こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

とあるサイトで質問した、男系天皇のことについて

とあるサイトで、私が質問したことと、それに対する答えについてです。

質問文
『日本の天皇が男系でなければならない理由として、初代天皇になられた神武天皇以来受け継がれてきた男性にしか遺伝しないY染色体にあるとききました。そこで思ったのですが、もし初代天皇が女性だったならば、今の日本はどのようになっていたと思いますか?男系天皇であったと思いますか?』
という内容です。まあ、個人的にはY染色体云々以前に、家を継ぐのは主に男性というわが国の文化だと思うのですが・・・
古代に遺伝子なんていうものは分からなかったでしょうし。


質問の回答
『質問者は遺伝子について何も分かってない。バカ丸出しですか?Y染色体は男性は全て持っていますが?後、女性天皇は過去にもいましたよ。男系である必要なんてなし。むしろ、遺伝子は女性の影響を強く受けるので、男を立てないと家庭の縁が薄れてしまうからではないでしょうか?』


最後の部分は納得できるんですが、この回答って、男系天皇と女性天皇と女系天皇の違いとか、分かってませんよね?
あと、『Y染色体は男性は全員持っている』。
確かにそうなんですが、天皇家のY染色体って、神武天皇以来、天皇家に数千年間受け継がれてきたものなんですよね?
私はその遺伝子よりも、その歴史や、天皇家を維持してきたこれまでの国の努力に価値があると思うんです。男尊女卑という人もいますが・・・(私も女性で、男尊女卑は嫌いです)
ですが、日本が代々守ってきた天皇家を維持することはとても大切なことと思います。

皆様、この回答と私の意見についてどう思いますか?

投稿日時 - 2011-05-01 23:44:25

QNo.6707963

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>男系天皇と女性天皇と女系天皇の違い

その通りだと思います。質問者さんが正しいですよ。

>私はその遺伝子よりも、その歴史や、天皇家を維持してきたこれまでの国の努力

そこが一番大事だと思います。昭和天皇から、いわゆる妾は止めました。それまで
はいわゆるハーレムを形成して血筋を守ってきたわけです。性道徳については、
自由奔放な時代もあったわけで・・・本当に遺伝子を守ることが日本の伝統であれ
ば、中国のような宦官制度があってしかるべきだったと思います。遺伝子より
大切にすることが脈々と続いてきたと考えるべきかと思います。遺伝子を調べる
云々の議論そのものが、天皇制度の価値を無にすることかと思料します。男女同権
などと、男系の制度を撤廃するくらいなら、陛下も選挙で選ぶべきなわけで、
いわゆる無粋な論議だと思います。初代が女性なら・・・質問としてはおもしろい
のでありますが・・・もうそれは日本ではないので難しい質問であったと思います。

投稿日時 - 2011-05-02 11:00:15

お礼

ご回答、ありがとうございます。
そうですよね。
代々日本が守ってきた天皇家を維持していくことは、とても大切なことだと思います。

投稿日時 - 2011-05-02 11:17:32

ANo.5

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

古い文献によると、関東ユダヤ王国には女帝も存在していた。
では何故? 天皇家だけに男性が必要なのかを考える必要がある。

>天皇家のY染色体って、神武天皇以来
Yep染色体を持っていない人と持っている人が存在し、神武天皇が持っているとされ。
神武天皇の子孫もYep染色体を保有しているのに名前に「神」が無いのは何故?

投稿日時 - 2011-05-02 08:40:36

補足

ご回答ありがとうございます。
古い文献によるご説明、とても参考になりました。

投稿日時 - 2011-05-02 11:18:39

お礼

すみません。間違って補足のほうにお礼を書いてしまいました・・・
すみません。

投稿日時 - 2011-05-02 11:19:58

ANo.3

>この回答って、男系天皇と女性天皇と女系天皇の違いとか、分かってませんよね…

はい、たしかに分かっていません。
でたらめ回答といって良いでしょう。

>神武天皇以来、天皇家に数千年間受け継がれてきたものなんですよね…

日本書紀の記述を信じるとして、その半分。
西暦2011年は、神武天皇即位紀元(皇紀)2671年です。

>私はその遺伝子よりも…

遺伝子などというものは、メンデルが優性の法則を発表した1860年代に初めて認識された言葉ですから、天皇の男子優先を論じるための材料とするのはナンセンスです。

跡継ぎを男子に限るのは天皇家に限らず武家でも同じだったわけですが、小和田哲夫著『戦国三姉妹・茶々・初・江の数奇な生涯』にこんなことが書かれていました。
-----------------------------------
男子にとって女性の腹は借り物であるという考え方が一般的だった。要するに、男の精子と女の卵子の出会いである受精によって新しい生命が誕生するという現代の常識的科学知識ではなく、その頃は、子供のもとになるのは父親だけが持っていて、それを胎内に入れ、そこで出産まで育てるという考え方である。
つまり、こうした考え方によって、血統は男に伝えられるという概念になり・・・・・。
-----------------------------------

>その歴史や、天皇家を維持してきたこれまでの国の努力に価値があると思うんです。男尊女卑という…

全く同感です。
合計特殊出生率が 2.0 を大きく割り込んでいる昨今、皇族方も凡人に右へならえで 1人か2人、多くても 3人しか産まないのでは、女の子しか生まれなくても不思議ではありません。
悠仁親王ご成長のみぎりには、お若いうちに伴侶を得られて、より多くの子供を作っていただくことを念じてやまない次第です。

投稿日時 - 2011-05-02 08:09:35

お礼

ご回答、ありがとうございます。
昔の一般的な考え方など、新しく知ることがたくさんありました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-05-02 11:21:32

ANo.2

"私はその遺伝子よりも、その歴史や、天皇家を維持してきたこれまでの国の努力に価値があると思うんです。男尊女卑という人もいますが・・・(私も女性で、男尊女卑は嫌いです)
ですが、日本が代々守ってきた天皇家を維持することはとても大切なことと思います。”
  ↑
この意見は良いですね。同意します。
あと#1さんの意見も説得力があると思います。勉強になりました。

天皇は、中国に対する日本の独自性の徴表として造られました。
天皇制など意味がない、という人も多いですが、幕末、天皇が
居なかったら、どうなっていたか。イラクのような国を見るにつけ
あそこに天皇みたいな存在があったら、もっと平和に
なれたのに、と思います。

天皇は歩く「公」です。
日本人の公徳心が高いのは天皇の存在が大きいと思います。

戦前、汚職が蔓延するアジアの中で、日本だけが比較的清潔でした。
それは、公務員は天皇の官吏であったからです。
汚職は天皇に対する犯罪として、厳しく考えられていたからです。

戦後、米国が天皇を残したのは社会主義に対する防波堤でも
あったでしょう。外国人の方が天皇の意義をよく知っています。
米国は、天皇は17個師団の軍隊に相当すると言っていました。
これは日本人の団結心の強さを表しています。

男系はおっしゃるとおりだと思いますが、このままでは先細りです。
皇族制度の復活を希望するものです。

投稿日時 - 2011-05-02 04:54:30

お礼

ご回答、ありがとうございます。
そうですよね。
日本にとって、天皇とは国を維持していくためになくてはならない存在だと思います。

投稿日時 - 2011-05-02 11:23:31

ANo.1

>もし初代天皇が女性だったならば
2代目以降は男系になります。
男系の夫との間に儲けた男系の子・孫か、生涯独身
を貫いて男系の一族から2代目を選ぶ。

過去の女帝は男系の皇女で、天皇の未亡人か独身。
亡夫天皇との間の男系の子・孫か、男系皇族が次代の
天皇に即位。

昔は異母兄妹・おじ姪の近親婚を繰り返していました。
アマテラスと弟スサノオの誓約で5柱の男神と3柱の女神
が誕生しました、つまり姉弟婚です。
また、初代・神武天皇の皇后はスサノオの系統です。

>女性天皇は過去にもいましたよ。
ただし、女性は天皇・東宮になると生涯独身です。
明正天皇は徳川秀忠の孫娘で、父帝が天皇家から
徳川の血筋を絶つ目的で、結婚させない為に譲位。

天皇は神主なので、男性の方が都合が良いのです。
神は血を嫌うので生理中の巫女は神事に参加できません。
宮中祭祀の中には天皇しか行えないものがあります。
女性には月の障りで国家安泰を願う重要な祭祀が行え
ないリスクがあり、男性にはそれがないという事です。

女帝が生涯独身なのは、結婚→妊娠→出産となりますが、
出産は死の危険が高いので、死の穢れを宮中から遠ざける
為に、実家で里帰りして出産するのが慣わしでした。
妊娠から出産後までずっと宮中祭祀には出られないので、
天皇の一番大切な務めが果たせなくなってしまいます。
何より、高貴な姫君ほど蒲柳の質なので死の危険も高くなり、
女帝を死の危険に晒すなんてトンデモナイ事なので独身。
(少なくとも天皇家が女系の直系だったら断絶してます。)

投稿日時 - 2011-05-02 02:53:46

お礼

ご回答、ありがとうございます。

女性が天皇になるにあたって、様々な問題があるのは事実ですよね。
徳川家と天皇家のことも、初めて聞くことでしたので、とても勉強になりました。

投稿日時 - 2011-05-02 11:26:19

あなたにオススメの質問