こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

国債の金利はどのように決まるのですか

ギリシャ国債の金利がべらぼうに高くなっていると聞きましたが、国債の金利はどのように決まるのですか。金利が高くなると買いたい人も増えると思うのですが、買ってから金利が手に入る前に紙くずになるというリスクもあるのですか。

投稿日時 - 2011-09-16 07:49:19

QNo.7014191

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>国債の金利はどのように決まるのですか。

政府(財務省)が売り出すときに市場の状況を見ながら決めます。(表面利率)

ただし、債券の額面どおり売れるわけではなくて、いくらで売れるかは買い手の金融機関(銀行・証券・生損保等)の入札(いわゆるオークション)で決まります。

ごく単純化した例で見てみます。
政府が額面100円で金利5%(受取利息5円)の債券を売り出したとします。

額面の100円で買うと金利は5%
90円で買えれば実質金利は5.55%
80円で買えれば実質金利は6.25%

という具合に安く買う(入札する)ほど得になります。
表面利率に魅力が無ければ買い手が付かないこともあります。

政府としてはなるべく額面に近い金額で売れてくれないと思うように借金できませんから市場の状況を見ながら妥当な金利を付けるわけです。

買った金融機関は自分で持つだけでなく入札額と販売額の差額で儲けるためにも買っています。
個人向け国債はそうやって金融機関が買い付けているわけです。
例えて言えば、魚屋さんが市場のセリでなるべく安く魚を仕入れてくるようなものです。

※個人はオークション形式で安く買うというわけにはいきませんのでどこの金融機関で買っても一緒です。

>買ってから金利が手に入る前に紙くずになるというリスクもあるのですか。

債券は簡単に言えば借金の証書です。
貸し手が返すお金を持っていなければ、返したくても返せないということになります。

そうなると
「もうちょっと待ってくれ」
「とりあえず半分返す」
「ごめん返せない」
などなど、相手の懐しだいというわけです。

そこでなにか目安はないかということで生まれたのが「格付け」です。
国が発行する国債は、債券の中でも最上級の信用があるとされるのが一般的です。
最近の欧州国債の問題が起こるまではほぼ現金と同じというのが市場の認識でした。

『日本国債』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E5%82%B5
『国債Q&A(国債の価格と利回り)』
http://www.mof.go.jp/jgbs/faq/jgbs/qaprice.htm
『格付』
http://kotobank.jp/word/%E6%A0%BC%E4%BB%98%E3%81%91
http://www.nomura.co.jp/terms/japan/ka/kakuzuke.html

※間違い・不明点などありましたらご指摘願います。

投稿日時 - 2011-09-16 10:42:51

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.1です。たびたび申し訳ありません。
補足です。

>個人向け国債はそうやって金融機関が買い付けているわけです。

現在では、個人が国債を買う場合【個人しか買えない】『個人向け国債』という別立ての国債があります。
この場合、金融機関が落札した国債を個人向けに小口販売しているわけではありません。

投稿日時 - 2011-09-16 12:22:24

ANo.1

蛇足ながら、

国債にはいろいろな種類・発行方法があります。
記載した具体例もイメージをつかむために極端に単純化したものです。

投稿日時 - 2011-09-16 11:20:30

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-