こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

霊否定派の人は回答をご遠慮ください。

よく魔除けということで、盛り塩をしたり、お守りを持ったり、水晶などパワーストーンを身に付けたりする人がいます。

しかし考えてもみてください。
自分が、悪さをする霊の立場だったとして、人間に近づいたときに、その人間が水晶を付けていたからといって、それでどうだというのでしょう?
「ぐわー!水晶を付けていやがる!これでは近寄れない!」 となるでしょうか?
「くそー!塩が盛られている!この部屋には入れん!」 と思うのですか?

また、摩訶不思議なお経や呪文を唱えられたからといって、それでどうなのでしょう?
「何わけの分からんことを言うてんねん、アホらし。」 と冷めた目で見てしまうか、
「・・・それで??」 と、キョトンとしてしまうと思うのですが。

要するに、これを持っていれば大丈夫とか、これを唱えれば大丈夫というような魔法の言葉や魔法のアイテムなどというものは存在しないと思うのですが、いかがでしょうか?

霊否定派の人は回答をご遠慮ください。
巷に氾濫している「スピリチュアル」と、「スピリチュアリズム」の違いが分かる方のご意見をお待ちしております。

投稿日時 - 2011-03-07 19:56:33

QNo.6576565

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

「ぐわー!ウンコを付けていやがる!これでは近寄れない!」
「くそー!加齢臭がきつすぎる!この部屋には入れん!」
ということならありえますよね?
お経はどうってことなくても、
それが黒板を引っかくような耳障りな音だったら、
そこから逃げ出すこともあるでしょう。
人間と悪霊は違った存在なのですから、
その感性や性質が違っている可能性はあると思います。
まぁ、そこらで売ってるアイテムが、
全て有効だとは思えませんけどね(^^;
        

投稿日時 - 2011-03-07 19:58:22

お礼

御回答ありがとうございます。
確かに黒板を引っかくような音を出したら逃げ出すかもしれませんね。

投稿日時 - 2011-03-11 08:00:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

 #3です。お礼のなかで補足を要求されたので再回答します。

 パワーストーンで自分を守る。自分の何を守るのか?それは「心」です。実際問題は「気持ち」一つだと思うのです。
肉体は自分の意思でそんざいするならば・・・・それを補うものは心です。意識とでもいうのかな。

 でも実際は守れないと思ってます。お守り。持っていることが安心感を倍増させるんだと思います。

 確かにこれを持っていると安心ていうものがありますよね。
 逆にこのせいで不幸になったとか・・・・。人形とか石とかありますよね。

 私はパワーストーンを信じているわけではありませんが、ラッキーカラーとか誕生石とか、落ち着くための物とか時と場合によって変えてつけています。

投稿日時 - 2011-03-11 12:23:44

お礼

すみません。
「何を」守るのかではなく、「何から」自分を守るのか、ということだったのですが・・・。例えば悪霊からとかでしょうか?

投稿日時 - 2011-03-11 19:33:26

こんばんは。

順不同になりますが、
思いつくままキーを叩いていきますね。

>「スピリチュアル」と、「スピリチュアリズム」の
違いが分かる方のご意見をお待ちしております。

“巷に氾濫してる”と言う事は、「その単語(名詞)」自体の本来の意味と、
『現行している意味』が、一致していないと言う現象だと思います。

簡単な例を挙げれば
『時計』を『“時計”と呼んで』、
その時計が腕時計、デジタル時計、掛け時計、振り子時計…日時計、砂時計、
何れも“時計”で誤解をする方も、『時計じゃない』と言う方も居ないですよね。

ところが『霊』『魂』『心』、そしてスピリチュアル等は、
『目に見える、構造や実体、作用』を言語で表現し難く、
また、『感性の問題』としても個人差があるため、
結果的に「巷で氾濫=混乱」してしまい、
何が何だか解らなくなってしまっている…ようですね。

少し余談になりますが、縫製に使う「ミシン」は和製英語、
正しくは、sewing machine(ソーイング・マシン)ですよね。

spirituals(スピリチュアル)に関しても同様に
「和製英語化」した時点で、「目に見えなく、感性の差」がある為、
こちらは「様々な独自解釈」が行われてしまっているようです。

wikiから引用すれば、

spirituals(スピリチュアル)は“霊歌”となり、
「聖者の行進」(When the Saints Go Marching In)や、
「アメイジング・グレイス」(Amazing Grace)等が霊歌です。

スピリチュアリティ(spirituality、霊性)は超自然的存在とされていますが、
(ここからは私感ですが→)、
「何らかのいまだ解明されていないエネルギー体」と思っています。

Spiritualism(スピリチュアリズム)の翻訳語で、心霊主義(しんれいしゅぎ)ですね。

~~主義、(~~ism)は、「思想」でしょうね。

>魔法のアイテムなどというものは存在しないと思うのですが、いかがでしょうか?

ええ、そのような「物質」は何一つ無いでしょうね。

しかし「スピリチュアリティ(spirituality、霊性)」と言う、
部分に着目すると、「確固たる信念」もそうでしょうし、
一昔前の戦時中の「大和魂」等もそうかもしれませんよ。

それを持つ事によって、
「あらゆる物と対峙しても揺ぎ無い心」ですかね。

>また、摩訶不思議なお経や呪文を唱えられたからといって、それでどうなのでしょう?

「言霊」と言う名称がありますが、「音霊」もあると思ってます。

科学的に言えばその一つが「1/fのゆらぎ」ですね。

最後になりますが、
WHO(国際保健機構)は2004年にこのような趣旨の事を提言しています。

「人の健康、機能は現代学問の領域を超えた分野でも研究しなければならない」と。

それと前後して、「スピリチュアリティ(spirituality、霊性)」は
「近年、心理学、宗教学、文化人類学、および医療(医学)において、
様々な学問分野の最終段階として学術的なテーマとして
注目されることが増えている」のが現状です。

これも私感ですが、
「あらゆる物質にそれぞれの霊性が宿っている」と感じています。

その一例として、
「一輪の花」…花が綺麗なのではありません。

花の持つ「霊性」と、人の持つ感性(霊性)がシンクロした時、
「綺麗な花」と表現されるのだと思います。

芸術、音楽、文学…、自然の万物など、
そこに「感動」を感じられるのは、
やはり「霊性と霊性のシンクロ」では無いでしょうか…。

ですから…「感じない、在る訳ない…」といわれる方は、
物質主義、マネー資本主義等によって、
その「感性(霊性)」を自ら放棄してしまっているように思います。


それでは、長くなり失礼しました。

投稿日時 - 2011-03-07 21:59:58

お礼

≪巷に氾濫している「スピリチュアル」と、「スピリチュアリズム」の違いが分かる方のご意見をお待ちしております。≫というのは、せめてそれぐらいのことは分かる程度の知識をお持ちの方に回答していただきたかったのでそういうことを言った次第であります。
御回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-03-11 07:24:55

ANo.3

 医者で「余計なものが見えなくなる薬がありますよ」と言われたんです。
 でも医学的にというか科学的に霊的なものは肯定も否定もされていないのに何故そういう薬が出来るのかが疑問で、「ありえないでしょう?」と答えたら「効きますよ」と言われました。起きていても見えている場合はどうするんでしょうね。

 般若心経を一緒に唱えた幽霊さんがいました。魔除けにはならないのねって当たり前か。生きている人間の為の教えだものね。
 ただ、塩・酒・水は「浄化」という意味では効果はあると思います。パワーストーンも自分を守るという意味では使えるかな。でも水晶玉に何か映るとか、合わせ鏡が・・とかいうのは・・・・考えていたらあり得ないことですもん。

 ただ、自分がそういう立場になったら可愛くピースサインをする浮遊霊になりたいです。
 
 何しろ現在住んでいる家は自他ともに認めるオカルトハウスなんです。

 昔々魔法陣の勉強や「悪魔の教本」など読んでみましたがなんだかねえ。結局宗教論になっていってしまって。答えがみつからなかったな。
 つまりは吸血鬼はにんにくが嫌いみたいな都市伝説を作って、安心したいだけなのかもしれませんね。

 なんだか霊感が有る人が「偉い人」とか「特別な人」にされていて持ち上げられているのは不思議な感じがします。
 普通に接している人は多いと思いますよ。

 坊主と飲んだ時に話したんですけどね。つまりはあの世なんてない。天国地獄の概念もない。っていうのが本来の考え。

 ま、大槻教授がいる限り前に進まないでしょうね。この部門については。

投稿日時 - 2011-03-07 21:59:33

お礼

御回答ありがとうございます。
パワーストーンで自分を守るというのは、何から身を守るのでしょうか? もし良かったら教えてください。

投稿日時 - 2011-03-11 07:32:04

うちには、最近、コーンスターチが盛られていたんですが、
これって、これを食べて、満足して帰って、他の場所で悪さしなければいいなーなんて
ネズミさんへのお供えなのかもしれないねえ。
なんて思いました。
そして、塩は、きっと塩好きの生物がいたのか?と思いました。
ナメクジはその時点で溶けちゃって近寄れないでしょうねえ。

お教は、「キモチわる!気ちがい達が並んで意味不明なことひとりでつぶやいてるよ。」
で近寄らないで帰る。

うちの旦那は、加齢臭やら足の臭いで近寄れなくしてるみたいです。
いや、別に私はアクリョウでもなんでもないですよ。
それで近寄ってこられるから、ひとりで家出したくなりますから、
霊も退散するのでしょう。
お香たくだけでも効果あるのかもしれませんよね。

オーメンの緑の物体は、痰ですよね。
あの男の子、すっごい風邪引いてて、インフルエンザだったんじゃないでしょうか?
実話だそうですが、インフルエンザを牧師に治せっったって、牧師も苦しくて死んじゃいますね。

私も時に、緑のもの吐きますが、アクリョウに取りつかれてるのかもしれないのか?
今オニキスの数珠はめてますよ。左に黒。右に緑で、かろうじて生きています。

投稿日時 - 2011-03-07 20:17:14

お礼

御回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-03-11 07:46:27

あなたにオススメの質問