こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

孫への贈与 相続税と相殺?

 http://okwave.jp/qa/q6311553.htmlでは諸コメントありがとうございました。
 
 昨日税理士さんと1時間弱ですがお話しました。
 税理士さんは、「父(故人)名義の土地を母だけに登記変更すると、短期間に2回も登記変更することになる可能性が高いので(=無駄が多いので)、この際、子どもへの登記をある程度考えるべき」と母を目の前にしてキッパリ言いました。
 その根拠は、相続税は、「累進課税」なので、一気に相続し税金が増えることを最小限度に食い止めるため!とのお話でした。

 ところで、税理士さんからのお話で、「孫への贈与は、過去3年間にわたって、相続税と相殺されるので相続税対策として有用な一つの手段」というような話もあったのですが、私自身に知識が乏しいこともあって、正しく聞き取れていない可能性もあります。
 ご存じの方がおられましたら、説明頂けるとありがたいです。

 よろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-11-12 14:39:40

QNo.6314409

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

税理士とすれば、過去3年間を遡って
贈与された財産も相続の対象になるが、
支払った贈与税を相続税から控除できるというもの。
孫に限らず。

そもそも贈与税は税率高いので
相続対策としては、効果が薄いんですね。
財産がどの程度あるかによって、千差万別です。

今ある、財産額と配偶者の減税を天秤にかけ
将来を踏まえた、財産分割を検討ください。

今回、母親への持分を多くすればするだけ
来る将来、貴方と姉に相続する際の相続税は大きくなります。

投稿日時 - 2010-11-12 19:08:42

お礼

 ありがとうございました。

 そのようなお話だったような気がします。
 短時間であまりにも多くのアドバイスを受けたので、記憶しきれませんでした。

 お忙しい中、ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-11-12 19:57:29

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.2

え~と、過去質問を全部読んで、わかることは回答させてもらった者です。
なにか、物凄く勿体ないことをされてる気がいたします。
行政書士、司法書士、税理士と専門家への相談をされて、その際に「?」と思ったことをご質問されてると存知ますが、ネットでは「聞きかじりの知識をひけらかすだけの無責任な回答」もあり、またお聞きになりたいことが正確に伝わらないために、ああでもない、こうでもないという知識が耳にはいるだけのときもあります。
報酬が加算されてしまうかもしれないと心配されてるかもしれませんが、専門家に依頼されて回答を受けてるなら、徹底的に聞くべきです。
「判るように説明してください」といえばよいのですよ。

投稿日時 - 2010-11-12 18:18:55

お礼

 そうですね。
 ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-11-12 19:54:52

ANo.1

税理士へ相談するのであれば、アドバイスにはそれぞれの考えがあるので、理解できるまでよく相談することです。

登記がどうこうではなく、遺産分割協議などにより誰が相続するかです。
子に子どもなどがいなければ、不慮の事故で先に亡くなれば、赤の他人である嫁が相続する可能性もあるでしょう。

子が複数いて、一部の子だけにそのようなことをすれば、争いなどになるかもしれません。
円満な家族であっても、お金や財産が絡めば変わる場合もありますし、所帯などを持っていれば、それぞれの価値観も変わってくるでしょうね。

税理士はあくまでも税金部分だけでアドバイスをすることもあります。家族内については家族で話し合いが必要でしょう。

贈与税との相殺も、税率や基礎控除などが異なりますのでなんともいえませんね。次の相続が早く来ても相次相続(相次相続)控除(10年以内の相続の場合の税額控除)があるでしょう。また、贈与税の方が税率が高く基礎控除も低い中、相殺されるのは、相続税相当部分だけでしょうね。

1時間弱などで考えることではなく、家族会議をするべきだと思いますね。

投稿日時 - 2010-11-12 17:56:33

お礼

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-11-12 19:53:43

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-