こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

遺産相続 法定相続分で分割しなくてもいい?

母が亡くなり、父と私が法定相続人ということで、遺産を相続します。

遺産総額は相続税のかからない範囲の額です。

父は不動産(土地)を結構持っているので、二次相続に備え、

母が残した不動産や預貯金を私がすべて相続しようと思っています。

遺産分割協議書というものも作成しようと思っていますが、

このように二分の一ずつではない相続も認められますか?

また、このような相続をすることで、私にだけ相続税がかかってくるということはありませんか?


もちろん私がすべて相続することを父も了承しています。

よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2011-09-14 12:45:01

QNo.7010301

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

相続人全員の承認があれば、どのようにでも可能です

質問者が全遺産を相続でも、全遺産をどこかに寄付でも

遺産分割協議書に、そのように記載し相続人全員が署名捺印(登録印鑑で)し、印鑑証明を付けます
その遺産分割協議書と相続を証明する戸籍の謄本があれば、相続登記できます

相続人二人で相続税が課税されないならば、質問者が全てを相続しても相続税は課税されません

投稿日時 - 2011-09-14 13:07:48

お礼

相続登記につきましてもご説明いただきありがとうございます。課税されないということで安心いたしました。

投稿日時 - 2011-09-14 19:36:12

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(7)

ANo.7

継続審議の改正法に「今年の元旦に遡り」(=来年に申告期限が来る分から)の規定があります。
尤もその継続審議が今開催中の「4日しか無い」国会での継続議決出来るのか…甚だ疑問ですが。

投稿日時 - 2011-09-14 20:52:50

お礼

再度のご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-09-15 09:13:11

ANo.6

相続税基礎控除の範囲内であれば、どのように分けても問題ありません。
配偶者の持ち分が多いのは、生活費の確保的意味合いです(子供が親の財産を取り上げて、養老院に捨てる行為を防ぐ趣旨)。
貴方の行動はそれに近く感じます。
尚相続税基礎控除は今年分から引き下げがあり、事実上の増税になっておりますが、相続税の賦課割合は、財産全体に掛かる税額を相続割合で比例計算され「配偶者の持ち分が法定相続分以内であれば配偶者は非課税」「実子以外の相続は税額に20%の付加税を加算」します。
尚相続した財産については自費で登記の書き換えを必要とします。

投稿日時 - 2011-09-14 13:31:41

お礼

ご回答ありがとうございました。相続税の基礎控除は今年から引き下げられるのですか?まだのように思っていましたが。

投稿日時 - 2011-09-14 19:44:40

ANo.5

遺産分割協議で、法定相続分のとおりに分けることは、難しいものです。
とくに不動産などの価値は評価の目的などによっても異なりますし、評価を行う人によっても異なります。さらに、現金と違い、分けづらい遺産もあるでしょう。

ですので、法定相続分は、調停や裁判などでは重要視されるかもしれませんが、遺産分割協議では参考程度のものでしょう。

相続税の計算では、遺産と相続する人単位で遺産総額を評価します。それを法定相続人で法定相続分で分けたと想定して相続税の総額を計算することになります。その総額を、実際の相続する相続財産の評価額の合計の割合で負担することになるのです。

ですので、どのような相続方法でも相続税がかからない程度の遺産であれば、相続税の総額も発生しませんから、あなたが単独で相続しても相続税はかからないことでしょう。

ただ、注意点としては、相続税の基礎控除に近い時価の場合には、相続税法で評価した場合の金額との食い違いにより、相続税の申告が必要なときがあります。
遺産の額が大きい場合には税理士へ相談されることをおすすめします。

投稿日時 - 2011-09-14 13:19:27

お礼

とても詳しい解説をしていただき、ありがとうございました。単独相続でも構わないということで安心いたしました。

投稿日時 - 2011-09-14 19:41:52

ANo.4

俺も父が亡くなった時に遺産分割協議書、ネット
で調べながら自分で書きました。

法定相続人が自由に割合決めて平気ですよ。
だってお互い納得して決めるのですから(^^)

>遺産総額は相続税のかからない範囲の額です。

っていうのですから相続税はかかりません。

ちなみに相続人が2名ですから母の財産が
5000万×1000万×2名=7000万まで
は非課税です。

すなわちrawatsuaさんが全額相続しても
1/2ずつでも母親の財産が7000万以下なら
相続税はかかりません。

投稿日時 - 2011-09-14 13:11:31

お礼

とてもわかりやすいご回答、ありがとうございます。安心いたしました。

投稿日時 - 2011-09-14 19:37:23

ANo.2

不動産がある場合、法定相続分通りに分けることは少ないでしょう。

田舎では、今でも、長男(長女)単独相続がメインです。

投稿日時 - 2011-09-14 13:01:05

お礼

安心しました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-09-14 19:34:41

法定相続分というのは、遺言状がない場合、誰がどれだけの相続を受ける「権利」があるかを規定しているだけです。ぶっちゃけ、取り分を巡って揉めた時の基準です。
相続人が合意していれば、誰が何をどう分けようが構いません。負債がある場合は要注意です。
相続税は、「相続によって財産を得た者」に対してかかる税金ですから、何も相続しない人に課税されるわけがありません。ですから、あなただけが相続すればあなただけに納税義務があります。

投稿日時 - 2011-09-14 12:58:38

お礼

相続人が合意していれば構わないのですね。ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-09-14 19:33:17

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-