こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

組成式の解き方を教えてください

理科総合Aのテストでこの問題(イオンからできる物質の組成式)が100%でるということなので完璧に解けるようになりたいので解き方を教えてください。

基礎的な問題として
※この記号^の次に書いてある数字や記号は右上にあるものとする。
Na^+とOH^- の場合は+と-を消してNaOHとする。+と-がある場合は±で消すのでこれは分かりやすいです。
次が問題なんですが、Ca^2^+とCl^-の場合はどのようにしたらいいのでしょうか?この他にもMg^2^+とCl^-のように右上に数字がある場合なんですが、その数字がもう一つの方に移動する理由が分かりません。
Ca^2^+とCl^-は±でCa^2とClにして、このあとの数字の2が右の方の数字がついていた記号に対して逆の方に移動させてCaCl2
Mg^2^+とCl^-も±でMg^2とClにして、MgCl2とする。

ようするに右上についている数字はもう一つの記号の方に移動させて書けばいいのでしょうか?

投稿日時 - 2011-01-30 20:56:55

QNo.6486541

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

「±で消す」とか「数字が移動する」というように考えていては化学は伸びません。

(+イオン)と(-イオンは)は静電気的な力(クーロン力)で引き合います。
結合した結果、+と-の電荷が相殺されるのです。

Na+ & Clー → (Na+Cl-) →NaCl となります。

Mgは価電子が2個なので、2個の電子が取れやすいので2価の陽イオン
Mg2+になります。Na+の2倍の+電気を持っていると考えてください。

これも、-イオンであるCl-と結合します。
Mg2+ & Cl- → (Mg2+Cl-) → (MgCl)+
このとき、Mgの+電荷は2,Clの-電荷は「1なので、1:1の結合では
+電荷が1つ余ります。ですから、ここに、-イオンがもう1つ付くのです。
(MgCl)+ & Cl →(ClMgCl) → MgCl2
Mg1個にClが2個ついたものをMgCl2(左下)と表します。

すなわち、全部の+イオンと-イオンの総和が0になるように合わせればいいのです。
Al3+ と O2- では、Al3+が2個で6+、O2-が3個で6+なので、
2Al3+ & 3O2- → Al2O3 となります。

また、NO3-、SO42- などの多原子イオンはセットでイオンになっているので、
数を合わせるときには( )を付ける必要があります。
 Cu2+ & 2NO3- → Cu(NO3)2

投稿日時 - 2011-02-01 10:05:51

ANo.1

例えばMgの右肩に2+と書いてあるのは、プラスの電荷2個を持っているということだと理解して下さい。一方Clの右肩にーとあるのはマイナスの電荷一個を持っているということなので、プラスとマイナスが釣り合うにはMg一個に対してCl2個が必要になります。これがMgCl2になる理由です。

投稿日時 - 2011-01-30 21:40:21

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-