こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自転車と車の事故の過失割合について

自転車と車の事故の過失割合について教えてください。

片側2車線の東西道路南側の歩道上を自転車に乗って東に向かい走っていました(歩道上自転車通行可)。相手方は普通車で、その道路に南側からT字型に交わる比較的狭い道路を北向きに走ってきて左折するつもりだったそうですが、交差点(信号はありません)手前に一時停止の標識があるにもかかわらず、減速はしたものの一時停止せず交差点に入ってきた時に、ちょうど交差点を西側の歩道の切れ目から東側の歩道に向かい横断していた自転車とぶつかった事故です。
当初は2週間の診断書が出たのですが、1年近く定期的に通院しても完治せず、結局後遺症14級の認定を受けました。
示談することになり、相手方(自動車側)の保険会社から9対1の過失割合であると言われました。こちらも自転車ですし、あくまで歩行者とは一緒に考えられないとは思いますが、金銭的にどうこうではなく、こちらに10%の過失があったことに納得できません。
普通車の運転手も、当初「こちらが100%悪かった」と謝っていたのに、今になって「出会い頭の事故だからそちらにも少しは・・・」と言っているそうです。(まぁよくある話ではあると思いますが・・・)
保険会社が言うように、過失割合は9対1が妥当なのでしょうか?10対0は甘い考えでしょうか?

投稿日時 - 2011-02-16 19:10:50

QNo.6527717

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

自転車規制なし・四輪車規制あり(一時停止)の場合、
基本過失割合は10(自転車):90(車)です。
この過失割合には、車の一時停止義務違反が含まれますので、
相手が一時停止をしていたら、20(自転車):90(車)になります。
他に、自転車横断帯通行なら-5%、車の著しい過失なら-5%、
車の重過失なら-10%になりますが、
書かれていることだけですと、修正要素はないのではと思います。

ただ、相手保険会社から1年近く過失割合について話が無かったことは、
いつその話をしなければいけないという決まりはないのですが、
質問者さんとしては釈然としないでしょうね。
ただ、話の進め方の落度があったとしても、事故の過失には関係ありませんが。

>普通車の運転手も、当初「こちらが100%悪かった」と謝っていた
これは普通の人はこのように考えますし、言っていたとしても
これを理由に0:100は裁判でも認めませんので、どうしようも無いことですね。

投稿日時 - 2011-02-16 21:03:11

お礼

詳細に回答していただきありがとうございました。

投稿日時 - 2011-02-16 21:22:37

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.3

歩道上なら主張できただろうけど、歩道と歩道の切れ目でしょ?

自転車も車両だから注意義務があるんですよ
そういう道では、車両が出てくる可能性を考えなきゃダメなんです

投稿日時 - 2011-02-16 19:33:48

お礼

あくまで「交差点」ですからねぇ。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-02-16 20:35:41

ANo.2

自転車も 道路交通法上は車両です

お間違えの無いように!

投稿日時 - 2011-02-16 19:32:40

お礼

それは分かっているのですが、やはり難しいのでしょうか?
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-02-16 20:33:59

ANo.1

自転車側に一時停止の標識はあったのでしょうか?
自転車側も走行中であり車の動きに注意する必要があった。というのが一般的な保険会社の認識だと思います。
10対0にはならないでしょう。するなら裁判で費用と時間をかけるしかありません。

投稿日時 - 2011-02-16 19:20:59

補足

自転車側は歩道ですのでありませんでした。ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-02-16 20:29:27

お礼

書く欄が逆になってしまいすいません。
裁判で時間と費用をかければ勝てるものでしょうか?

投稿日時 - 2011-02-16 20:41:51

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-