こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

息子のアザ…母として(長文)

小2の息子(次男)の足には生まれつきの大きなアザがあります。(隠れない部分)

原因不明と病院で言われ母親のせいではないから自分を責めない様に言われ
周りも、男の子だから…顔じゃなくてよかった…と
慰めてくれましたが
やはり申し訳ない気持ちで涙が止まりませんでした。

しかし泣いてばかりいても状況は変わらないので
専門医に診せレーザー治療を受け、まだ小さな息子は押さえつけられ声が出ない程の大泣きをしながらの治療は3年続き 私も毎回その声をききながら涙がとまりませんでした。

レーザー治療をしている間は日焼け厳禁なので夏でもサポーターを付けたり長ズボンで過ごしました。

黒に近い赤褐色アザが薄茶色になりました。

幼稚園入園時に息子がレーザーが辛いと泣きアザがあるままでいい…と言うので日焼けも気にしない生活になりました。

私のせい…という気持ちは今でもありますが
息子には受け入れてもらう態度でいました。

息子も誰を責めるでもなく
長男や友達との違いにひがむでもなく
友達も沢山でき楽しく過ごしています。

…が先日 息子が主人と話をしていると
アザのことで友達に言われる…と泣き出しました。
気持ち悪い…汚い…あっちへ行け…と。

私が一番恐れていたことです。
アザのせいで息子がいじめられたら…と。

子供の世界ではいつか起こることだと思ってはいましたがショックでした。

何よりも息子がずっと誰にも相談できず一人で耐えていたことに
母親として私は何を見てきたんだろう…と。

アザのこともきちんと説明し心を強く持てる子に導いてきたつもりでしたが
私が一人で耐える様に教えてしまったのかもしれない…私に気を使わせてしまったのかもしれない…と。

普段の息子は文句ばかりですぐ人のせいにしたり弱音をはいたりするのに
アザのことだけは誰にも言いませんでした。
長男も知らなかったといっています。

ちょっと前の話で今は言われない…とは言っていましたが息子には心の傷として残っています。

言う子は極一部の子たちで仲良くしている友達は沢山います。

この先 クラス替えや中学高校…と新しい環境になった時にまた同じことが起こり、大きくなればなる程 いじめもエスカレートするかもしれない…と思うと
気付けなかった不甲斐ない母親の私はその為に 今 何をしたらいいのか…

ご助言頂けないでしょうか。

宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2011-10-05 14:27:22

QNo.7053000

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

私はハイハイをしていた頃にポットを倒して熱湯で左手をヤケドしました。
皮膚を移植しましたが小指はずっと曲がったまま。
手の平からひじのあたりまで続くケロイドも残っています。
確かに小学校の時はそのことを友達に聞かれたこともありますが、
逆に、あまりにも酷いので誰も冷やかしたりはしませんでした。
なので、中学、高校、社会人と・・・そのことで何か言われたことはありません。

思うのですが・・・
イジメって、本当の弱者はイジメないと思います。
息子さんは、アザがあるからいじめられたわけでもなく、
アザがなければいじめられない、というものでもないと思います。

誰だって「気にしていること、人にはいわれたくないこと」がありますよね。
背の低い男の子だったら「チビ」。
太っている女の子なら「デブ」。
空気が読めないからと「KY」とあだ名をつけられてる子もいます。
ストレス発散、あるいは、相手の態度に腹が立って、相手の欠点をけなしてからかうっていうのは、
子ども同士にはよくあること。

アザのことを言われてツライ、悔しいお気持ちはよくわかりますが、
息子さんは十分にお強いと思うので。
そこまで心配なさる必要はないと思います。

投稿日時 - 2011-10-05 15:21:17

補足

皆さん本当にありがとうございました。

ベストアンサーはdonndoko-dondon様にさせて頂きますが
8人もの方々に親身になって頂いて
とても気持ちが楽になりました。

ベストアンサーは全員につけたいくらい
とても助けられました。

質問してよかったです!

ありがとうございました!

投稿日時 - 2011-10-07 09:16:06

お礼

ご自身のお話ありがとうございます。

なるほど…と思いました。

息子の欠点も見てすぐわかるアザを攻撃された…
それに対して息子も怯まなかった…
息子はとても強く育ってくれているのでしょうか。

泣きながら話しましたが友達の前では泣いていないみたいです。
私の気持ちの行きどころがわからなくなってしまいましたが
息子は強く育ってくれているのですよね。

私がもっと強くなる必要がありそうです。
あなた様のお母様はとても強い暖かい方なのかと思いました。
そしてあなた様も…。

少し気が楽になりました。
心配し過ぎない様に気を付けます。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-10-05 16:01:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

参考になるかどうか

私の実家は建材屋で、鈍臭い私は幼少の頃からよく店でコケて
手の甲、両方の膝小僧、鼻の横に資材で切った傷跡があります。女のくせに。
コケる度に派手に流血して、親は私を病院に連れて行き、治療が済んだらもう終わり。
親と傷の話をした事がありません。

だからなのか、私は傷跡を気にした事がありません。
鼻の横の切り傷は、鼻筋に沿ってる形だから分かりにくいのですが
皮膚に凹凸が出来ているので、ファンデぐらいでは全然隠れません。
たまに他人に指摘されたら「よく気付いたな」と逆に感心したり。
本当は皆気付いてて言わないだけかも知れないが、どうでもいい。

傷跡をコンプレックスと思った事がないのですね。
高校時代やそれ以降も、それなりに彼氏がいたぐらいです。
父は額にデカい切り傷があり、母は眼球の白目部分に傷があったり(下手したら失明)です。
これと比べたら私の傷跡などレベルが低い。

あなたに息子さん以上のアザを作れと言ってるわけではないです。
ただ、そのアザは息子さんが泣く程苦しまなければならない程に
傍で見てるあなたが泣く程に、消さなければならないものなのですか?

>アザのことで友達に言われる…と泣き出しました。
嫌々苦しい治療をしてたのに、こんな事言われたらそりゃ報われないよね。

私のような自業自得でなく、息子さんには元からあったんですよね?
そのアザがあったら何が何でも駄目なのですか?何がそんなに駄目なのですか?
私の両膝は、骨がこんにちはする程に穴が開いたので、30年経つ今も紫色です。
指摘された事はあるが、気に病んだ事がない。傷跡の存在自体はどうでもいいから。

小学校なんて閉鎖的な空間だから、ちょっと他と違ったらワーワー言われるものだけど
人間は年齢を重ねるごとに色んな人を目にするから
「そんな人もいるよな」と構わなくなるものだと思う。

息子さんにはちゃんと友人がいる。いい奴なんでしょ。この方がよっぽど大事でしょ。
友人にとっては足の色なんかどうでもいいんだ。
わざわざアザを息子さんが生きる枷に仕立てなくてもいいって。

私は左膝の傷跡が九州っぽい形なのが気に入らない。どうせならイタリアっぽいのがよかった。
右膝はギリシャ文字のΩっぽくて、そこそこかっこいいと思ってる。
息子さんのアザはどんな形ですか?アフリカっぽいのもワイルドでいいよね。

投稿日時 - 2011-10-05 23:47:40

お礼

あなた様はとてもお強い方ですね。

息子のアザはとても大きく生まれたばかりのころは
黒に近い赤褐色の中に真っ黒なほくろがいくつもあり
粒アンの様でした。

アザによっては それが別の病気をもたらす可能性もあり 見た目だけの問題ではなく治療に踏み切りました。

私は申し訳なさでいっぱいでしたが完全に消えることはないので
息子が気にしない様に心を強く持ってくれることを望みました。

たぶん息子も強く成長してくれているように感じますが
やはり私としてはアザのことで息子が嫌な思いをしていることを知ると
息子の前では平静を装ってはいますが
内心穏やかではいられなくなりました。

今はまだ友達も沢山いますが 子供の世界…何をきっかけにどうなるかわからない…という不安にかられました。

私に何かできることはないか…と思い 質問させて頂きましたが
皆さん仰ることは動揺しないこと…平静でいること…と
大したことではないと思わせる私の態度でした。

皮膚移植は成長が止まらないと出来ない部分なので
やってあげられることがなく とてもやりきれない気持ちになってしまいました。

息子のアザは中国を縦にした感じです。
あまりかっこよくはないですね(笑)

あなた様のように強く育ってくれるよう 私自身が強くなり見守りたいと思います。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-10-06 11:00:58

ANo.7

すっごく難しい問題だと思います。
私なりに意見を述べますが、助言にすらならないでしょう。
だから、
ここに集まった意見全てに目を通してあなたとお子さんでよく考えて行動してほしい、
というのが私なりの助言です。

--

何より問題なのが、お子さんがまだ小学生であり、これから友だちを作り仲良くなっていく年代であること。
大学や会社でケガをしてヤケドを負っても、みんな気にしないでしょう。
事実、私の友人に一人いましたが、私は全く気になりませんでした。「へー」です。

誰かのふとした「おい、あのヤケド見ろよ。気持ち悪いな」の一言が虐めの始まりになるかは分かりません。
そして、その始まる瞬間は中学高校にも潜んでいるんです。

だから、それを言わせない言えないようにしてやればいい。
友だちになれば良い。友だちいっぱい増やして言えなくしてやればいい。
「あ、お前の足ヤケドしてんた? なんか気持ちわりーな笑」「うるせーよ!笑」って笑い話にしてやればいい。
「おい、あいつの足…」「お前、xxxの悪口言ってたろ?」って言ってくれる味方を作ればいい。
「足のヤケドなんか気にならない。それよりも、大きくて、魅力的なところがxxxにはいっぱいあるよ!」って言ってくれる友だち作ってやればいい。

ただ、これはあなたができることじゃないです。息子さんがやるべきこと。
息子さんには「言われたからといって卑屈にならなくていい」とか「xxxは~がよくできるね!」とか
自信を持たせてあげれば良いと思います。
もちろん、もっとあなたが息子さんにできること、いっぱいあるでしょう。
旦那さんとも相談して色々気にかけてあげて、息子さんの人生サポートしてあげて下さい。

投稿日時 - 2011-10-05 16:42:52

お礼

私のお腹の中で出来たアザは やはり私のせい…という気持ちはなくなりません。

それなのにしてあげられることがわからないのが
とても悔しいです。

息子自身が強く 恵まれた環境になる為には
母親の私が強くなることしかないのですよね。

これから新しい環境になる度に心配してしまうかもしれませんが
息子の心が挫けない様にサポートしていくことが
私のできることですよね。

幸い息子には幼稚園から一緒のアザを気にしない友達が沢山います。

気にしながらも見守ることを心がけたいと思います。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-10-05 18:36:17

ANo.6

私も幼児のころから、腕に8cm大のやけどの跡があり、幼稚園・小学校のころはかなりからかわれました。

母は「自分の不注意のせいだ」と思っていたようで、しきりに「皮膚移植する?」と聞いてきましたが、

自分としては治療の方が嫌で、拒否しました。

ですが、中学・高校では、そんなことで正面切ってからかってくる馬鹿はいませんでした。^^;

プールの時に、遠巻きにコソコソ言っている馬鹿はいましたが。

大学では夏に「どうしたの?」と聞いてきた友人がいて、事情を説明すると「ふ~ん」と言う反応。

こちらも、それで拍子抜けしてしまい「大したことではない」と、ようやく思えるようになりました。

ご参考になるかわかりませんが。

投稿日時 - 2011-10-05 16:14:31

お礼

とても参考になります。

お母様の気持ちはわかる気がしますが 息子にとって一生付き合っていくアザが
どういうものなのかは
ケースは違っても当事者しかわからないことですから…。

小2というのは 素直で…そして残酷な表現をする歳でもありますから
この先 どんなことを言われるのかの想像がつきません。

息子も 大したことじゃないんだ…と思える環境になるといいのですが…。

母親の私が気にさせる様な態度をとらないことが
今 できることですよね。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-10-05 18:18:41

こんにちは。

ご両親に心配をかけまいと頑張る、とても心の優しくお強い素晴らしいお子さんですね。

学校にはきちんと話をなさった方がいいと思います。
誰に言われたとかも、解ればきちんと報告をしておいた方がいいかと。

我が家の長男は吃音があり、小学一年生の時にクラスの子がその事でからかったらしいのですが、担任の男の先生が間髪要れずにビシッと叱ってくださり、それ以降は特に何も言われなくなったそうです。

お子さんのアザですが、辛い治療の甲斐があって色はずいぶんと薄くなった様ですので、お母様のファンデーションなどで隠す事はできませんか?
最近のミネラルファンデーションなどは、軽くつけるだけで顔のシミなどを見事に隠してくれる様ですが。

お母様もさぞ心を痛めておいでだとは思いますが、あまり動揺なさらない方がいいかと思います。
他の回答者様もおっしゃる様に、何につけても言う子は言ってくるのです。

上記の長男ですが、5年生の時には下級生が吃音をからかう為に「『あいうえお』って言うてみて」と言ってきた事もあるみたいです。
それは無視したみたいですが。

お子さんが思春期を迎える頃に、どうしても気になる様でしたらまたアザを消す治療をなさってはいかがですか?

お子さんに対しては、お母様ご自身があまり深刻に考えず、笑顔で「いってらっしゃい」「おかえり」と、お子さんを迎えてあげて下さい。

投稿日時 - 2011-10-05 15:53:44

お礼

私もファンデーションは考えました。
しかし息子はサッカーをやっており活発なのでやったことはありません。

恥ずかしいものじゃないよ…と教えているので
隠すことをするのも矛盾してしまう様で…。

お子さんも辛い思いをしたのですね…お母様も…。

アザがあることは事実なので 言ってくる子に対して強い心で対応してくれることを望み、息子は強く育ってくれている様に思いますが
私が挫けそうでした。

この先 同じようなことが心配になりますが
母親の私が笑顔をなくしてはダメですよね。

笑顔で自然に…を心がけます。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-10-05 18:05:36

気にするのが一番いけません。
子どもはバカですから、相手が気にしていれば気にしているほど、その傷をつつきたくなるなるものなのですよ。
「このアザは気にしているから言わないでネ」なんて言ったらおしまいです。
その日からずっとアザのことを言われ続けます。
意地の悪い子どもは、かならず相手の欠点をどこか見つけて、まずそのことでつついてきます(大人にもそういう奴いますよ。こういうことを言うと、そんな大人はいないという回答が必ず上についてきそうな気がするので、現に私の周りにはいた、と言っておきます)
そうして、相手の反応を見るんですよ。
言われてひるんだり傷ついたりしたらおしまいです。
次からは、こいつはそういう心の弱いやつだと判断し、いじめてきます。
そこでダカラナニ?とはね除けなければなりません。
オマエも○○だね、と応じてももいいでしょう。
アザが隠しようがないものなら、そのことで何一つマイナスになることがないことを、周りにアピールしなければいけません。

投稿日時 - 2011-10-05 14:54:15

お礼

私も 周りの子に「言わないでね」と言うのは良くないと思っていました。

私が聞かれれば アザなんだよ…と答え 息子にも恥ずかしいものではないから
聞かれたらアザって言えばいいよ…と教えてきました。
アザって何?って聞かれたら 僕のマーク(まだ幼稚園だったので)で納得してました。

小学生になると私に聞いてくる子はいないので
何か言う友達には息子も あるんだからしょうがないじゃん!…と対応してたみたいです。

強い対応をしてたみたいですが 相当辛かったのではないかと思うと私が挫けてしまいそうでした。

アザがある…ということだけで他の子と変わりがないアピールは息子はできてますよね。

私ができることは 気にさせない私の態度ですね。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-10-05 15:45:45

ANo.2

まず、お母さんが深刻に考えないこと、考えていても子どもの前では平然としていること。
そして学校の担任の先生と学年主任の先生とお母さんで話し合いの場を持ちましょう。
どうすれば良いのか?を…。
その上で少し様子をみます、まずはそこから始めませんか。

投稿日時 - 2011-10-05 14:47:40

お礼

幼稚園の頃からアザのことは先生に伝えていました。
園全体で対応して頂き 何かあれば隠さずアザの説明をして頂く様にお願いしました。

今も担任の先生には伝えてあり 息子にも何かあれば言って…と言ってくれてますが
息子が誰にも言わないので
たぶん知らないのだと思います。

今は言われていない…というので 今回のことを担任に伝えるか迷います。

言われたのは学校の中ではないみたいで…。

息子の前では平然とを心がけていますが…
伝わってしまっているのかもしれませんね。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-10-05 15:25:11

そんなに責任を感じることないですよ。
私も足に生まれつきのアザがあります。
やっぱりモデルさんのようなキレイでつるつるの足はうらやましいですが、ニキビがあるよりなくなってほしいのと同じレベルの話に感じます。
アザの程度がわからないのに同じ土俵において話しをすべきではないのかもしれませんが、
ご両親がまるで大きなハンデであるかのように
必死に対策を練る姿をみているからお子さんも「これはそんなにいけないものなんだ」と引け目に感じているのではないでしょうか。

子供は少しでも目につくものはなんでも口にします。
15、6ぐらいの思春期やある程度の判断ができるようになってもトラウマとして残るようであれば
改めてお子さんと話し合って、希望があれば治療を再開すればいいと思います。
今親としてできる事はじゅうぶんやってあげたように思います。

投稿日時 - 2011-10-05 14:41:28

お礼

優しいお言葉ありがとうございます。

アザのことで息子の前では泣かないようにしてました。
大したことじゃないんだよ…という態度で接しています。

生まれてから治療を終えるまでは泣いてしまうこともありましたが
息子も明るく成長してきたので
私も常に気にしてきた訳ではないのですが
今回のことを聞いて また申し訳ない気持ちが溢れてしまいました。

今 私にできることよりも
今後の対応ですよね…。

レーザーではこれ以上薄くなることは難しいらしく
皮膚移植は成長が止まらないと出来ないそうです。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-10-05 15:07:48

あなたにオススメの質問