こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

物理の摩擦力・・・

1、水平とθの角をなす斜辺上に、質量m[kg]の物体を置いたら斜辺上で静止した。重力加速度をg[m/s^2]、物体と斜面との間の静止摩擦力係数をAとする。

物体に沿って上向きに力を加え、次第に大きくしていったところ、力の大きさF1[N]を超えたとき、物体は動き始めた。F1を求めよ。

2、水平なあらい面の上の物体に、水平右向きに力を加えた。物体の質量をm[kg]、静止摩擦力係数をA,動摩擦力係数をB、重力加速度をg[m/s^2]とする。

この物体が、F1を超えたとき、物体は静かに右向きに動き始めた。F1を求めよ。


この問題の答えは、1がF1>mg(Acosθ+sinθ)、2がF1=Amg になっています。

私は、2が、F1>Amgだと思ったのですが、1と2で何の違いがあるんですか?
教えてください。

投稿日時 - 2011-05-24 23:19:57

QNo.6761484

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

いずれの問題も「F1を超えたとき」という表現ですから、物体が静止しているときの力の最大値を答えればいいはずです。従って答えはF1=○○ という形になるのが正しいのではないでしょうか。

投稿日時 - 2011-05-24 23:34:51

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-