こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

このキャラ知りませんか?(小説)

昔読んだ本で、すごく好きなキャラがいて、またその本を読みたいと思ったのですが、タイトルも何も思い出せません。

キャラに関する事も、ぼんやりとしか思い出せません。

次のことに当て嵌まるキャラが思い当たる方いたら教えて下さい。


・小説自体は推理小説かライトノベル。
・殺人鬼。
・少年。
・「赤」をイメージさせる名前だった気が…するのですが、はっきりとは分かりません。
・脇キャラ。「目立つ脇キャラ」でなく、本当に脇キャラ。
・ナイフを使ってた気が…するのですが、これもはっきりとは分かりません。
・作中で一家惨殺とかしてた気がします。…はっきりとは分かりません。
・作中でアパートかマンションにいる描写がありました。


こんな曖昧な記憶ですみません;;
推理小説やライトノベルで、殺人鬼の少年なんていくらでもいますが…

少しでも思い当たるものがあれば、教えて下さい。

投稿日時 - 2010-12-12 11:57:19

QNo.6379280

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

たぶん、違うと思いますが。。。

「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎作
に出てきたキルオ(本名は「三浦」らしい。)
・小説自体は推理小説かライトノベル。
?(原作を読んでおらず、映画をみただけなので。)
・殺人鬼。
○(連続殺人犯。)
・少年。
○(少年です。)
・「赤」をイメージさせる名前だった気が…するのですが、はっきりとは分かりません。
×(黒いコートを羽織っていし赤のイメージはなかったかと。まさか、
 「三浦」⇒「三浦 友和」⇒「赤い疑惑」⇒「赤」・・・いくらなんでも無理ですね。)
・脇キャラ。「目立つ脇キャラ」でなく、本当に脇キャラ。
△(個人的には途中退場するけど目立つ脇キャラと思う)
・ナイフを使ってた気が…するのですが、これもはっきりとは分かりません。
○(病院でベッドに寝て待ち伏せされていた患者に拳銃で撃たれるが、ナイフで殺す。
 主人公をそのベッドまで案内して亡くなる。)
・作中で一家惨殺とかしてた気がします。…はっきりとは分かりません。
△(隠れ家のアパートの持ち主一家を惨殺したように主人公は思っていたみたい)
・作中でアパートかマンションにいる描写がありました。
○(隠れ家のアパートへ主人公を連れて行く。)

投稿日時 - 2010-12-18 19:46:18

お礼

回答ありがとうございます♪

伊坂幸太郎さんの作品は好きなのですが、ゴールデンスランバーは多分まだ読んだことがないと思うので、違う気がします…

でも、私の思い違いかもしれないし、今まででは一番可能性が高いので、読んでみます!

ありがとうございました!!

投稿日時 - 2010-12-18 22:23:08

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

こんばんは。

いつを基準に、昔なのか分からないけど、次の本は当てはまりますか。

死なない男に恋した少女/空埜一樹著

小説自体は、ライトノベル。
殺人鬼の少女が出てきて、不死身の少年が出てくる。
ナイフを使っていたような気がする。

参考までにどうぞ。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/死なない男に恋した少女

投稿日時 - 2010-12-18 23:38:36

お礼

回答ありがとうございます!

初めて聞くタイトルですし、多分違うかと思います…

やはり、これだけの情報じゃ、なかなか見つからないものですね(・ω・`)

ありがとうございました♪

投稿日時 - 2010-12-19 14:01:29

ANo.4

戯言シリーズ?
シンボルカラーが赤いキャラがいます、ナイフ使う殺人鬼もいます、主人公はぼろアパートに住んでます。一応一巻だけは推理小説です。どうでしょう

投稿日時 - 2010-12-15 00:47:07

お礼

回答ありがとうございます!

戯言シリーズは愛読書のひとつですが、戯言のキャラだったら覚えていると思うので、違うと思うんです…

すっかりお礼が遅くなってしまい、すみません;;

投稿日時 - 2011-07-08 01:56:47

ANo.3

あの、そのキャラに関することだけじゃなくてどんなストーリーだとか、他にどんな人間が出てくるだとかなんでもいいんで他に情報ないですか?

投稿日時 - 2010-12-14 22:24:34

補足

それがさっぱり覚えてないんです…;;

書いてある通り、推理小説かライトノベルという事以外は何も思い出せません。


そのキャラがアパートかマンションの廊下だか階段だかを走ってたとか、そんな朧げな記憶しかなく…
↑これも、本当にその小説のことなのか定かじゃないです;;
他の小説とごっちゃになってるかもしれません。

投稿日時 - 2010-12-15 00:23:36

ANo.2

西尾維新の戯言シリーズかなと思うのですが。
名前ではないですが赤でいえば哀川潤で
その他のイメージからは零崎人識かな、と思うのですが
残念ながら二人とも脇キャラではなく主役級なんですよね。

投稿日時 - 2010-12-13 00:23:20

お礼

回答ありがとうございます!

戯言シリーズは大好きなのですが、戯言のキャラだったら覚えていると思うし、記憶では戯言シリーズではないと思うんです…。

零崎シリーズだったんじゃないか…とも思っているのですが、零崎シリーズの方でそんなキャラいませんでしたっけ?

投稿日時 - 2010-12-13 00:37:09

ANo.1

こんにちわ。
もしかして、東野圭吾の「赤い指」ではないでしょうか?
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/406276444X.html
直巳が少女を殺し、お母さんが直巳をかばううけれど、父親は自首を強く主張し、最後は痴呆を演じていたおばあちゃんが少女を殺したという話をでっちあげる(家族は痴呆だと思い込んでいた)。でも、痴呆のおばあちゃんが実は全てを見ていて、痴呆は演技だったので、真実を話す、というような内容の話です。

間違っていたらごめんなさい。

投稿日時 - 2010-12-12 12:58:21

補足

追記。

「赤」をイメージさせる…というのは、タイトルじゃなくてそのキャラの名前の方です。

緋とか朱とか、そんな感じの字が入っていた気がするのですが、はっきりとは分かりません…;;

投稿日時 - 2010-12-12 17:44:56

お礼

回答ありがとうございます♪

が、東野さんの作品はまだ読んだことがないので、それではないです…。

でも面白そうな話ですね。
東野さんの小説は前から気になっていたので、また読んでみたいです(^^)

ありがとうございました!

投稿日時 - 2010-12-12 17:42:30

あなたにオススメの質問