こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

「相続時精算課税制度」と「暦年課税精度」について

住宅を購入するに当たり、「相続時精算課税制度」を活用し、実父より資金援助を受けました。
これ以降、暦年課税制度には戻れないことは理解しているのですが、
これは、実親と私の間の「暦年課税制度」がなくなった・・という理解で合ってますでしょうか?

ちなみに、上記の資金援助は、全額実父からのみで、実母は一切関与しておりません。

実母と私の間の「暦年課税制度」は、イキているのか・・を知りたいです。

以上、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2011-05-13 15:31:05

QNo.6734673

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

ANo.1

>実母と私の間の「暦年課税制度」は…

相続時精算課税は贈与者である父、母ごとに選択できますので、お書きの条件では、母については今後とも普通の贈与税が適用されます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4103.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2011-05-13 15:48:10

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-