こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

外貨預金での通貨選び

外貨預金で米ドル 、ユーロ 、英ポンド 、カナダドル 、オーストラリアドル 、ニュージーランドドル があるのですが円貨を外貨に交換して年間利回りがマイナスのパーセンテージになる可能性は将来ありますか?なりそうにない外貨は6種類のうちどれですか?

投稿日時 - 2010-12-02 06:28:18

QNo.6357374

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

補足しますと、外貨預金のリスクには
為替手数料リスク(TTSで預け入れ、TTBで払い出す)
為替変動リスク(必ず今の為替水準に居るとは限らない。円高になれば当然赤字になり、円安になればその分黒字に)
預託先の流動性リスク(銀行が取付騒ぎになると外貨預金は後回しに)
預託先の倒産リスク(外貨預金は預金保険が適用外)
と大別されます。
銀行が倒産しないとは限りません。
普通の状態でも、為替手数料は預金利子より高めです。(通常長期に外貨で回す事で手数料を分散させるが、為替リスクが付き纏う)
外国債券は毎年手数料を証券会社に払いますが、これは数量不問の口座管理費。沢山買えば割安感が出ます(1000ドル程度だと高く感じる可能性あり)
ならば為替手数料が安い外貨MMFは如何ですか?
外貨普通預金より高い利回りと低い手数料。
もし証券会社が倒産しても外貨MMFの証券は手元に来ます(運用会社は系列でも別法人だからそこでストップする)
同じように外国債券にした場合も債券の国内保管業者の預かり証が来て、買い取り請求や本券払い出しに応じます。

投稿日時 - 2010-12-25 22:35:15

ANo.4

少なくとも全ての通貨で円高に向かう為、外貨預金よりは手数料の低いFXの1倍が無難です。
ある程度の期間、動かさないなら外国債券(外債)にすべきです。
私の友人が外貨定期に預け、リーマンショックに対応出来ず塩漬に。
外債の場合、円高差損に対して金利急落による債券価格急騰である程度の回復が出来ました。
ですから、金利のリターンを期待出来る豪州国債を検討するか、短期の為替差益を狙うFXかが無難です(一応使わない場合でもFX口座は開設し、約諾事項は更新しておくべき。万一の急落期に売建して対抗出来ます)

投稿日時 - 2010-12-07 19:01:34

ANo.3

質問者さんの言われている6種類の通貨は全て
マイナスになる可能性があります。
もちろんプラスになる可能性もありますが、
どちらになるかは賭けになりそうです。

外貨預金に限れば、中国元が良いかと思います。
日本でも外資系の銀行で預金できるようになりました。
一度、調べられたらと思います。

投稿日時 - 2010-12-03 09:15:05

ANo.2

外貨預金は全て元本割れのリスクがあります。

>円貨を外貨に交換して年間利回りがマイナスのパーセンテージになる可能性は将来ありますか?
>なりそうにない外貨は6種類のうちどれですか?

こんなトンチンカンな事を聞いている時点で、あなたが外貨預金のリスクについて理解していない事が分かります。
外貨預金のリスクを理解していれば、絶対に出ない質問ですから。

外貨預金は諦めるか、外貨預金について勉強し直す事をオススメします。

それか、損を覚悟で運を点に任せてみては?
6種類ならサイコロの目と一緒ですから、サイコロ振れば?

投稿日時 - 2010-12-02 10:34:07

ANo.1

よくいう話で、それがわかれば苦労しないということ。他人に聞くより自分で納得して選ぶべきです。そうすれば、後悔しないでしょう。

投稿日時 - 2010-12-02 09:34:26

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-