こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

物理の問題(薄膜による光の干渉について)です.

大至急お願いしたいです.

屈折率が1.2の薄膜にナトリウムランプの光(波長5.9×10^-7[m])を垂直に入射させた.次のそれぞれの場合,反射光を弱めるには薄膜の厚さを最小いくらにすればよいか.
(a)薄膜が空気中にある
(b)薄膜を屈折率が1.5のガラスの表面につけている.

という問題です.
薄膜による光の干渉の問題なので,薄膜の厚さdが次の式のとき
(1)d=m(λ/2n)・・・反射光は暗くなる
(2)d=(m+1/2)λ/2n・・・反射光は明るくなる
を使えばよいと思ったのですが,(a),(b)それぞれのとき,(1),(2)どちらの式を使えばよいのかの判断方法が分かりません.
(a)は(1)にて,(b)は固定端反射をするゆえに(2)にて解けるようですが,なぜそう分かるのでしょうか.そもそも反射光を弱めるには厚さdをどうすればよいかという問題なのに明るくなる場合の式(2)を使うのか疑問です.どうか解き方を教えてください.

分かる方,解答のほうよろしくお願いします.

投稿日時 - 2011-02-16 20:25:40

QNo.6527902

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

屈折率がより大きい方への入射の場合,固定端反射になり,より小さい方への入射の場合は,自由単反射になるのです。

(1)の場合,薄膜上面(入射面)での反射は固定端反射,底面での反射は自由端反射です。固定端反射において位相がπずれる(山谷逆転する)ので,強めあう条件は
2nd = (m+1/2)λ
となります。
(2)の場合は,両方とも固定端になって位相がπずれるために,強めあう条件は
2nd = mλ
となるということになります。

投稿日時 - 2011-02-16 21:41:09

お礼

回答ありがとうございます。おけげで納得できました.

投稿日時 - 2011-02-19 21:32:19

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

自由単→自由端ですね。^^;

投稿日時 - 2011-02-16 21:42:45

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-