こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

明治時代の服装について

明治時代の服装についてなのですが、私のイメージでは江戸時代までは男性も女性も和服(男性=袴、女性=着物)なのですが、明治時代に入ると西洋化も進んで、男性はズボン、女性は袴?みたいな感じでして。
このイメージは合っているのでしょうか?
この場合、男性で袴を穿いていたり、女性で着物を着ているというものはなかったのでしょうか。
あと、男女の学生の服装も教えていただけると嬉しいです。
お願いします。

投稿日時 - 2011-09-25 12:51:16

QNo.7033241

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

今の「着物」のイメージは、明治から昭和初期にかけての物です。
女性は、江戸時代には、今の着物で一般的な太鼓結びもしていませんし、帯締めもしていません。訪問着と呼ばれるものができたのが明治時代、つけ下げや名古屋帯など、現在主流の着物のほとんどは、もっと後です。
男性も「着流し」と言って袴をつけない着方がほとんどです。本当のフォーマル、大名が江戸城にご機嫌伺いなどの場合は、裾を引きずる長い袴ですしね。

明治時代には、庶民は着物。
軍人や華族の一部エリートが洋服。しかし、この時代の洋服はいわばフォーマルであって、日常の衣服は着物だったようです。
女性の袴姿というのは、明治30年頃に、女学校から始まったそうです。着物でいすに座ると、どうしても裾が乱れます。裾を乱さないために袴を使う。つまり、この時代には女学校に行くような特権階級のお嬢様でも、日常は着物だったわけです。この時代の女性の洋服というのは、すなわちドレスのことだったんですね。

大正になって、庶民にも洋服を着る人が出てきます。モボとかモガとか言われる人たちですね。大正末期から昭和初期です。
もっとも、この時代でもまだまだ着物が主流です。特に女性は。今「アンティーク着物」と呼ばれている物は、大正から昭和の物ですから。
男性は、外では背広、家では着物、になっていたようです。
大正12年に関東大震災が起こり、東京では、これをきっかけに洋装化が進みます。というのも、この後、建てられたアパート類に、洋室が取り入れられはじめたためです。明治の女学生同様、着物で椅子は、裾さばきが面倒ですから、必然的に洋装化が進みます。
と言っても、まだまだ着物も残っていますけれど。

昭和初期も、まだまだ着物が主流ですが、戦争が度重なり、絹や木綿を確保することが難しくなっていきます。必然的に布が少なくて済む洋服へシフトしていきます。
もちろん、動きやすいというのもあったでしょう。

明治から昭和初期の服装を、イメージしたければ、マンガがお勧めです。もちろん、本当に研究されるなら、その元になった専門書にあたるべきですが。
「着物」とか「洋服」と言っても、その時代のスタイルが今の物とはかなり違います。あまり、ご存じでない方が具体的なイメージを持つには、文章だけでは難しいでしょう。
一番よく言われるのは、「サザエさん」昭和初期の庶民の服装です。20台前半のサザエさんや子どもたちは洋服、お母さんのフネさんは家でも外出でも着物、お父さんは家では着物で外出は洋服。
私がお勧めなのは、市川ジュン氏の「陽の末裔」「天の黒 地の紅 海の青」「新編懐古的洋食事情」ですね。特に最後の作品はイメージがしやすいです。

投稿日時 - 2011-09-25 22:38:24

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

65人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

明治時代どころか、昭和初期頃までは庶民の日常的な服装は和装(着物)が多かったです。

私の祖父母は、父方と母方共に明治10年代の生まれで、父親(明治44年生)と母親(大正9年生)の当時の写真を見ても和装が多かったです。
父親の小学生時代は和装で中学時代からは現代のような「学生服」でしたが、母親の女学校時代(昭和初期頃)は和装姿しかありません。
そもそも、靴が高価だったそうですから、洋装に履き物は下駄などを履く事があったのです。

但し、女学生が和装姿だったのに対し、男子学生は学生服が制服だったので、男子のほうが洋装姿は進んでたようです。
(当時のセーラー服は、海軍水兵の制服)
そのため、記念写真なども父親は背広姿が殆んどだったのに対し母親は着物姿が殆んどです。
ちなみに、父方は5代続いた江戸っ子ですから、東京でも洋装姿はさほど進んでなかったのです。

投稿日時 - 2011-09-25 13:50:43

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-