こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

車検の制度はもう古いのではないでしょうか

こんにちは。

自動車の維持費って保険やら税金やら車検やら・・・
ほとんど乗らなくても掛かるものばかりですよね。

保険や税金はまぁ仕方ないとも思いますが、車検の制度はそろそろ古いのじゃないでしょうか?
最近の車は技術の向上でそうそう故障も起きないですし。
2年毎というのは期間が短いと思います。

でも、車検自体をなくすのは、自動車の品質的にも小さな自動車工場の経営的にも非常に危険なことなので、
例えば、半年点検や1年点検といった定期点検をしっかり受けている場合に限り、車検有効期間が4年や5年になるといったような制度に変わらないものでしょうか。

これであれば、車の保守も出来ますし、自動車工場にも定期点検での収入があるので倒産ということもあまりないと思います。
(現在、半年点検や1年点検といった定期点検を受けているユーザーはあまり多くないようですし)

さほど難なく改正できそうな気がしますが、そういった話にならないのは何か理由があるのでしょうか?
まあ確かに自動車業界からは猛反発受けそうな気もしますが・・・

投稿日時 - 2011-07-14 15:07:35

QNo.6875372

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(17)

ANo.17

車検を無くして自己責任でも良いのですが現実は利権が有るので絶対に無くならないでしょうね

投稿日時 - 2011-07-25 04:14:00

ANo.16

考え方でしょうね。ご存知かもしれませんがアメリカには車検制度はなく、あるのはSmogCheckと呼ばれる排ガスの検査ぐらいです。これも1回4000円位ですから、まぁ大した額ではありませんね。

アメリカの場合「車は壊れるもの」という認識ですから、整備に関する認識が強く故障と思われたら直ぐに整備工場へ持って行きますね。国土が広い分一度エンコすると大変な自体に陥りますから、皆そういう意識は高いのでしょう。当然ながらDIYで安くあげる人だっています。街中には修理工場が溢れ、カーショップにはより実践的な車のパーツが揃い、そしてロードサービスも充実しています。そんな国です。そんな環境ですが、やはり整備が行き届かない...金銭的に裕福で無いとかそういう理由で...車がよくエンコして止まってます。1日1回は必ず見ますね。基本的に全てが自己責任の国ですから、手を入れなければ止まる。簡単な理屈でしょう。

一方日本は「車は壊れないもの」という認識の人が多いと思います。これは日本車の優秀なところでもありますが、多くは2年に1度の車検制度のおかげだと思われます。強制的に車を点検.修理する機会が訪れるので「車は壊れない」と錯覚してるだけでしょうね。ですから、整備工場は減り.カーショップにはアクセサリー的な商品しか置かれず.ロードサービスもイマイチ充実していないのでしょう。この制度をなくす.もしくは期間を伸ばすと、それに比例して街にはエンコした車が増えるんでしょうね。

どっちのケースが良いのかは分かりませんが、車を維持する、、、という意味での金額はどちらも同じようなものだと思います。まぁアメリカ式のほうが色々と分かりやすくて良いとは思いますけどね。日本は、アレヤコレヤと世話を焼き過ぎるというか押し付けすぎる傾向にありますね。

あ、、、、税金は圧倒的にアメリカのほうが安いです。これは日本もなんとかして欲しいところですね。

投稿日時 - 2011-07-15 23:41:00

ANo.15

>半年点検や1年点検といった定期点検をしっかり受けている場合に限り、車検有効期間が4年や5年に>なるといったような制度に変わらないものでしょうか。

これには賛成です。

しかし実際には6ヶ月も12ヶ月もしない方が多いので
せめて24ヶ月なのでしょう。

投稿日時 - 2011-07-15 10:56:35

ANo.14

車検には、強制賠償保険の強制加入、重量税の整備工場による代理徴収、自動車税の滞納の一掃、同じく放置違反金の滞納の一掃という国にとって楽して徴収できる大事なシステムになってしまっていますので、なくなってしまう事は無いと言われています。

それと車の整備のタイミングを分ける手段が無いため、一緒になってしまっているのですが、われわれユーザーがもっと声を大きくして言わなければならないのは、重量税や、自動車税の撤廃ではないでしょうか、これは使っていても、いなくても一律に徴収され、さらには古くなった車からは普通以上の高額な税率を要求してきます。

ユーザーの立場から言うと、その費用分車の整備(おっしゃるように途中の点検などもそうですね)に費用をかける方が、よっぽど嬉しく、安全快適に乗ることが出来ると思います。

いずれは環境関連の税金は整備されて、簡素化されることが望ましいと思いますが、自動車に関しては燃料に課税するというのが一番理にかなっていると思います。

話がずれて申し訳ありません。

投稿日時 - 2011-07-15 08:53:07

ANo.13

>例えば、半年点検や1年点検といった定期点検をしっかり受けている場合に限り
そう思うけど、どうやって点検したことを証明するのでしょうか?
車検だって、民間車検で書類だけでインチキすることも可能です。

投稿日時 - 2011-07-14 20:46:22

ANo.12

>さほど難なく改正できそうな気がしますが、そういった話にならないのは何か理由があるのでしょうか?

日本の厳しい車検制度は、日本だから必要なのです。
国土交通省では「国産車は、世界最低水準の品質・性能しかない。10年乗ったら命の保障は無い。廃車にしろ!」という原則を、(昭和30年代からの)旧運輸省原則を引き継いでいます。
世界最低水準の品質・性能しか発揮出来ない無いポンコツが国産車ですから、厳しくチェックしないと駄目なのです。
自動車事故で、死傷者が出ると「ポンコツ国産車の検査を強化しないのが原因だ!ポンコツ車を、自由に野放しにした制度が原因だ!」と、国が損害賠償請求を受けます。
ポンコツ民主党・ポンコツ菅政権は、国民が最高4年毎に廃止する事が出来ますよね。
(次の総選挙で、傀儡政権は崩壊。在日特定外国人政治団体も無くなるでしよう)
が、公務員は「法律で、身分保障」があります。
「先輩が決めた政策は、一切変更しない!」という不文律があります。
安定した利権・特権を得る為にも、昭和30年代の原則を守る義務があるのです。
「ポンコツ国産車には、厳しい車検制度が必要!」なんです。
アメリカ政府の命令で、新規登録から10年を経た車も2年車検となりましたよね。
が、メンツを潰された国土交通省は「規則に従わないユーザーには、新たに自動車税UPを科す」事で抵抗しています。^^;

まぁ、自動車業界・整備業界は「旧自民創価学会連立政権支持」でした。
選挙に勝つ為には、業界の利益・利権を守る必要もあるのです。
10年経た車も2年車検にする事には「命の保障が出来ない!」として、メーカー・ディーラーも大反対していましたよ。

余談ですが・・・。
ポンコツ傀儡菅政権・ポンコツ民主党では「自動車産業の国外追放政策」を、どんどん進めています。
エネルギー供給を不安定にする傀儡菅首相の発言も「国内には、自動車産業など製造業は必要ない!」との判断が働いています。
国土交通省が認めている通り「ポンコツ車しか製造できない」のですから、国産車は必要ないのでしよう。(笑)
私が関与している工場も、今年度末(来年3月末)で約300人全員を解雇します。
労組・地元自治体との協議が難航していましたが、ポンコツ菅政権の「電力安定供給不可能政策」が追い風になり工場海外移転の同意が締結しました。
トヨタは、ポンコツ民主党・ポンコツ傀儡菅政権に反旗を翻して「国内生産重視」を打ち出しましたね。
経団連も、ポンコツ民主党・ポンコツ傀儡菅政権に反旗を翻しました。
日産などは、海外工場で生産した車を逆輸入する方向です。

話が逸れましたが、国土交通省が「国産車は、(民主党と同じで)ポンコツだ!」という基本方針を変えない限り、今の車検制度は続きます。

投稿日時 - 2011-07-14 18:18:22

ANo.11

もし、車検制度がなかったら、自賠責保険未加入車が激増すると思います。

現実に、原付バイクや小型バイクの自賠責保険未加入車はかなりあるようですが、これ等は車検がないので継続更新忘れや意図的に「事故を起こさないから」必要ないぐらいの考えで自賠責保険が期限切れしても乗ってしまうのです。

1960年代後半頃までは、軽自動車免許があり、16歳で軽自動車免許が取得出来て車検もありませんでしたから、若年層による自賠責保険未加入車事故が増えたなどで、軽自動車免許廃止と軽自動車の車検制度が義務付けされました。

車検制度があれば、強制的に自賠責保険に加入せざる得ないのと、自動車税や重量税を納税せざる得ないので車両所有・使用者としての義務を否応なしに果たさせることが出来ます。

車検整備(24ヶ月点検)に納得出来ない人は、個人的にユーザー車検を行えば良いのであって、自動車整備工場に車検を義務付けてる訳ではありません。

因みに、4~5年車検なら4~5年分の重量税と自賠責保険料が前納になるので現行の車検代より一時的な出費が大きくなるので嫌ですね。

投稿日時 - 2011-07-14 17:28:46

ANo.10

半年点検や一年点検は、故障していないかどうかの点検であって、車検の様に法律に適合しているかどうかの検査はしていません。
これを半年点検や、一年点検でもやれと言うなら、維持は確実に増えます。

投稿日時 - 2011-07-14 17:18:25

数ヶ月後に売却する車の税金保険を5年後まで前払いする事がそんなに有りがたいのか?
それとも車検延長による車検諸費用増大を口実に 車検時買い替えを促進させたいのか?

そんなにしてまで買い替えさせたいですか?

投稿日時 - 2011-07-14 17:07:17

車検代たった千数百円の為に膨大な税金保険を5年分も前払いするなんて絶対に嫌だ 出来れば毎年にして欲しい位だか
それに5年間も無点検の危険車が町に溢れてきたら 安心して公道に出れなくなる
ブレーキがまともに効かないのや 灯火不良や タイヤつるつるだらけの危険車だらけ

投稿日時 - 2011-07-14 17:01:16

ANo.7

その意見の一部が認められて、新車の初回に限り「3年」になりました。

万一、「ブレーキが効かない車両の事故」に巻き込まれたらどうします?

「自己責任」では、済まない話ですよ。

それを避けるためにも、現行の2年で充分です。

投稿日時 - 2011-07-14 16:45:18

ANo.6

 無理ですね。自己責任をしっかり取る諸国と比べて日本人は責任転嫁するのが大の得意です。有効期限長くして問題が生じたら自分たちで望んだにも関わらず「有効期限を長くした国に責任がある!」という声が必ず出ます。

 それに定期点検をしっかりやっていれば車検の有効期限を長くするってんだったら費用対効果的にあまり意味がありません。車検を長くするために1年ごとの点検をしっかりやるというのなら下手すれば余計お金がかかります。

 もしかして勘違いされているのかもしれませんが、車検費用の大部分は自賠責や重量税等「諸費用」と言われるもので整備とは関係なく発生するお金です。つまり車検なくても払うべきお金ということです。相当の交換部品がある車でもない限り、整備代よりも諸費用の方が高くなります。ちなみに12ヵ月点検は車検時の24ヵ月点検とさほど変わらないぐらいの項目を点検しますので、整備料の費用は対して変わらないでしょう。しいて言うなら検査料(あるいは代行料)を削れるぐらいです。

>まあ確かに自動車業界からは猛反発受けそうな気もしますが・・・

 はい、その通りです。こんなことしたら多くの自動車整備工場は潰れます。もしそれがあなたの家族だったらどうしますか?天下りは許せませんが、国が雇用や需要を生み出すことはとても大切なことです。安易にそんなことしたら日本はよけい不況になります。

 ちなみ質問者様は運行前点検(今は日常点検という)って行ってますか?まぁ殆どの人は行っていないでしょう。「車検は次回の2年後の時まで車に不具合がないようにしなければいけない」なんていう輩もいますが、本当はブレーキフルードがちゃんと入っているか?ペダルの踏みしろに異常は無いか?ベルトの張りは?エンジンオイルは適正量入っているか?タイヤの空気は大丈夫か?冷却水の量は?等、ユーザー責任なんです(ちゃんと法律で定められています)。

 しかし多くのユーザーは勘違いをして車検から間もない故障だと全部車検業者のせいにします。車検時から壊れたままとか、整備したことが原因での不具合なら別ですが、本来は車検後の故障は場所にもよりますがユーザーの責任です…が、実態は程遠いです。こんな感覚で車検期間伸ばすとかなくすとかなんて絶対に無理だし、反対です。

投稿日時 - 2011-07-14 16:00:26

ANo.5

現状の制度ないでも 整備をしない人が多いのが実情

ユーザー車検で 経費を安く浮かせる
これは 受験時に 合格すれば良く 車検後 数か月で ブレーキ摩耗限界を超え 重大な故障を招き
多額の 修理費用を食らう バカ者も居ます。
こういった車両にぶつけられ 被害者になったら たまったものでは有りません

車検制度を 無くせば 無駄な経費を掛けたくないといった 人が増え 整備不良による事故が
多発するのは 間違いないです。

2年毎の車検で 仕方なく整備する これが 安全を維持する良いきっかけになってます。

製造技術 精度がUPしていますが 過剰な耐久性を持たせず 寿命の短い部品で コストを下げてるのが 最近の車です。 ちょっと前の車より 摩耗消耗は早いです。 特にT社の 車作りは コスト優先で 品質は 下がってます。
なので 2年毎に 車検 保安基準検査は 必要不可欠です。

投稿日時 - 2011-07-14 15:47:03

ANo.4

誤認識があります。
半年点検や1年点検といった定期点検をしっかり受けている場合 → これは自分で点検、記入できます。業者に依頼することは義務ではありません。したがって要件として成立しません。

10年、20年も使用している人がいます。20万キロ以上使う人もいます。安全度が高いのは最近の車です。

死亡事故は減っていますが、物損事故は増加しています。事故件数の減少が車検延長の最大要件だと思うのですが。

障害物検知+停止装置の取り付け義務となれば延長や廃止の可能性はありますね。

投稿日時 - 2011-07-14 15:43:48

ANo.3

まあ、かんがえれば、車検なくして、全て個人責任にすればよいことだとは思います。

その代わり、車不備で、事故したときの過失責任を高くするとか、

保険の額を高額にすればとは思います。

アメリカも、イギリスも、車検があるとは思えないですよね。

そういう車が沢山走っていますよね。

投稿日時 - 2011-07-14 15:29:05

ANo.2

半年点検や1年点検、車検も同じような事ではない
ですか?

俺は半年点検1年点検は18歳で免許とっていらい
数十年受けた事がありません。

車検の費用は高い?と思ってのご質問でしょうか?

車検って法定費用が大半を占めます。重量税、強制
保険です。格安車検場で車検を受けると手数料1万
円程度です。(故障箇所が有れば+されますけど)

ですから半年、1年点検をこまめにやるくらいなら
二年に一度の車検のが俺は楽ですけど(;^_^A アセアセ・・・

それか今の制度のまま、2年に一度の車検を3年に
一度に変えるなら賛成です。
でも、故障に気がつかないまま汚い排気ガスをばら
まいていたりしては困るので、やっぱり2年に1度
くらいが妥当ではないでしょうか。
下手したらタイヤ丸坊主でもそのまま乗っている
人もたくさん出てくるかもしれませんし。

ブレーキがきかなくて通学児童にでも突っ込まれた
らたいへんですし。

投稿日時 - 2011-07-14 15:25:46

ANo.1

ま、確かに一昔みたいに10年で・・・ってのはなくなりましたね
でも 車って凶器ですしね マメにメンテナンスしている2年と オイル交換すらしない2年では痛み具合は変わります。
車検って言うほどではないにしろ強制的に点検する制度はある程度は必要だとは思いますよ。
24ヶ月点検と車検は別物ですしね 少なくとも24ヶ月点検だけでもいいかなぁとも思います
2年に一度ではなく免許証と同じで3年にしてもいいかと思います

投稿日時 - 2011-07-14 15:19:49

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-