こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

死についての問答

問う人:
 一つ訊いてもえーか。

「人の道」:
 何でも訊いてみい。
 ここは質問し答えを出す場所や、なんにも遠慮は要らんのや。

問う人:
死とは何や。

「人の道」: 
死とは命が終わることや。

問う人:
命が終わると次に何が来る。

「人の道」: 
何も来はせん。

問う人:
では人は死ぬとどーなる。

「人の道」: 
どーもならん。

問う人:
どーもならんとはどーゆーことや。

「人の道」: 
つまり人は死ぬと消えて無くなるちゅーことや、消滅するんや、消滅して無になるんや。
無になったら、もう何も起こりようはない。
だからどーもならんちゅーとるんや。

問う人:
皆んな、死んだらただ消えて無くなるだけか。

「人の道」: 
そーや、皆んな死んだら消滅し無になるだけや。

問う人:
では死んだ人間を供養しても無駄なんか。

「人の道」: 
そーや、死んだ人間など供養しても無駄や。

問う人:
では死んだ人間はどーすればえー。

「人の道」: 
土に帰し、速やかに消滅させることや、
それが一番えー、そして忘れることや。

問う人:
死んだ人間を供養もせんで忘れてしもーたらバチが当るんと違うか。

「人の道」: 
あのなあ、
死んだ人間などどーでもえーから生きとる人間を大事にせーちゅーとるんや。
これが自然界の掟、宇宙の法則や。
どーや、これで死が何か判ったか。

問う人:
はい、判りました。
人は死んだら消滅し、無になるんや。

「人の道」: 
死んだ人間はどーすればえーかも判ったか。

問う人:
はい、判りました。
人は死んだら土に返し、速やかに消滅させ、忘れるのが一番えー。

「人の道」:
人が死んだら供養などせんでもえーから、生きとる人間を大事にせーちゅーことや。
もしこの考えが何かおかしいと思うんやったら皆にも訊いてみるとえー。

問う人:
人が死んだら供養などせんでもえーから、生きとる人間を大事にせーちゅーこと、皆はどー思うか聞かしてくれ。

投稿日時 - 2011-02-02 22:18:58

QNo.6493608

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ムムムッ・・・宗教の話も出ておりますな???
私は・・無宗教です。一応
かといって、宗教が嫌いなわけではありません。
しかし・・現存する宗教を広める人達・・
また、宗教等へ入信した時に、いろいろとご指導下さる
教育係、の人達、どうも・・好きになれません。
でもって、宗教を利用して金もうけしている宗教も嫌いです。

中には、押し付けず、金品要求もせず、
自然に宗教を語る人もいます。
こういう人の話を聞くのは・・とっても心和みます。

この相談コーナーに限らず、
ケンカ腰での書き込みはごろごろあります。

「話をする」という習慣が・・現代ではなんとなく
中身が違ってきているような・・・

周囲でも「話合い」「コミュニケーション」が
さっぱりできない人が多い。
質問しても・・何も返ってこない。
すると「無視した」とか「愛想の無いやつ」とか
怒るひとがでてくる。
中には無視しているのではなく、返事をすることを知らない人もいる
知らない・・・ってな表現は正しくないかもしれないが
「嫌です」「できません」「解りません」
といった返事をすることを「言ってはいけないこと」と認識している人
「解らない時には解ってから返事をする」と考える人

ん~~人間の思考回路は、複雑で・・摩訶不思議である。

???なぬっ??宗教から外れとる?????

あっ・・・何の話だっけ???

考え始めると、どんどんいろんな所へ飛んで行ってしまうのが
私の思考回路の・・・おかしなところでして・・・

投稿日時 - 2011-02-04 09:30:22

お礼

 
一つ言うとく。
この世にはもーまともな宗教は無いんや。
なのでわしは言うとるんや、宗教の時代は終わったと。
だから後は自分で真理を探求する以外には無いんや。

>周囲でも「話合い」「コミュニケーション」がさっぱりできない人が多い。

実はわしもそー思うとるんや。
冗談の一つも理解出来んやつは、やっぱお頭が足りんとそー思うとる。
 

投稿日時 - 2011-02-04 20:14:27

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(33)

ANo.33

g3452sgpさんは、自らのサイト、「人の道」-我々の宗教 十ヶ条
http://www.geocities.jp/g3452sgp/hitonomiti.html
で、次に様に書いていますね。

  七 己に自惚れぬこと、また己を卑しまぬこと 

(他の内容もひどいですが、話が拡散するので、七 だけにしますが・・)
しかしながら、あなたの立てたスレッドで他者に対するコメントは、慢心に満ちているように感じられます。
つまり、自惚れを感じます。
人は過ちを犯すし完全ではありません。しかし、そういう謙虚さを感じません。

「人の道」として言っていることと、自らやっていることに矛盾を感じます。

それについては、どう返事しますか? 
(ちなみに、私は無宗教です。)

投稿日時 - 2011-02-08 17:34:49

お礼

 
人の心を読取るすべを知らず、ただ相手を自惚れておると罵るその声、
まるで地獄の底から叫んでおる怨念のよーなその響き。
どこかの誰かさんが言うとった。
そー叫ぶ自分の顔を鏡に写して見るとえー、相当に歪んでいるのに気付くはずじゃと。
 

投稿日時 - 2011-02-08 20:21:52

ANo.32

適当な拾い読みで、意味の無い書き込みです。
元々、興味ないことはどうでもいい、性格なので・・・

>めちゃくちゃな論理ですね。というか、論理をなしていません・・
>論知的思考展開と、妄想の区別は・・・
>ソクラテスの無知の知・・・
これ・・みな、同じような意味???
*めちゃくちゃな論理と言う名の理論、と理論をなしていない理論
*論知的思考展開と、妄想
*無知の知
・・・現代を表しているような・・・

ところで・・今頃だけど、思い出しましたぞ。
半年くらい・・ずぅ~っと前にも同じような問答に
首をつっこんで、
その時、全く同じ
「たまにはこ~ゆ~こと考えるのもいいもんだ」と
書いた記憶が・・・

ということは・・
私のおつむは、その時からさっぱし進歩していない。
ということになるのだろうか???

しかし・・悪化しているわけではないから、
良かった。


忘れた頃にまたお目にかかれる・・ということですな?
楽しみに・・・といっても、忘れてしまうのですが・・
待ってますぞ。

投稿日時 - 2011-02-07 18:58:13

お礼

 
>「たまにはこ~ゆ~こと考えるのもいいもんだ」と
書いた記憶が・・・

確かにわしもそーゆーの聞いたような気がするな。
しかし何時のことやったか全く思い出せへん。
すまんなー。
 

 

投稿日時 - 2011-02-07 22:27:37

ANo.31

>あのなあ、
>わしはこの問答を通じて、人が宗教漬けになると何を考え、どーゆー発想をし、
>何に拘り、どーゆー問いかけをしてくるかちゅーこと、およそ判ったんや。
>これは、まー問答の成果や。


相変わらず、めちゃくちゃな論理ですね。というか、論理をなしていませんね。
無宗教の私を捕まえて、宗教漬けの人の考え方ががわかるなんて・・・・



論知的思考展開と、妄想の区別は何だと思いますか?
答えられますか?

投稿日時 - 2011-02-07 10:35:43

ANo.30

>あのなあ、前にも宗教漬けになったのがいて全く同じこと訊いとったのを思い出した。
>どーやらこの質問は宗教漬けになると執着するもんちゅーことが今判った。

人のせいにしないでください。
私は、特定の宗教を信仰していません。宗教本も哲学の参考に時折目を通すくらいです。

あなたの答えがあまりににも雑でいい加減だから、仕方なく追加質問せざる得ないのですよ。
それを、宗教漬けと判断するのは、あなたの論理的思考能力が低い思います。
なんでも自分のほうでははなく、相手に問題があると考えらるのは、あなたに客観的に考える能力が低いことを意味している証拠だと思いますよ。

ソクラテスの無知の知って知っていますか?
あなたには、いまそれが必要だと思いますよ。

人間は、神でも、完全な存在でもじゃないですからね。
あなただって、不完全でしょ?

投稿日時 - 2011-02-07 04:00:40

お礼

 
あのなあ、
わしはこの問答を通じて、人が宗教漬けになると何を考え、どーゆー発想をし、何に拘り、どーゆー問いかけをしてくるかちゅーこと、およそ判ったんや。
これは、まー問答の成果や。
 

投稿日時 - 2011-02-07 07:08:59

ANo.29

 《真理の探究》なんちゅーことを言うとるあいだは ただの百科事典っちゅーこっちゃ。

 反省するなら しいや。

投稿日時 - 2011-02-07 00:41:47

ANo.28

 No.17&18&24&25&26です。

 ★(No.26お礼欄) ~~~~~~~
 生きとる人間を大事にしなさいと言う、
 生きとる人間を大事にせなあかんと思う、
 この2つは大抵の人間が既に判っとることや。
 つまり大事にするちゅー意味は小学生を含め誰でも知っとる、これでえーんや。
 問題はそれを実践するとなると悪戦苦闘するでーちゅーとるんや。
 そんなもん当たり前の事やないか。
 そんな当たり前の事を議論しても無駄やと、こー言うておるんや。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ☆ 分かった。分かった。くどかった。
 つまり あんたは 認識論のみっちゅーことや。それもええかも知れん。
 ん? ええのかなぁ?

投稿日時 - 2011-02-07 00:28:17

お礼

 
わしが認識論のみ?

えーか、
真理の探求は認識論ではないんや。
 

投稿日時 - 2011-02-07 00:33:18

ANo.27

>わしが「人類の誕生」ちゅーたのは、人が人としての体裁を呈して以来ちゅーことや。

そんな、雑なコメントでいいんですか?
相変わらずいい加減ですね。
今でも、人として体裁をなしていないと考えれば人類は誕生していないということになるんですよ。

クロマニヨン人が紀元前4万から1万年前
縄文時代が紀元前2000年ぐらい前
仏陀の誕生が紀元前400年ぐらい前
キリスト誕生が西暦0年とされています。

どの辺りを、人類誕生として考えていますか?

投稿日時 - 2011-02-06 23:27:48

お礼

 
あのなあ、前にも宗教漬けになったのがいて全く同じこと訊いとったのを思い出した。
どーやらこの質問は宗教漬けになると執着するもんちゅーことが今判った。

人間が猿から進化し現代人になったのは間違いのないことや。
もちろん、いついつの時点で人間は猿から現代人になったかは明確ではない。
5万年前かも知らんし、10万年前かも、20万年前かも知らん。
しかしそんなことはどーでもえー。
地球上のある時期において人類、つまり現代人らしきものが現れた、これで十分や。
 

投稿日時 - 2011-02-06 23:59:31

ANo.26

 No.17&18&24&25です。


 ★(No.24お礼欄) そーゆー枝葉を追求したところで何の価値も生まれんのや。
 ☆ これと次のこととは どうつながるのかなぁ。

 ★(No.25お礼欄)~~~~~~~
 あのなあ、
 思うことと行うことは違うと言うとるだけや。
 大事にせなあかんと判っとっても、それを行うのは悪戦苦闘すると言うとるんや。
 もちろん悪戦苦闘した末に 《生きとる人間を大事にした》んなら、これで立派に「人の道」を歩んだことになる。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 ☆ 《枝葉》のことなら 悪戦苦闘せんかて じゅうぶん出来る。
 《言うは易し 行なうは難し》なら ほんまにむつかしいーで。 
 どっちやねん?



 しつこかったら もうええで。

投稿日時 - 2011-02-06 22:43:58

お礼

 
確かにあんたはしつこい人や、
やっぱ相当漬かった結果かも知れんなー、これは。
 
生きとる人間を大事にしなさいと言う、
生きとる人間を大事にせなあかんと思う、
この2つは大抵の人間が既に判っとることや。
つまり大事にするちゅー意味は小学生を含め誰でも知っとる、これでえーんや。
問題はそれを実践するとなると悪戦苦闘するでーちゅーとるんや。
そんなもん当たり前の事やないか。
そんな当たり前の事を議論しても無駄やと、こー言うておるんや。
 

投稿日時 - 2011-02-07 00:19:05

ANo.25

 No.17&18&24です。

 ★(No.24お礼欄) ~~~~~~~~~
 《生きとる人間を大事にする》ことが悪戦苦闘になるちゅーのは、人が自然界の掟、宇宙の法則を理解しよーとせんが故に起こる当然の成り行きや。

 「大事にする」とは、既に述べた通り誰でも判ること、簡単なことや。
 そーゆー枝葉を追求したところで何の価値も生まれんのや。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ☆ ほんなんやったら 生まれて来た者は誰でも学校へ上がって大きくなったら みんな誰でも《人の道》をあゆんどるちゅうーことやな? それでええか?

投稿日時 - 2011-02-06 20:57:56

お礼

 
あのなあ、
思うことと行うことは違うと言うとるだけや。
大事にせなあかんと判っとっても、それを行うのは悪戦苦闘すると言うとるんや。
もちろん悪戦苦闘した末に 《生きとる人間を大事にした》んなら、これで立派に「人の道」を歩んだことになる。
 

投稿日時 - 2011-02-06 22:19:38

ANo.24

 No.17&18です。

 ☆☆(No.18お礼欄)~~~~~
 生きとる人間を大事にすることは、死んだ人間を供養することより遙かに難しい。
 だからわしは生きとる人間を大事に出来れば、死んだ人間を供養する必要は無くなると言うとるんや。
 それ以外に何か答えが有るんか。
 ~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ この命題について 論理的に批判することはやさしい。
 でも 別の問題を それでは出して さらなる探究へのあゆみを祈って筆を擱きます。(どうしてもお答えすべきご返答をうけたときには 考えますが)。

 すなわち こうです。
 ○ 《生きとる人間》とは どういう状態を言うのか?
 ○ 言葉をしゃべっていれば《生きている》と言えるのか?
 ○ つまり生まれてから息を引き取るまでは 無条件にその人間は《生きている》と言えるのか?

 ☆ こういった問いが たぶん正当にも挙げられ得るゆえに 《生きているあいだに人を大事にする》ことがしばしば悪戦苦闘になるという問題が生じます。

 すなわちもし
 ★ 生きとる人間を大事に出来れば、死んだ人間を供養する必要は無くなる
 ☆ と断定することが出来るとすれば やはり《生きている間に互いに互いを人間として大事にする》とはどういうことか? これが むしろ先決問題である。こう考えたものでした。

 くどかったかも知れません。

投稿日時 - 2011-02-06 10:58:36

お礼

 
>《生きとる人間》とは どういう状態を言うのか?

生きとる人間とは枕を並べて一緒におねんね出来る人のこという、これが一番正しい。

>言葉をしゃべっていれば《生きている》と言えるのか?

あのなあ、
言葉をしゃべれん言語障害者もおるちゅーこと、忘れたらいかん。

>つまり生まれてから息を引き取るまでは 無条件にその人間は《生きている》と言えるのか?

元々の自然界においてはそのとーりや。
ところが最近のアホな医者と間違った医療のおかげで植物人間ちゅーのが大量生産されとる。
本来の自然界には決して起こりよーのない最悪の事態が今この瞬間にも大量に生まれておるんや。
何というアホらしさ、何という下らなさ、あー哀れ。
 
《生きとる人間を大事にする》ことが悪戦苦闘になるちゅーのは、人が自然界の掟、宇宙の法則を理解しよーとせんが故に起こる当然の成り行きや。

「大事にする」とは、既に述べた通り誰でも判ること、簡単なことや。
そーゆー枝葉を追求したところで何の価値も生まれんのや。
 

 

投稿日時 - 2011-02-06 19:37:18

ANo.23

死んだ人を供養することについて述べる前に、確認したいことがあります。

他のスレッドでも触れましたが、
g3452sgp氏は自らのサイトで、宗教について以下のとおり言及していますね。

---------- 宗教の本質 ----------
       十ヶ条
一.宗教は人類の誕生とともに自然発生的に生まれました。
二.宗教は全世界に隈なく分布し、その数は数千にも数百万にも及びます。
三.宗教は神、天国、地獄の3つの概念により構成されます。
四.宗教は心地良いものであり、悩み、苦しみからの逃避手段です。
五.全ての宗教は宇宙は有限であると説きます。
六.宗教は人の死に際を整えるための儀式です。
七.宗教はもともと人間社会を統治する道具として生まれました。
八.宗教は利益を追求するものです
九.儀式や統治の道具としての宗教は力を失い、宗教の時代は終わりに近づいています。
十.宗教の次に来るもの、それは「人の道」、つまり真理の探究であり、思想と哲学の時代です。
ttp://www.geocities.jp/g3452sgp/honsitsu.html

色々疑問を感じるのですが、
まず、最初「一.宗教は人類の誕生とともに自然発生的に生まれました。」の根拠はなんですか?
人類は、一挙に今の人間のように知性を獲得したわけではなく、ゆっくり知性が高まったはずです。
ピテカントロプスとか、北京原人を見れば分かるように、知性は低かったはずです。

例えば、進化の途中で、今の猿ぐらいの知性の時期もあったと思われます。
今の、猿が宗教を持っているとは思いません。

繰り返します。一.の根拠を教えて下さい。
想像ですか?

投稿日時 - 2011-02-06 07:11:47

お礼

 
あのなあ、
人間が猿やった時期もある。
しかし更に元を辿れば、猿である前にネズミやった、そのまた前はオタマジャクシやったんや。
しかし、そんなことはどーでもえー。
わしが「人類の誕生」ちゅーたのは、人が人としての体裁を呈して以来ちゅーことや。
 

投稿日時 - 2011-02-06 19:51:31

ANo.22

「人の道」の話は、ある意味、格好良すぎますね。生きている人を大切にすることができたら、それはその方がいいでしょう。一般的にいって、死んだ人の供養に莫大なお金や労力をかけるより、泣いている友達を助けたり、アフリカの飢饉に瀕している人に募金を送ったりと、生きている人に労力やお金を割いた方がいいだろうと、私は思います。
死を悼む極致にあるピラミッドやタージマハルは壮麗ですが、文化の結集だという以前に、こんなことをやられたらたまったものではない、王は阿呆だなと私個人は思います。靖国も私は支持していません。死者を弔うのは自分自身の心を落ち着かせるためにするのですから、基本的にはナルシスティックな行為だろうと思います。

とはいえ、身近なところで、生きている人を大切にすることは難しいものです。私は高校の時に友人を自殺で亡くしましたが、生前は彼に冷淡だった級友らが、死んだとなるや否や、掌を返すように死を悼み始めました。私は怒りを感じて、「お前ら、今頃惜しむくらいだったら生きてる時に大事に何でしてやらなかった?!」と怒鳴ったものです。ただこの言葉は、逆に、私自身にも向けられたものであったと言えましょう。もっと何かしてやれたら、死にはしなかったのではないかと思えました。それ以来、やれる範囲で、生きてる人を大事にしています。しかし、これは案外、しんどいのですよ。

人間というのは俗物ですから、我儘いい放題の相手だと、受け入れられなかったりするのです。まぁそれが家族だったら、仕方ないかと忍耐もしましょう。しかし赤の他人となれば、友人であったにせよ、難しいのです。自分も生きて行かないとなりません。生活を侵害してくるようなら、相手が阿鼻叫喚しようと、バッサリ切っていかないとならない時もあります(最近、このウェブ上で私が見切ったのをご覧になったでしょうね。それは生死に関係ない話ではありますが、細々とした日常でも起きうる事例ではあります)。
さて、自分が手を引いた後、悪意はないけれども、結果が悪い方向に行き、見殺しにする結果になってしまった時、どうしたらいいでしょう。私はささやかな形にせよ、弔うしかないのではないかと思います。大々的に葬儀をするということではなく、命日が着たら、線香を立ててと手を合わせるくらいは必要だと思えるのです。「見捨てる」など、実はしょっちゅうやらざるを得ないことですから、この微妙な罪悪感を忘れたら、人は人で無くなるような気もするのです。今になってみると、私は級友らを責めましたが、死んでから大切にし始めた気持ちもわからないのでもないのです。

私のいう「見捨てざるを得ない」ことは、ほんの一例です。他にも、戦争だとか交通事故のように、どうしようもないものに巻き込まれて死んだ者もいるでしょう。あるいは不治の病で助けられない若い友人を失ったらどうしたらいいのか――。
問題は死にゆくものへ、自分が何もしてやれなかったという罪悪感です。何かしてやれるなら、それをやってあげればいいでしょうが、何もできない時に、どうしたらいいのか。無念を抱えつつ、弔うことで、次が起きないように祈ったり、努力するしかないでしょう。
弔わなくても記憶に留めればいいというかもしれませんが、それは極論で、格好良すぎると思うのです。宗教というフィルターなしでは、死者の全部を受け止め、背負うしかないでしょう。それは重すぎるというものです。背負えても、せいぜい、一人という風に思えます。複数を背負うのなら、重みに耐えるべく、思想家にでもなるしかないでしょう。でも誰もが思想家になれるわけではありません。

>人が死んだら供養などせんでもえーから、生きとる人間を大事にせーちゅーことや。

この主張が、当てはまるのは、家族の介護などの問題でしょう。何かしてあげられることがあるのに、死後には労わるが、生前に手を惜しむのは、よくないことです。その場合、おっしゃることに異論はありません。ただ一般論として、死に関すること全部に対して言える議論ではないと思います。それに現実問題として、家族であっても、姥捨て山に連れて行かざるを得ない人もいるでしょうね。合理性を追求したら、そういう不幸な時代になってしまったと思います。

本当は誰もが「人の道」のいうようにできたらいいのでしょうが、そうはできないから、無念を抱えつつ弔うのだと私には思えてなりません。「格好良すぎる」と冒頭で私は述べましたが、上述の理由から、これは議論に生の重みを感じられないという皮肉なのです。

投稿日時 - 2011-02-06 04:59:11

補足

 
タージマハルは壮麗かもしれん。
しかし、その壮麗なタージマハルを建造するのにどれだけ多くの低層カーストがこき使われ死んでいったことか、そーゆーことが最初に問われねばならんのや。
 
ピラミッドは壮大かもしれん。
しかし、エジプトではクフ王のピラミッド建造のためにどれだけ多くの奴隷がこき使われ死んでいったことか、そーゆーことが最初に問われねばならんのや。
 
現在でも国民の税金が無駄に使われるとき、必ず似たよーなことが起こっておるはずなんや。
 

投稿日時 - 2011-02-07 06:24:41

お礼

「人の道」に至るのは、簡単なことではないんや。
「人の道」に至るには、真理を探求せんとする強く正しい意志を必要とするからや。
そのためには坊主の考え出した供養とか何とか、そーゆー形ばかりのものに拘っておっては真理の探究はできんし、世界は進歩せんのや。
格好良すぎるとか何とか、そーゆー問題ではないんや。
 

投稿日時 - 2011-02-06 19:10:01

ANo.21

>憲法で保障する信教の自由は完全に崩されたことに等しい
ないで。自由なんぞ
どっかの国では、昔の日本みたく、焼かずに海に流す供養しとったら
先進国から激しく非難・・じゃなく、ご指導されたとか、どうとか・・
葬儀、埋葬、仏壇、残した財産、なんもかも本人の意思なんぞ・・
遺言なんて残しても・・相続の権利だのなんだので、
やりたくない奴に持っていかれる。
自由なんぞ、どこにもない

同時に、どう死ぬか、の自由もない
言葉が使えなければ、されるまま、どんなに苦しくても、痛くても

昔、死にそこなった時に言われた
そこらで死なれちゃ困る。

>供養という言葉は、本来、生きている人に対して使われる言葉です。
今の日本・・これ、どこ行っちゃったんだろうね~。
生きてる人は、どんなに必要でも
養生すんのは「ぐうたら」と言うらしい。
ほんとの、ぐうたらと、そうでないのとの区別もできん。


こぉ~ゆ~のを考え始めると
止まらなくなりそうなんだが・・

たいていはこのへんで、お邪魔虫が出てきそうなもんだが・・

自由に書かせてもらいまして。
おぉ~きに♪

投稿日時 - 2011-02-05 15:58:32

お礼

>同時に、どう死ぬか、の自由もない
言葉が使えなければ、されるまま、どんなに苦しくても、痛くても

現代医療ちゅーもんは元々そーゆーもんや、全てが金儲け、諸行無常の至りや。
真理を探求すればこの現代医療が如何にアホらしいもんかちゅーことが判ってくるんや。


>供養という言葉は、本来、生きている人に対して使われる言葉です。
今の日本・・これ、どこ行っちゃったんだろうね~。

わしはずーっと言うとるんや、坊主のせーでこうなったと。
 

投稿日時 - 2011-02-06 01:41:03

ANo.20

最終章に入られましたね。g3452sgp様 こんにちは。
bragelonne様 v4330様お久しぶりです。

供養という言葉は、本来、生きている人に対して
使われる言葉です。

空腹の人あれば、食べ物を差し出し、足元が暗い人あれば
明かりを持って側に立ち

お金が必要な人あれば、お金を渡して、使っていただく。
これが供養の本当の意味です。

死んでから、急に、「おいたわしい」とか
「供養させて下さい」だとか来られても

死んだ人にしてみれば「あんた誰?」て、なります。

供養が、いつから死者に対してのみ、使われるようになったのか?
そこには坊主の企みが見えますね。


本題は死についての問答でした。

死を説くは、これにてお別れを意味しますね。

死をもって、生きるを説く者あり。
生きるをもって、死を説く者あり。

私は、これまで、死については{ 未だ成らず }と
申し上げて来ましたが

問答に参加したからには、何かしらの答えを出さなければ
いけない気が、しましたので、自分なりに解いてみます。


外に在りて、内なるもの。 そこに在りて、そこに無きもの。
限りに在りて、無限なるもの。

死とは、パンニャの法にて大なり
永遠の慈愛にて、唯一不変のものなり。

よって、死、是即ち、問答無用と申すが如し。
是即ち、”空”なり。

空 には色々な意味が有る(無い)そうです。
少ない知識を、振り絞って考えましたが、これしか思いつきませんでした。

なんか頭の回転が遅いです。お金の計算なら、早いんですけど ^^
欲でしょうか。

投稿日時 - 2011-02-05 15:11:53

お礼

 
>供養という言葉は、本来、生きている人に対して使われる言葉です。

全くそのとーりや。
ところがこの本来の供養を坊主がよってたかって捻じ曲げた挙句、いつの頃からか死んだ人間を奉る行事になってしもーたんや。
くそ坊主どものせーでこーなってしもーた。
全て悪いのはこのくそ坊主、信長の時代以来ずーっと変わっとらんことや。

それとなー、
死は{ 未だ成らず }ではのーて、{ 既に成った }でえー。
 
あとなー、
生きとる人間が死ぬとき、次のように変わり、最後に無になるんや。

  生 → 空 → 無
 

投稿日時 - 2011-02-06 01:19:38

ANo.19

>生きとる人間を大事にせーちゅーこと


生きている人は死んだ人を大事にします。
これは生きている自分自身の心を安寧にするためです。
これ生きている人間を大事にしていることです。したがって

「生きとる人間を大事にせーちゅーこと」equal「死にとる人間を大事にせーちゅーこと」

なのであ~る(o^∇^o)

投稿日時 - 2011-02-05 14:18:28

お礼

 
あのなあ、
生きとる人間を大事にするちゅーことは難しいんや。
もし生きとる人間を大事にすることが出来たら、そいつが死んだ後はもーどーでもえーんや。
死んだ本人も生きとる間に大事にされたら、死んだ後のことなどどーでもえーと思うもんや。
生きとる人間を大事に出来んもんが、死んだ後のことをとやかく考えるんや。
 

投稿日時 - 2011-02-06 00:47:45

ANo.18

 No.17です。

 ★ ~~~~~~~~~~~
 《大事にする》ちゅーのは格段難しいことではないはずやが。
 人を大事にするとは人の基本的人権を尊ぶ、人の価値を認める、人の自由を認める、そーゆー当たり前の事ではないんか。
 ~~~~~~~~~~~~~
 ☆ まったくおっしゃるとおりです。
 と同時に 実際には 順番ちゅーものがあるのとちがうんかな。

 たとえばすでに結論づけるような言い方をすれば
 ○ 相手を自分よりも一秒ほど先に気づかう。つまり《大事にする》。
 ☆ といった考え方が持たれます。具体的にはです。《ゆづる》という方法ないし思想です。

 ところがこれも なかなかむつかしいように思うんです。
 一歩あるいは半歩ほど相手にゆづったら もうじゅうぶんなのか?
 特に利害関係で対立する相手である場合には どうするか?
 そのとき 互いにどちらも個人であるだけではなく 組織の一員として行動しなくてはならないときには どうか?

 あるいはたとえば ひとの回答に対して 《無用でしょう》とのみお礼欄で答える人間について《その基本的人権を尊び その価値を認め、その自由を認める》ことと そのいわば無礼をたしなめることと どちらもじゅうぶんに表現して行かねばならない。と思われるとき どうするか?
 
 いったいどうひとを大事にするか?


 あるいはまた たとえ麦の中に毒麦が生えて来ても その毒麦を引っこ抜くときに麦もいっしょに抜いてしまいかねないというので 収穫のときまでそのまま生かしておくようにという命題があります。とは言うものの 実際にやろうとすると むつかしい。どうやればよいのか。きわめて試行錯誤の連続であると思われます。

 こういった或る意味で悪戦苦闘を 一人ひとりがじっくり大事に取り組んで生きて行くなら もう仮りに どこかで死者が出たとしても そのような悪戦苦闘の努力そのことで その死者を厚くほうむることが出来ている。かに思われます。
 そういう世の中のあり方を――実際の行動はむつかしいのですから―― いつも人びとが互いにその努力を振り返ったり話し合ったりして互いにさらにあたらしい知恵を出し合っていくのがよいように思います。そういう死者の扱い方を間接的にやれていればよいと思うのですが・・・。
 

投稿日時 - 2011-02-04 21:41:18

お礼

 
生きとる人間を大事にすることは、死んだ人間を供養することより遙かに難しい。
だからわしは生きとる人間を大事に出来れば、死んだ人間を供養する必要は無くなると言うとるんや。
それ以外に何か答えが有るんか。
 
 

投稿日時 - 2011-02-06 01:57:53

ANo.17

 こんにちは。

 ★ 生きとる人間を大事にせーちゅーこと、
 ☆ この命題について実はいろんな考えがあります。《大事にする》その仕方つまり中身ですね。慈悲だの愛だのあるいはそんなものはまやかしだだの。

 この中身を一人ひとりがそれぞれ決めていわばその世界観を形作る態勢が出来たとき 死をどう考え死者をどう扱うかといった問題について たぶんおのづから 答えが出て来るものではないでしょうか?

 そういう順序で話しをすすめるのが よいという考えを持ちますが どうでしょう?

 つまり そのような世界観が決まらなければ 葬式仏教だろうが何だろうが 従来のやり方に いやいやながらも従って生きることになるでしょう。

投稿日時 - 2011-02-04 14:33:44

お礼

こんにちは、bragelonneさん。
巷では皆あんたのこと立派やと言うとる。わしもそー思う。

しかし、あんたほどの人がなぜこのよーな簡単なこと訊くのかよー判らんのや。
《大事にする》ちゅーのは格段難しいことではないはずやが。
人を大事にするとは人の基本的人権を尊ぶ、人の価値を認める、人の自由を認める、そーゆー当たり前の事ではないんか。
 
 

投稿日時 - 2011-02-04 20:37:39

ANo.15

>後5年も経てば、世の中すっかり変わりそんなこと言うとるあんたはすっかり取り残されて浦島太郎になっとるかも知れんのや。

・・・5年じゃ・・無理だとおもうよ。
50年・・100年くらいは必要かも・・
それでも無理かもしれない・・って思ってしまうくらいに、
田舎の風習というか・・すごいのよ。
だから尚更、墓なんぞに入りたくない!!って、思ってしまう。
けど・・現実は・・・だから
たてまえ・・も、持ち続けていないと、周囲とうまくいかない。

おまけに現代では、人を灰にしても、勝手に海に撒いては・・いけないらしい。
お役所に申請しなければ・・
田舎では、このお役所に申請した時点で、村中に噂が広がることを覚悟しなければ・・・
こわいよぉ~~!!

そんなこんなを 見れば見るほど、長生きしたくないなぁ~って
思ってしまう。
しかし、同時に、どう死ぬか?
と、考えてしまう。
運動嫌いの私は、まず、寝たきりになる可能性大!!
やだなぁ~~!!

とか・・考えていると・・現代は医療も随分進化しているが・・
時々・・そこまでするの・・・と思う時もある。
死して尚、他人の役に立つ人は、少なくない。
(臓器提供、献体・・・)
もちろん、生きているうちにいろいろ残す人も多いが・・・
とりあえず・・・体
医者が医者になるには・・・人、の助け無しにはなれない。
時には、
*自分が医者になれたのは”献体”してくれた人のおかげ
だから・・今、自分の親の死を前に・・親の体を・・・
自分が全部見届け後は元通り綺麗にするから
と・・親族、兄弟姉妹を説得しようものなら・・
なんて酷い子どもだ!!
と言う奴は必ずいたり・・
本人が一番辛いのに、追い打ちかける・・・

90にもなろうか?ってなお年寄りが風邪をこじらせて
「奇蹟的に助かってよかったですね」
しかし・・徘徊もはじまり・・
畳の上で用をたす・・・
介護に疲れて、家族崩壊


生きる

って・・何だろう?
死ぬ自由の無い、自由な世の中

自分が寝たきりにでもなったら、
病院でも、施設でも、迷わず入れてくれよ!
毎月面会なんて、無駄なことすんなよ、
自分の家族を最優先にするんだぞ!

子どもに・・ふと、言い聞かせ・・・

人は皆・・何の為に生きてるのかな?

身近でも、首吊った人もいる、
癌で亡くなった人も

最期に・・笑って逝かれる人は
あまりにも・・・少ない。

私は・・笑って死ねるだろうか???
それとも・・・苦しみ抜いて???
最期の瞬間に思い出すのは・・楽しいことかな???


あいや・・いつもこんなこと考えてるわけじゃないぞ!!
でも、時には・・考えてもいべさ。

投稿日時 - 2011-02-04 09:09:23

お礼

 
>田舎の風習というか・・すごいのよ。

田舎の風習とか何んとかそんなことはどーでもえー。
大体なー、田舎ちゅーのは甘えがあるんや、国に対して。
これからは地方自治の時代なんや、田舎も地方もよー考えなあかんのや。
そーでないと日本はもー滅びるしかないんや。

>おまけに現代では、人を灰にしても、勝手に海に撒いては・・いけないらしい。

もしそーであれば葬儀の仕方まで役所の許可えなあかんちゅーことになるな。
葬儀の仕方を役所が取り仕切ることはできんはずや。
もしそーなったとしたらこれはもー重大な人権侵害なんや。
憲法で保障する信教の自由は完全に崩されたことに等しい。
そんなことは絶対にあってはならんと言うとく。

>しかし、同時に、どう死ぬか?と、考えてしまう。

なぜどう死ぬかなんちゅーこと考えなあかんのや。
わしにはさっぱり判らんのや、その辺りが。
どーでも自分の死にたいよーに死ねばえーんやないんか。
そーではないんか。
 





 

 

投稿日時 - 2011-02-04 19:45:37

ANo.14

>わしが死んだら墓も作らんでえー、葬式も供養もせんでえー、わしの骨は全部太平洋にばら撒けと。
さすが鄧小平は偉大やと思うた。

私が「生きている人間が納得」と云ったのは葬式やら埋葬やらをする家族だけの話では無い。
都会では希薄になっているが田舎だとそうもいかない。
例えば夫が死んで妻が遺言通り墓も造らず骨を海に撒いたとしよう。
しかし夫の両親は怒り心頭なんて話は幾らでもある。
たとえ親族が納得して遺言通りにしたとしても今度は狭いコミュニティの田舎では「あそこはまともに葬儀もしない」と後ろ指を指される。
そうなると生きている方はそれを跳ね返すだけの気力があれば良いが、普通は年寄りばかりなので辛いばかり。
俺の墓は要らんと云うのは簡単だが、残された方はたまったもんじゃない。
偉大でも何でもなく単なる我儘。

実際私の家内の身内の死でも通夜、葬式の料理の質から初七日、四十九日と都会では有り得ない「本当に七日」たってやらなければ周りからとやかく云われかねない(実際に云っている人がいた)ので義母は頑張ってやっていた。
そんな現状を全く知らないから呑気に云えるのだ。
個人的には死んだら霊とかの存在は全く信じていないので「無」だと思っているが、現実はそうも行かない。

まぁ回答者へのお礼を見る限りでは理解出来ないようだけど。

投稿日時 - 2011-02-04 00:40:21

お礼

 
この世界は常に移り変わるもの、無常なる世界や。
あんたが言うそんな古い世の中が何時までも続くと思うては間違いや。
後5年も経てば、世の中すっかり変わりそんなこと言うとるあんたはすっかり取り残されて浦島太郎になっとるかも知れんのや。
しかし形や権威に捉われることのない心は世の中がどー変わろーと常に成り立つんや。
 


 

投稿日時 - 2011-02-04 07:23:13

ANo.13

削除されないように、一応マジレスしておくよ。


当方の立場は明確。

質問者が
>皆はどー思うか聞かしてくれ
というので、以下の点を回答した。


(1)そもそも、それは価値観の問題で、供養するもしないも自由ではないか。

(2)質問者は「供養は要らない」という確たる信念を持ちながら、あえて質問の体をとってその信念を主張する。その態度はこの質問だけでなく、全ての質問に一貫しているが、それは、真理を追究する態度というより、絶対的信念を頑なに曲げない「宗教の信者」のそれに似ているのではないか。

(3)結局、質問者の態度は、自分の否定する価値観を裏返した形でみずから実践しているにすぎないが、質問者自身はそれに気がついていない。

投稿日時 - 2011-02-03 18:21:24

お礼

人の抱く信念が固いちゅーのはその人の思想や哲学が一貫しておるちゅーことは言えても、これを即座に「宗教の信者」に似ておるとか、宗教と結び付けるような言い方はすべきではないんと違うか。

これを宗教と結び付けようとする背景には、そー申す者が既に宗教は悪しきものであるちゅー考えを抱いておる証拠ではないんか。わしにはそー思えてならんが、どーや。

こーなるとそーゆーあんたの態度こそ、自分の否定する価値観を裏返した形でみずから実践しているちゅーことにならんかね、もし。
 

 

投稿日時 - 2011-02-03 20:34:23

ANo.12

>別に押し付けてるわけでないしぃ~

ほら、信者が登場したW
「真理の探究」なんていうと聞こえがいいんだけど、つまるところ自分の価値観に沿った回答しか認めたくない、ってことでしょ。

供養するもしないもその人の価値観次第。
それこそ、質問者に押しつけてるわけじゃなし、迷惑をかけなきゃめいめいが勝手にやればいいことでしょ。

真理を探究する人とその信者には、馬鹿にでもわかるそんなことも理解できのかな。
真理をうたう何たら学会そっくりで、立派な宗教的態度だわ。

投稿日時 - 2011-02-03 17:52:44

お礼

 
あのなあ、言い忘れたことがある。
わしのこと何たら学会そっくりちゅーのは途方も無い思い違いや。
わしのこと何たら学会そっくりちゅーのはちょーど糞と味噌を一緒にするよーなもんや。
当然、わしが味噌で学会が糞や。
 

投稿日時 - 2011-02-06 20:14:23

ANo.11

>なんで同工異曲の質問(というか、質問ふうのしょうもない脳内会話)を何べんもこのカテに投稿して、自分の考えを広めたいの?
>自分でできることだけで満足しない。人が自分の価値観に完全に同調しないと気がすまない。
>そんな質問者のやっていることは、そのまま宗教にみえるけどね。

別に押し付けてるわけでないしぃ~
回答者を罵倒したり、非難してるわけじゃないし~
ええんでないのん?
楽しんでる、私みたいのんもいるし~。
9の人のほうが、よっぽど、感じわるいよぉ~!

投稿日時 - 2011-02-03 11:03:36

補足

 
パチパチパチ (^_^)

投稿日時 - 2011-02-03 12:52:36

お礼

パチパチパチ (~_~)

投稿日時 - 2011-02-03 11:17:17

ANo.10

私の弟子が失礼したっちゅー話を聞いたがここでええのかの?
弟子が言いたかったことはあれや。
供養せんでもええけど覚えとったらんとあかんゆーことやろ。
でも無になるっちゅーのは同感やわ。
死んだらどうせ現世におらんのやから生きとる人間は大切にせなあかん。

投稿日時 - 2011-02-03 10:30:39

ANo.9

供養がいやなら、別に自分がしなけりゃいいだけでしょ。

なんで同工異曲の質問(というか、質問ふうのしょうもない脳内会話)を何べんもこのカテに投稿して、自分の考えを広めたいの?

自分でできることだけで満足しない。人が自分の価値観に完全に同調しないと気がすまない。

そんな質問者のやっていることは、そのまま宗教にみえるけどね。

偉そうに書いてるあなただって、なにかに相当どっぷり浸かってるじゃない。

逆に訊いてみたいね、質問者はここで「死んだら無教」の教祖になりたいわけ? それとも「供養いらん教」かな。

投稿日時 - 2011-02-03 08:48:32

お礼

問答=脳内会話か、ハハ。
そのフレーズ気に入った。
もし漬かっとるものが有るとすれば、それは真理の探究かな、ハハ。
そして問答は続くと、こーなる訳や。
 

投稿日時 - 2011-02-03 12:48:38

ANo.8

「供養」と言う行為が、生きている人間にとって、何らかの意味が
ある場合、無駄ではないでしょう。

例えば、先生の遺志を受け継ぐとか。

投稿日時 - 2011-02-03 06:10:59

お礼

 
先生の遺志を受け継ぐのは、供養せんでもできる。
 

投稿日時 - 2011-02-03 06:57:06

ひとりごと・・・
どっちかというと・・霊魂ってものを信じていない派です。
昔・・死にかけたことがあった。
完全には死んでいなかったので、死んだとは言えないのだろう
眠っている・・ってのとは違う感覚
というか、感覚も何も無かったのだけど・・・
助けられて・・目が覚めた時思った
死んだら・・何もないな。

投稿日時 - 2011-02-03 00:20:35

お礼

 
>死んだら・・何もないな。
その通り、死んだら何も無い、無になるだけや。
その方がえー、死んでも生き続けるなんちゅーことは考えんほうがえー。
 

投稿日時 - 2011-02-03 06:47:15

No2から・・・
>どちらも生きている人間が納得するため。
供養する・・・ってのは
死んだ人に対して負い目があるからだろうか?
と・・ふと思ったり・・・
死んで尚「人間」の為に貢献する・・時にはさせられる・・
人もいる。ありがたいことなのだろう、
「人間」の為に、役に立ってるのだから。
だけど・・そこまでする必要があるのだろうか?と・・
時々考える。

時にはこういうことを考えるのも良いもんだ。
ありがとさん。

投稿日時 - 2011-02-03 00:11:47

お礼

 
>時にはこういうことを考えるのも良いもんだ。

わしも時々こーゆーことを考えるんや。
そこで判ったことは、真理を探求すれば供養などせんでえーちゅー結論に達するんや。
 

投稿日時 - 2011-02-03 07:17:05

ANo.5

この問答は 霊魂は実在しない ないしは 死後霊魂はこの世に存在しなくなる というのが前提のようですが… 私の知人のいわゆる霊感の強い人は 日常的に亡くなった母上と会話している由です(昼間起きてる時でも) 私自身の経験としては 昔付き合っていた女の子(普通の女子高生)がユリゲラー(年配には懐かしい名前!)のテレビ放送の指示に従ってスプーンを90゜曲げるのを見たぐらいですが もし霊魂が実在するなら そして少なくとも<念力>は実在するので いつかは科学が追い付き 霊魂工学・念力工学のようなものが成立する日が来ると思っています 「供養」を亡くなった人が喜んでいるかは 知人に頼んで亡くなった母上に伺ってみますね!

投稿日時 - 2011-02-03 00:09:11

お礼

あのなあ、
イカサマにもやってえーイカサマと、悪いイカサマがあるんや。
例えば手品師が見せるトリックちゅーのがある。
これはイカサマの一種と言えるが、これは高度な腕の技術、人間の目の錯覚を含め五感の性質をふるに利用して織り成す芸術品なんや。
しかし手品師はスプーン曲げなど決してやらん。
なぜならスプーン曲げには高度な腕の技術は必要なく、一方恥を捨てなー出来んのことなんや。
わしは霊魂とか念力とか語る者はまず人間として信用せんことにしとるんや。
 

投稿日時 - 2011-02-03 07:01:33

人は忘れられた時が本当の死なんや。
つまり忘れなければ生きとるちゅーこっちゃ
生きとったら大切にせなあかん。
これすなわち人の道や。

投稿日時 - 2011-02-02 23:20:04

お礼

あのなあ、一つ言うとく。
生きとる人間ちゅーのは、枕を並べて一緒におねんね出来る人のことを言うんや。
 

投稿日時 - 2011-02-02 23:38:18

>生きとる人間を大事にせーちゅーこと
これには大賛成!
>人が死んだら供養などせんでもえーから
立て前・・・供養しないとはなんたるばちあたり!!
けど・・自分が死んだら・・・何もしてほしくないな・・
矛盾です。
でもって自分が死んだら、早く忘れてほしい・・

しかし!!
やっぱ人が死んだら、供養の気持ちは持ちましょう!
その人の「死」から学んで、
生きている人を大切にしましょう!

と、今は言いたい。

投稿日時 - 2011-02-02 22:44:58

お礼

 

坊主は死んだ人間を供養もせんと忘れたら、成仏できんとか、化けて出てくる、幽霊になってその辺を徘徊するとか言いまくっとるが、本当は坊主自身そーは思うとらんから心配せんでえー。

ただ坊主もおまんま喰わんといかんので、いろいろ策を練らなーあかんのや。
その結果が供養せーちゅーことや。
ただそれだけのことなんで余計な心配はいらん。
あんたが言うよーに人は皆死んだら何もせんでえーから早よう忘れてくれと望んどるんや。
 

投稿日時 - 2011-02-02 23:05:31

ANo.2

葬式も供養も死人のためにあらず。
どちらも生きている人間が納得するため。

投稿日時 - 2011-02-02 22:38:10

お礼

 
かつて鄧小平は言うた。
わしが死んだら墓も作らんでえー、葬式も供養もせんでえー、わしの骨は全部太平洋にばら撒けと。
さすが鄧小平は偉大やと思うた。
 

 

投稿日時 - 2011-02-03 07:27:19

ANo.1

 
問う人:
人が死んだら供養などせんでもえーから、生きとる人間を大事にせーちゅーこと、皆はどー思うか聞かしてくれ。

「人の道」:
死人に金を使うのはバカらしい、生人が楽しもう!!
 

投稿日時 - 2011-02-02 22:32:43

お礼

 
死人に金使うと生きとる坊主は喜ぶなー。
しかしそれはバカらしいちゅーことやね。
 

投稿日時 - 2011-02-03 07:20:51

あなたにオススメの質問