こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

青色申告 貸借対照表の売掛がマイナス

個人事業を始めて、今年初めて確定申告を行う
初心者です。

やよいの青色申告10を使っています
申告分のデータを入力し、決算書作成をしてみたところ、
貸借対照表の「売掛金」がマイナス値になっていました。
マイナスの金額は総売上金がそのままマイナスになっています。

売掛帳は
売上→相手勘定科目【売上高・商品掛販売】
入金→相手勘定科目【普通預金・掛代金振込み】
と入力しています。

他の方の質問をみると、マイナスはありえないとの事でしたので、間違っていると認識はしているのですが、どこを直したらいいのかが、分らない状態です。

教えていただけますでしょうか、宜しくお願い致します

投稿日時 - 2011-02-22 20:56:05

QNo.6542938

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

売上を計上するときの仕訳で借方と貸方が逆になってるのではないでしょうか。

借方 売掛金 1000   貸方  売上  1000

売掛金がマイナスになる原因は、

入金の超過(つまりお金の貰いすぎ)

売掛金額を過少に記入してるので、正当額の支払いをされててもマイナスになる

などが考えられますが、不慣れな場合のマイナスは
単純に借方貸方をひっくり返して仕訳してることが多いようです。

投稿日時 - 2011-02-22 21:14:17

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

売掛帳から入力したことがないので、すみません。


仕訳帳からだと、

  売掛金 / 売上


  普通預金 / 売掛金


になっていればいいはずなんですが。

ためしに、○○商店 とかでいいので、2~3仕訳 いれてみては。

それで、あなたがいれた仕訳との違いが、確認できると思いますが。


ちなみに、総売上と同額が売掛マイナスということは、 売り上げたときの仕訳が、
売掛金に入っていっていないということになると思いますが。

投稿日時 - 2011-02-22 21:15:44

ANo.1

>売上→相手勘定科目【売上高・商品掛販売…】
>入金→相手勘定科目【普通預金・掛代金振込み】

ちょっと理解しかねますけど、とにかく

・現金で販売したとき
【現金 100円/売上 100円】

・掛で販売したとき
【売掛金 100円/売上 100円】
・それが入金されたとき
【現金 (or普通預金) 100円/売掛金 100円】

ですよ。

>マイナスの金額は総売上金がそのままマイナスになっています…

【売掛金 100円/売上 100円】
の仕訳が入っていないからでしょう。

投稿日時 - 2011-02-22 21:12:57

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-