こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英語 長文の和訳を教えてください。

At this time the united states was still the over-whelmingly dominant force in the relationship.
japanese foreign policy was tired very closely to the Western bloc in the cold war.
Not only was japanese security guaranteed by the american military, but the fledgling japanese economic miracle was dependent upon its ties to the american economy. The Amer-icanization of japan was becoming more evident every year.
Major changes were bound to follow the steady increase in the strength of the japanese economy. the first japanese surplus in the balance of trade came in 1965. From that year until 1969 the U.S. and Japan maintained a relatively balanced trade.
In 1969 Japan accumulated a surplus of almost one billion dollars and, with the exception of a few years in the middle of the 1970s, never looked back.The growing power of the japanese economy was forcing changes in the relationship.

投稿日時 - 2011-09-12 11:34:35

QNo.7005719

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

この時期、アメリカ合衆国はまだ関係においては圧倒的に優位な勢力でした。
日本の外交政策は、冷戦では非常に密接に西側陣営と結びつきました。
日本の安全保障がアメリカの軍隊によって保証されているばかりでなく、まだ始まったばかりの日本の経済的奇跡は、アメリカ経済との結びつきに依存していました。
日本のアメリカ化は、毎年、より明白になっていきました。
大きな変化が、日本経済の強さの安定した増大に続いて起こるのは確実でした。
貿易収支の最初の日本の黒字は、1965年に達成されました。
その年から1969年まで、米国と日本は、比較的バランスのよい貿易を維持しました。
1969年に、日本はほぼ10億ドルの貿易累積黒字を蓄えて、1970年代の中ごろの2、3年を除いて、決して後退することはありませんでした。
日本経済の増大する力は、関係の変化を強く求めていました。

投稿日時 - 2011-09-12 13:33:07

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-
-広告-
-広告-