こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

昭和40年後半から50年前半のテレビ番組

今は亡き石原裕次郎が興した石原プロが、先日解散?(所属俳優から渡 哲也、舘ひろし等が抜けただけ?)になりましたが、当方の小学生の頃、渡 哲也 主演の刑事ドラマ 『大都会Part2』をやっており、主役の渡より、もう一方の主役 松田優作がカッコよかったのを覚えています。その後、この『大都会Part2』は『大都会Part3』になり、放映局が変わり『西部警察』に繋がりますが、よくよく考えると一番はじめの『大都会』(Part2がありますので、Part1もあるはず)と言う刑事ドラマを知りません。一体どんな刑事ドラマだったのか?果たして本来Part1が存在したのか?も知りません。ご存知の方お願いします。

投稿日時 - 2011-07-20 15:18:18

QNo.6887816

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

大都会Part1と言う正式な番組名はありませんが(便宜上の呼称ではあります)、それに相当するのが『大都会 -闘いの日々-』です。

http://www.ishihara-pro.co.jp/daitokai_01.html

投稿日時 - 2011-07-20 15:24:34

お礼

ありがとうございます。正直驚いております。石原裕次郎は役からして違うのですね。

投稿日時 - 2011-07-20 22:59:02

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

最初の大都会はアクションではなく、刑事の心情に重点を置いた、とても重圧な作品です。脚本は倉本聰などで、妹(仁科明子)の強姦事件の過去を背負った、麻薬Gメン的な位置。つまり一匹オオカミ的でした。

自分は好きでしたね。

投稿日時 - 2011-07-20 15:45:03

お礼

ありがとうございます。探してみます。携帯からでしたので、申し訳ありませんでした。

投稿日時 - 2011-07-20 22:54:25

ANo.1

大都会 -闘いの日々-
1976年1月6日から8月3日まで
全31話

知ってはいますが、見た記憶があまりないです、
仁科明子さんが出ていたのをかすかに覚えているだけです。

投稿日時 - 2011-07-20 15:23:23

お礼

ありがとうございます。確認しました。石原裕次郎が医者でなかったのは驚きました。しかしガキんちょの見る番組ではなかったので、多少救われました。

投稿日時 - 2011-07-20 23:01:50

あなたにオススメの質問