こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

オーストラリアドルへの換金に関して

今週の日曜日から、オーストラリアへ留学という形で90日間ほど
留学する予定のものです。
場所はwollongong というところになります。

そこで、クレジットカードが使えない場合に対応できるように、オーストラリアドルを持たなければなりません。平日の昼食はホームステイでは補われていない、またクレジットカードが使用できない場合を考慮しまして、恐らく約9~10万ほどかかります(学食を一日900~1000円と計算:平日65日)。


そこで、オーストラリアドルへの換金について4~5日前からインターネットで
時間があるときに、調べたのですが、今のところオーストラリアドルへの換金方法について
わかったことは下記のとおりです。

1.日本国内の銀行、空港で日本円からオーストラリアドルへ換金
2.オーストラリアの銀行、空港(私の場合は、学内の銀行を使用)で日本円からオーストラリアドルへ換金
3.トラベラーズチェックに換金し、オーストラリア国内で使用(円建、豪建)
4.クレジットカードでキャッシング(私が使用しているのは、楽天カードとZOZOカード)
5.国際キャッシングカードを利用する(デビットカード?)
6.海外のATMで引き落とし、使用


代表的なものをのせてみました。
まず、
1に関してです。
直近の銀行に聞いてみると、1オーストラリアドル=96.42円で取引されているとのことでした。
基本的に、日本国内よりオーストラリア国内で返金したほうがレートが安いということも分かっています。

2に関してです。
これについては、学内に銀行があり、円からオーストラリアドルに変えることが可能である 
という事実しか分かっておりません。

3に関してです。
これは、直近の銀行に問い合わせてみると、一応扱っていました。
しかし、トラベラーズチェックは学内では使えず、また、使っている人も少なく、出すと嫌がられるといったことを聞きました。

4に関してです。
カードのキャッシングについては、楽天カードでは、強制的にリボルビング払になるようです。
この場合、支払可能額?を低く設定してしまうと、返金するのにかなりの時間を要し、
40ヶ月分も返済にかかってしまうと書いてありました。

5に関してです。
これに関しては、手数料などが高くなるということしか知りません。
また、その日のレートに即引き落としということらしいです。

6に関してです。
これに関しては、僕は銀行口座はもっているものの、海外で使用できる口座をもっておらず、
この方法については断念せざるをえませんでした。



最後になりましたが、どの方法がよいでしょうか?上記以外の方法はありますか?

できるだけあまりお金がかからない(レートが安い)方法が望ましいです。

もう1週間をきっており、9~10万相当もの紙幣を持ち歩くのもすごく不安です。


何卒よろしくお願いします。

投稿日時 - 2011-05-30 16:21:39

QNo.6774496

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

追記です。
No.2の方が書いているように、楽天のネットバンキングを利用されているのであれば、楽天カードでキャッシング→オーストラリアからネットバンキングで繰上げ返済というのが良いと思います。これなら豪ドルT/C無しでも良いと思います。
カード会社に電話をかける時は、コーリングカードを使うと良いですよ。国際通話が格安です。

楽天のネットバンキングを使っていない場合は、今から申し込んでも間に合わない可能性があるので、私がオススメするパターン(メインは豪ドルT/C・補助でキャッシングと繰り上げ返済)が良いと思います。

状況によって使い分けて下さいね(^_^)。


あと、海外のATM利用方法です。印刷して持っていくと良いですよ。
http://www.visa-news.jp/cu/atm_info.html

投稿日時 - 2011-05-31 14:50:59

ANo.3

オーストラリアで語学留学経験があります。今年また、ワーキングホリデーで行きます(^_^)。

現金の両替はレートが悪いし、多額の現金を持ち歩くのは危ないので、1と2はNG。5の国際キャッシュカードは、年々条件が悪くなってきていて、キャッシングに負けてるので、5もNG。
 参考→http://www.card-user.net/
6だったらシティバンクのeセービング口座(残高に関わらず維持費無料)をオススメしますが、わざわざ新たに銀行口座を作るより、手持ちのクレジットカードを使う方が手軽だと思うので、4に一票。

ということで、私だったら、3のT/Cをメインにして、補助的に4のクレジットカードでキャッシングします(T/Cは余分には持たず、確実に使う金額のみにしておきましょう。日本円に戻すと損ですから)。ただT/Cはそのままではあまり使えないので、換金する必要があります。
具体的には、豪ドルT/Cを用意して、現地の銀行で5万円分ずつ換金。現金が足りなくなったらクレジットカードでキャッシングし、帰国後に早めに返済します。No.2さんが書いているように、キャッシングは繰り上げ返済すれば利子は少なく済みます。

例えば年利18%のカードで3万円分をキャッシングし、1週間後に返済すると…
 30,000×18%÷365日×7日間=利子:約104円
その他、ATM利用手数料が約210円です。
メインはT/Cで持っていって、補助的にキャッシングとなると、利用するのは帰国直前に小額だけとなると思うので、仮に「3万円を7日後に返済」としました。
帰国後、カード会社のATMから支払う(手数料無料)か、カード会社に電話して返済希望日を伝えると、その時点での金額と支払い方法を教えてくれます。

------------------------

なお、日本円T/Cより豪ドルT/Cの方が、今現在レートが良いです。
実際に今日現在のT/Cと現金のレートを確認してみましょう。
★三菱東京UFJ銀行は、豪ドルT/Cは88.99、現金は96.69です。
 http://www.bk.mufg.jp/gdocs/kinri/list_j/kinri/tvl_check.html
☆ANZ銀行は、日本円T/Cは91.15、現金は95.71です。
 http://www.anz.com/aus/RateFee/fxrates/fxpopup.asp
  ※JAPANのBank BuysのTravel Card/Chqが日本円T/Cを豪ドルに換えるレート、Notesが日本円現金を豪ドルに換えるレートです。

ということで、現時点では日本で豪ドルT/Cを購入するのが一番レートが良いということになります。


オマケで実際にいくら受け取れるのかを計算してみました。

10万円分を両替する場合、下記のようになります。豪ドルT/Cが一番受取額が大きいです。
★日本で豪ドルT/Cを購入【1,094.87ドル】★
 (100,000円-2,000円)÷88.99-(4ドル×3回)=1,089.25ドル
  ※購入手数料2%=2,000円
  ※ANZ銀行での換金は1回4~5ドル(換金場所により異なる)
★日本で豪ドル現金を購入【1,034.23ドル】
 100,000円÷96.69=1,034.23ドル
☆日本円T/Cを現地で換金【1,066.44ドル】
 (100,000円-2,000円)÷91.15-(4ドル×3回)=1,063.15ドル
  ※購入手数料2%=2,000円
☆日本円現金を現地で換金【1,044.82ドル】
 100,000円÷95.71=1,044.82ドル


と、いうことで、豪ドルT/C & クレジットカードでキャッシング(繰上げ返済)を、オススメします(^_^)。T/Cは空港でも購入できますが、窓口が混雑していることがあるので、できれば事前に最寄の銀行や両替ショップで購入しましょう。
あと大事なことは、帰国後に早めにキャッシング分を繰り上げ返済すること!利子が毎日増えていきます。また、クレジットカードの限度額を、出発前に確認し、リボルビング払いの1回の支払額も最大にしておきましょう。


余談ですが、リボルビング払いは今後絶対に使わない方が良いです。いくら買い物しても月々の支払額は同じなので、いくら買い物したか実感が無く、利子はどんどん増えていきます。

投稿日時 - 2011-05-31 14:26:22

ANo.2

とてもよく調べていらっしゃいますね。
「9~10万相当もの紙幣を持ち歩くのもすごく不安」が根底にあるようなので、お勧めは4か、または2と3のミックスだと思います。

4については、リボルビング払いと支払可能額のことをもう少しよく調べてみてください。
多分現在のあなたのリボ払いの毎月の支払額は「1万円」とかに設定されているのだと思います。例えば3万円を学内の銀行ATMであなたのクレジットカードを使ってキャッシングしたあとそのままにしていると、3万円を返済するのに毎月1万円ずつ3ヶ月かかり、そのあいだずっと毎日利息がかかってしまいます。トータル千円以上になると思います。
これを、今のうちに「支払い可能額」を高め、例えば「3万円」に設定変更しておけば、返済は1ヶ月で終わることになります。ただしこの場合も返済日(カード利用代金が銀行引き落としされる日)までの利息はかかります。

これよりよい方法として、キャッシング後すぐ(カード会社に情報が届くまで2~3日かかる場合もあります)に日本のカード会社に電話をして返済用口座の情報を聞き、ネット銀行経由で返済してしまえば、利息はほとんどかかりません。かかっても数円のレベルですみます。
若干の国際電話代と銀行振込手数料はかかりますが、楽天銀行に口座をお持ちだと振込手数料がかからない方法もありますよね。
なおこれは「繰り上げ返済」というものです。
クレジットカードを使う方法だと、換算レートは銀行窓口よりもよいです。この機会にこの方法を覚えてしまうと、今回だけでなく外国旅行のたびにずっと使えて便利だと思いますよ。

2と3のミックスは、日本でAUドルのトラベラーズチェックを作って持って行く方法です。
学内に銀行窓口があるのなら、AUドルのトラベラーズチェックをAUドル紙幣に交換してもらえるはずです。
ただし銀行のレートしかもT/Cのレートは著しく悪いので、この他に手数料のことを考えたら、書かれている方法の中では最悪レートです。でも安心度では一番だと思います。

以上、ご参考にしてください。

投稿日時 - 2011-05-30 17:37:25

ANo.1

現金を持ち歩くのが不安なら、やはりT/Cを作って、必要に応じて現地の銀行で現金化するべきだと思います。
クレジットカードやデビットカードなどは、あくまでも補助的に考えるべきですね。
豪州ドルは米ドルやユーロ、スイスフランにくらべ、非常にレートが悪いですが、国内で両替する場合もトラベレックスを使えばレートは安いです。今現在は95円70銭です。T/Cだと92円です。

投稿日時 - 2011-05-30 17:00:55

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-