こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

バドミントン

バドミントンでバックハンドが飛ばないので、手首を鍛えたいのですが、どんな方法がありますか?

家でも出来るものがいいです。

お願いします!

投稿日時 - 2011-01-06 22:11:33

QNo.6430157

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

再度回答させて頂きます。

先程の回答を書き終えた後に次のブログを見つけましたのでリンクを貼っておきます。もしよければ参考にしてみてはいかがでしょうか。僕の先程の回答よりも信頼できるかと思われます。失礼します。

ハイバックの打ち方
http://iinoism.blog.fc2.com/blog-entry-41.html
ハイバックの打ち方 その2
http://iinoism.blog.fc2.com/blog-entry-43.html

投稿日時 - 2013-01-29 19:18:50

僭越ながら回答を書かせて頂きます。

バックハンドショットに限りませんが、羽根を打つ時に手首を意識すると怪我をしやすいかと思います。言葉で言い表わす事が下手なのですが、足腰は言うまでもなく、背筋と腹筋のバネ、そして、肩から肘、肘から手の甲のしなりを活かすと、いいショットが打てるのではないかと思います。

羽根は軽いので、タイミングよく羽根をラケットの中心で打つことができるかどうかによって飛ぶか飛ばないかが決まります。筋力をつけたからといって良いショットが打てるようになるとは限らないということです。もちろん筋力は必要ですが、優先順位としては、まずラケットの中心で羽根を捕える練習が先になるかと思います。そして、筋力をつける段階に進んだら、バックハンドのためだけに特別に身体のどこかを鍛えるということではなく、フットワークのための足腰から、前述した腹筋・背筋、その他肩や腕の筋力など、バランスよく鍛えることが一番良いのではないか、と思います。(一般的には同時並行して練習するのでしょう。)
 
蛇足になりますが、僕は、出来るだけバックハンドを使わず、羽根の下に回りこんでオーバーヘッドで打つようにと指導されました。バックハンドでもオーバーヘッドと同じように自在なショットを打てる能力があれば別ですが、それはできなかったもので。

スポーツは怪我無く楽しくやるのが一番だと思います。怪我にはくれぐれも気をつけてくださいね。

失礼します。

投稿日時 - 2013-01-29 18:58:51

ANo.1

バド歴1年のkouhei124です。
僕は練習のときと家にいるときはパワーリストをつけてます。パワーリストは1000円程度で購入できます。あるていどつけてから外すとスイングスピードが上がりよく飛ぶと思います。試合前などに外すのがいいと思います。その他にダンベルを持ち上げると結構鍛えられますよ。

投稿日時 - 2011-01-13 17:45:44

お礼

ありがとうございます!!

投稿日時 - 2011-01-24 23:06:47

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-