的に遅いなどとは思いません
はじめた時が適齢期です

生かせる場所が有るかどうかです

追伸
私たちも、今も常に、着つけの練習鍛錬を怠りません
なぜか?注文が少ない今日この頃ですから、お客様の満足な笑顔を見たいから

投稿日時 - 2011-10-08 21:01:13

お礼

ご回答ありがとうございます。

>私たちは自分の手に負えない数の予約が入った時のみ契約着付け者さんに連絡入れます
関わった現場もそのような感じでした。
やりがい、プライド、スキルアップのためなど>収入
で無い限りは、続けていくことに限界を感じました。
所詮は「都合の良い労働力」と感じます。
ですので、その状況を打破するには、あなた様のおっしゃる「手の内」側の
人間に回るほかないということでしょう。
すなわち美容師と対等の資格・技術・経験を積むしか。

>年齢的に遅いなどとは思いません はじめた時が適齢期です
ありがとうございます。
私もそう思います、年齢なんかには負けたくありません。
それでも、着物販売や着付け講師など他に活躍の場を見いだせるなら
そちらのほうが活躍しやすいのかも知れません。

投稿日時 - 2011-10-12 02:14:05

あなたにオススメの質問