こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

旧帝大学以外を大学と呼べますか

旧帝大学以外を大学と呼べますか
※ここでいう旧帝は旧帝+東工です。
侮辱、嘲笑、叱責を覚悟で質問します。
私は理系私立大学に在籍する門前小僧です。残念ながら受験に関しては失敗者と言わざるを得ず、(私の大学の学生は推定7~8割は上位国公立落ちの第2希望以下で入学しています)せめて、大学院くらいは…と某地方旧帝大学院への進学を生活の第1優先目標として現在それなりに努め、がんばっています。
この一種のコンプレックスを前向きにうまく生かせればいいのですが、全く駄目でどうしようもないときがあります。
その根底にあるのが自分の大学は大学と呼べるのかどうか(自分の中で一番良い表現をしても予備校、他にはもどきやなんちゃってなど…これ以上はほかの在学生、卒業生に対する失礼になるので差し控えさせていただきます)という下種の勘繰りで、昔から、まともな(こう言うと語弊がありますが)理系の研究者は旧帝大卒がスタンダード、もしくはある程度必要条件だと漠然と思っていたのですが、その考えがどんどん進み(研究の世界では)旧帝大以外大学でない、旧帝大生以外人でないと思い詰めるようになりました。
この精神とうまく付き合い、一心に勉めるにはどうしたらよいのでしょうか。

なお、現時点では厳しい道のりと自覚したうえで博士課程までの進学を希望しています(理由としてはその某大学の付属研究機関で行われているあるプロジェクトに携わりたいというのが第一にあり、更に他大院への進学の場合修士では意味がないと聞きかじった意見が後押ししています)

投稿日時 - 2010-11-08 22:59:39

QNo.6306541

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

さて、質問者さまがきちんと回答されているようなので再回答します。

最初に人ではなくなったので(別に最先端の研究しているわけではないが)、人でないものとして書きます。厳しくても人じゃないものの意見ですから。

まず、質問から。
まあ納得しない意見でもないのですが、人ではない、と言われてもあんまりショックを受けないのは、それなりに自分の研究に少しだけですが誇りを持っているからです。職場には、旧帝大出身者も多いし、優秀な人も多いです。自分の研究は自分がやっていくものです。指摘されたことは聞き、間違っていると思うところは指摘していきます。この中に、大学どうこうと言う話が出てくるでしょうか

続いて、一番大事なところ
あなたは何を目指しているのですか?
1.いい大学に入り、履歴をよくして、周りからよく思われ、コンプレックスを払拭することですか?
2.それとも、大学院を出て、博士の肩書きを持つためですか?
3.それとも、そのプロジェクトに参加することですか?

あなたの言ったとおりに、プロジェクトに参加し、博士号をとり、その後に何かみているのですか?
まあ、実家に帰って継ぐというのならそれもいいでしょう。

まあ、すこし落ち着いて書きますか
1.これは前も指摘したとおり、個人の感情の問題です。自分が思っているより、現状は自分のやっていることで評価されます。旧帝大に入っても、これは変わらないことです。逆に旧帝大の人の方が、期待が高いと思いますので、同じ仕事をしたら、感情的にはどっちが評価されるのでしょうかね

2.これも個人の自由です。まあ、博士号とれば名詞にDrって入れられますけどね。大事なのはDrがはいっていることではなく、Drの力を持っていることです。地方大でも、博士課程の人はほぼ日本語の文献と同じように英語の論文読んでいきます。前の回答者さまとでありましたが、英語は勉強するものではありません、必要なスキルです。中学校から英語を勉強しなかった俺(修士)でも、読んでます。(相当苦労しました、英語論文を普通に読めるまで勉強頑張ってください(いやみじゃないですよ、苦労したから思うんです)私のようなマイナーな分野でも、日本語の文献だけでは足りません。特に、日本人が書いた英語論文(日本語で書いてくれといいたくはなりますけど)は文法をしっかりしていて読みやすいけど、フランス人が書いた英語論文は読みにくくてしょうがなかったです。どんなに調べても、わからない単語もあったし(文意から意味はとりますが)まあ、書いている人にもよるのでしょう。全員そうだったわけではないですから。理系の論文は、ちょっと習う文章とは違うので慣れておくことが必要です。

で、大事なのが3
プロジェクトに参加したいといことなのですが、参加でいいですか?ファーストネームに載らないような形でもいいですか?
それとも、プロジェクトの一端を担いたいんですか?
前の回答で、再入学と書いたのは(編入でもよかったんですが、ドクターなら普通なら27歳、2.3年鎖なんてない)ある程度、大学生に入った頃から、プロジェクトを知り(他大生でも知っているようなら、大きなプロで最先端の研究なのでしょう)3.4年生のうちから研究室に入り研究しているわけです。そこに大学院から入って、机を並べて研究を担うためにはその人らと同学力を持っている必要があると思います。おそらく、努力で言えば、情報量が少ない分、院から入るほうが、努力必要でしょう。研究のトップ(多分教授)からみて、任せられるかが重要になってきます。大学院の入試とは、これは別物だと思います。あと、本気であれば、その担当の方にアポイントメントをとって、話してみたほうがいいです。どの程度の学力が必要なのか。どの分野を重点的に学べばよいいのか。読んでおいたほうがいい論文はどれか。大学、先生によっては意外と熱意を持っている人をみてくれます。少し足りないくらいでも、ドクター希望で、本気でやりたい気持ちが伝われば評価してくれるかもしれせん。とりあえずは、失礼にならないようその先生の論文とそのプロ関係の論文は読んでおきましょう。かじっている程度だと、多分マイナスですからね。

あと、研究が最先端、まあ、例えば昔本で読んで、スーパーカミオカンデに興味があったんですけど、あれって東大付属だったと記憶してます。自分もやってみたかった口ですが、レベル足りないし、それよりほかにやりたいことがあったのこっちを選びました。こっちは企業(というかお金)には結びつかない研究だったので、就職の窓口は狭かったですけどね(博士ほどじゃないと思うが)

最後に、頑張ってください。悩んだり苦しんだりすることは決してマイナスではありません。
自分が信じる道を進むのが一番だと思います。

投稿日時 - 2010-11-28 16:21:12

お礼

再度のご回答ありがとうございます。

非常にシニカルな文面ですね。まぁ、私の投稿そのものが旧帝大以外の出で現在頑張っている人たちを冒涜するような内容なので自分に原因があるのですが…軽率な言動に対しては度々申し訳なく思っています。

さて、ご指摘の点についてですが、1:これは潜在的なものを含めて大なり小なり自分の中に存在します。(受験を失敗と表現していますし)期待値が低いというのは良い点もありますが、向こう側から、門前払いというか存在を認めてもらえない可能性もあるような気がします。(あくまで勘ぐりですが)
2:Dr.は欲しいですが、これは目標というより大学へ残るための手段ですね。(1の入学もそうですが)論文に関してはScifinderやScience directで探して読んでみます。これは量をこなすしかないですね。
3:プロに参加するというのは、大規模なものなのでとりあえずは一端を担うということが目標になると思います。それこそ教授クラスでないとファーストネームにはならないと思いますし。

その後は最終的にアカデミックでゴールとなると教授になるのでしょうか。それで更にやりたいテーマができれば素晴らしいです。

自分が信じるというか、消去法なのかもしれませんが。(現所属学科に類似テーマなし、編入、再受験不可)今は我慢の時期で院で外部入学が(100点満点とは到底言えませんが)、1番なのかなとは自分も感じています。

投稿日時 - 2010-12-04 00:39:24

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(18)

ANo.18

再々回答

>非常にシニカルな文面ですね。まぁ、私の投稿そのものが旧帝大以外の出で現在頑張っている人たちを冒涜するような内容なので自分に原因があるのですが…軽率な言動に対しては度々申し訳なく思っています。

出来れば、コミカルなイメージでとって欲しかったけど(苦笑・・・
俺がいいたかったのは、ようはあなたの考えがどうであれ、私には関係ないってこと

正直、あなたが私をどうみてようが、私が私で私の仕事をしているってことです。
まあ偶然、配属された部署が研究部門だったから、成果が出れば学会にも出るでしょう。

これは、多分あなたも同じようにみられること。あなたがあなたであなたの仕事をすれば問題ない。
ただ、ドクターに行くのであれば、研究の一端を担うどころか、それに対する意見だってしっかりしなきゃいけない。ようは、他の方も指摘してるけど、言われたことをしているだけではダメで+αがなけりゃいけない。

いい例が思い浮かばないなんだけど、例えば、優秀な選手が、優秀な監督になるとはかぎらない。
優秀な人の下で学んだ方が必ずしも優秀ではないし、逆もありうるでしょう。もちろん優秀な人の下で学んだほうが優秀になれそうだから、別に旧帝大の方が優秀であることは否定しません。

院中退の私がいえることではないけど、本気でプロに混ざりたいのであれば、自分ならこういう方法を持って、このプロをやっていくぐらいの意気込みがないと意味がないと思うよ。

投稿日時 - 2010-12-15 21:42:03

お礼

1か月以上経過した後ですがありがとうございます。

コミカルに捉えるのは難しいですが、とにかく自分で何ができるのか何をするのかを考えて行うということですね。

3回も回答していただき本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2010-12-17 22:27:24

ANo.17

旧七帝大内部には、たしかに色んな面で“帝大にあらずんば・・・”的な選民思想が蔓延していることは事実です。
しかし、外部の人間がそのような思想を持つに至るプロセスが全く理解できません。
無駄で意味が無く、ご自身の今後の人生にとって足枷としかならない思いこみです。

投稿日時 - 2010-12-08 15:46:56

お礼

ご回答ありがとうございます。

確かに無意味かもしれません。(モチベーションの動機になれば若干違いますが)
やや、自虐癖があるようです。

投稿日時 - 2010-12-17 22:12:58

ANo.16

No.14です。

ダメな方の性格を知ってもしょうがないでしょう。「お勉強」じゃなくて「仕事」のできる人は、今はやりの言葉でいえば肉食系っていうんでしょうか、皆さんハートが熱いですね、頭はクールでも。

動機は何でも良いんだと思います。「教科書を書き換えるような発見をしたい」でも「ノーベル賞を取りたい」でも良いし、「東大教授になって東大生をこき使いたい」だって「金持ちになって女の子にもてたい」だって良いんです。とにかく、がむしゃらに頑張って競争を勝ち抜くことが重要です。質問者様だって「学歴コンプレックス」をうまくバネにすれば、頂点にのし上がれる可能性もゼロじゃないと思いますよ。要領が良ければ小手先の努力で東大入試ぐらいは何とかなるかもしれないけど、仕事はそんなに甘くない。1日25時間、週8日働く人が、結局は勝つんです。

ただ、その覚悟がないなら、博士課程には進まない方が良いと思いますよ。要領で旧帝大に入るような人は、勝者にはなれないまでも、敗者にもなりません。高学歴ワーキングプアになるのは、やっぱり要領の悪い人たちのようです。

投稿日時 - 2010-11-28 23:52:47

お礼

再度のご回答ありがとうございます。

1日25時間を週8日。つまり生きてる限りずっと学び続けるということですね。
最後の部分は、要領のいい人→無難な所に落ち着く。要領の悪い人→成功or失敗の2択とおっしゃっているのだと私なりに解釈したのですが、あっていますでしょうか。
もし、見当違いの解釈をしているのなら申し訳ありません。

投稿日時 - 2010-12-03 23:02:23

ANo.14

他の方も書いている通り、「勉強ができる」≠「研究ができる」です。

自分で言うのもなんですが、私は勉強はできました。しかし、研究はダメでした。今や、10歳年下の、しかも大学受験時の偏差値は私より10は下だったろうと思われる人に、研究費のお裾分けをして貰っている「学歴だけの人」になっています。思うに、私のような「優等生」的な性格では、研究にしろ営業にしろ、仕事では大した業績は上げられないのではないかと。どんな仕事であろうと成功している人というのは、皆さん何かもっと激しいものを持っているように見受けられます。

ただ、他の条件(性格や体力)が同じなら、英語も数学もできるに越したことはありませんし、条件のいい環境に居るに越したことはありません。頑張って勉強して、より序列の高い大学の院に進んで下さい。私に研究費を恵んでくれている人も、英語では苦労しているようです。

投稿日時 - 2010-11-20 02:30:21

お礼

ご回答ありがとうございます。。
英語は確かにやらないとだめですね。理系は特になおざりになりがちなので。

優等生的な性格とは何でしょう。なんとなくは伝わりますがイマイチピンときません。

投稿日時 - 2010-11-22 13:04:22

ANo.13

私も、非難を覚悟で書きましょう。

いわゆる旧帝国大学出身ですが、今は大学院大学化されていますので大学院への入学(進学、ではなく)の門は広いです。実際、「何でこんな大学出身の奴らが俺と同列のところに入ってくるの」と思うような奴が少なからずいました。

投稿日時 - 2010-11-17 07:24:54

お礼

ご回答ありがとうございます。
そのように言われると、門戸の広さが分かり、進学への希望が見いだせる一方、内部生がそのような認識で外部生を見ているのかと思うと、確執や区別が不安になり複雑な気持ちです。
入るだけでは意味がありませんから。

投稿日時 - 2010-11-22 13:01:14

ANo.12

wy1

とてもじゃなくて、私ならあなたを研究者とは認めませんよ。 第一に研究ないようなしに学閥?の一員たるを目指しているような感じを持ちました。それだけで、学問とは無関係の場にいる人だなと、、。

投稿日時 - 2010-11-16 12:41:10

お礼

ご回答ありがとうございます。

自分としてはやりたいこともはっきりしており、それをやりたいから目指しているつもりなのですが、自尊心が割と強いと思うので、潜在的ににご指摘のような感情を持っているのかもしれません。
だとすれば、ナンセンスです。

投稿日時 - 2010-11-22 12:55:13

ANo.11

あくまで参考マデ。
 志望校に行けなかったという思いは私も経験があり、何十年たった今でも少しは残っていますが、結局は仕方がないことなのです。そのときは敗者だったのです。ただ、その後の膨大な時間をうまく利用して挽回するしかないと思います。それに必要なのは目標設定です。大学名は変えられませんから、研究成果や人生の中で自分が大切にしたいものを目標にするのです。
 つまらないことを長く考えていると目標は達成できません。

投稿日時 - 2010-11-14 18:02:49

お礼

ご回答ありがとうございます。

確かに、どうしたところで、大学名は一生このままです。
結局、頑張るべき時に頑張られなかったのです。それを贖罪にしてやるしかない。
厳しいですが、それしかないのですね。

投稿日時 - 2010-11-14 20:10:04

ANo.10

考えたくなる気持ちがわからんでもないですが、あなたがもしアカデミックでいう研究という視点でみているなら大学名はぶっちゃけ関係ありません。

もちろん、有名大学や有名な研究室ならある研究をする上での機械や設備、人脈、研究費が存分にあるだろうし、そういう所のほうがいい結果がでると思うでしょう。そういうところで行われているプロジェクトというのは大御所になればなるほどプロジェクト体制、数年越しで大きいのを狙うわけで、学生の下っ端はしょせんその一端を担うにしかすぎません。かりにあなたがすごい苦労したところで、結局論文の功績は主たる研究者にとられるわけでそういう意味では「あなた自身の研究」という印象からは程遠いかもしれませんよ。もっとも、「なにもわからないからおしえて~」とかいうのであればいいでしょう。

しかし、私は本来の研究の醍醐味というのは「自分でテーマ設定をし」「そのテーマにうまいアプローチをしする」という点に限ると思います。小さい研究室であればある程、インパクトや規模は小さいかもしれないが、いいアイデアがあればやらせてくれることも多く、またテーマが個人個人だったりする場合ってないですか?要するに、自分で頑張ればそれが結果になったりする可能性があるわけです。

大学から受けられる知識や技術なんというものはそもそも限られてますし、教科書的なものだって一冊有名なものを読めばあとは最新の論文やレビューを自分で追っていくことが求められますよね。研究だって、「良いテーマだな」と思うものが必ずしもお金のかかったものとは限らないですし、むしろオーソドックスな中でいかに個性をだしたかという研究のほうが面白くないですか?学生なら特にそういう経験というのは、将来独立してテーマを考えていく時などにもすごく生きてくるでしょう。

極端な話100万もらってそれを200万にする自信がなければ2億円もらっても結局一緒ということです。「2億円ならいろいろできる」と思うかもしれませんが、仮に100万をどうしたら200万になるかを考えられなければ2億あったってなにもできないよ、というようなことです。なら、まずは目先の100万で最高のパフォーマンスをあげること、いいかえるとお金の大小よりもどのようなテーマだろうが限られた範囲できちんとしあげる計画をする、そしてそれをやりきるだけの自信をつけることです。

極端に言ってしまえば、世界規模で先端分野の研究を見てしまえば日本なんてそれこそ東大、京大+αの一握りしか対等に勝負できるような研究環境にないわけで、かれら以外は意味がないかと言ってしまうことになります。当然そんなはずはなく、中には面白い研究をしている先生はいっぱいいるわけですよね。

で、あなたは今の自分研究が、仮に別の人がやったとしても越えられないといえる程度までやったといえるのでしょうか?

投稿日時 - 2010-11-13 00:32:43

お礼

ご回答ありがとうございます。
確かに他人が越えられないほどやってはいません(その証拠にここに書き込む余裕があるわけですから)
100万と2億はかなり上手い例えだと思います。ファーストオーサーにならなければ、「他」になってしまうわけですし、小さい研究室にも利点はあるというのもうなずけます。

投稿日時 - 2010-11-14 17:57:56

ANo.9

もし修士で、就職するというなら、どこの大学(大学院)を出たかはそれなりに重要な意味を持つのでは思うのですが(修士から上位の院に進学するのは、就職を考えればやはりプラスだと思います)、
博士課程まで進学して研究者の道に進むというなら、大学名は実際、まったく関係ないですよ。
研究者の評価は、学歴ではなくて、業績(論文・学会発表、というか研究成果そのもの)で決まるので。
これは、建前ではなくて本当にそうです。
実際問題、勉強ができる=研究成果をあげる、では必ずしもないわけで、研究者の世界に入ることは、それまで頑張って得た学歴というヨロイを捨ててゼロから競争しなおすことになりますね。

研究者にとっての学歴は、例えるなら、ミュージシャンがどこの音大を出ているか、と同じですかね。ミュージシャンの評価にどこの音大を出ているかが、どれくらい関係すると思いますか?

投稿日時 - 2010-11-11 01:39:52

お礼

ご回答ありがとうございます。
上に行けばいくほど、学歴は関係ないですか。私はミュージシャンにとっての所属事務所くらいには思っていました。
逆に修士だと関係してくるんですね。

投稿日時 - 2010-11-14 17:48:23

ANo.8

まずは、覚悟といっていますが、大学院くらいは…とおもうより、また受験して旧帝大に入ろうという発想はないのかな。勉強はしてるとも思うけど、それだって大学院入ってからついていけるか、というのは、また別問題だと思うけど。例えばだけど、そのやりたいところの学生と、ディスカッションというか、その先生を唸らせるような質問できるようなレベルまで自分を上げていかないと、大学院に入ってからも苦労すると思うよ。

>理系の研究者は旧帝大卒がスタンダード、もしくはある程度必要条件だと漠然と思っていたのですが
ということには、別に否定もせんけど(まあ、漠然とというのがひっかかるが、ちゃんとした理由があれば少しは反論減るかもしれけど)先に行けば行くほど(まあ簡単に言えば、修士→博士)個人の資質が重要になってくるだろうし、逆に言えば、地方だろうが私大であろうが、個人がその力量を持っていれば、いいだけの話なんだから、とにかく勉強するしかないよ。それと、自分の大学が予備校だろうが、なんだろうが、別に自分を卑下するのは自分の自由だからかまわないけど、それで、自分のモチベーション下げてちゃ意味がないでしょ。厳しい言い方かもしれないけど、それで勉強できないようであれば自分はその程度だと(もちろん自分もそう思ってるけど)、じゃないと、大学院いってからも、社会いってからも、結局はやりたくないことやってるから、考えすぎて出来ない、じゃ、通用しないと思うよ(自戒を込めて)。もし、自分の大学のレベルが知りたいなら、その大学の先生や学生が書いた論文みて、うわぁ結構すごいことやってるな、なり、いやいや、自分ならこういう試験の組み立て方をするななり、みてから判断するほうがいいと思うけど。

あと、
>現時点では厳しい道のりと自覚したうえで博士課程までの進学を希望
ということだけど、おそらく本当に厳しいと自覚するのは、大学院入ってからのほうだと思うよ。多分、今想像しているより、もっと厳しい、言葉で説明しても今ならわからないと思うけど、入ってみればわかると思う。博士まで行こうと思うなら、本当にいろんな覚悟が必要だと思うよ。

まあ、人生なんて一部の人を除けば、大体思う通りにいかないもの。自分だって悩んで悩んで悩んだことも多々ある。自分の場合は悩むのが癖みたいなもんだから、逆に一時間くらい悩んで悩んで死にたくなるくらい悩んで、綺麗さっぱり忘れることにしてる。(というかした)挫折のない人生なんてないんだから、思い切ってやりたいようにやってみればいいんじゃないかな。

投稿日時 - 2010-11-09 23:41:33

お礼

ご回答ありがとうございます。

確かに、私の知っている大学院での生活は人から伝聞したり本を読みかじった程度のものですから、実際経験していない以上現実とはほど遠いものだと思います。

自分の学習レベルについては門前小僧から少しでも脱却できるようにさらなる努力を重ね、○○大だから駄目と言い訳しないようにします。

投稿日時 - 2010-11-14 17:42:52

ANo.7

実用性のある青色発光ダイオードを開発した徳島大学大学院卒のカリフォルニア大学サンタバーバラ校中村修二教授がノーベル賞を取れば、そういうつまらない発想をする人は一般の人でも絶滅するでしょう。

投稿日時 - 2010-11-09 20:38:53

お礼

ご回答ありがとうございます。

そのような方がいるのですか。確かにその方がノーベル賞を取ればこのような考え方の人は激減するでしょう。

受賞の日を楽しみに待っています

投稿日時 - 2010-11-14 17:30:21

ANo.6

旧帝大生以外は人でないとは、なかなか言いますね~

ならば、あなたも人ではないですね。

もしかしたら、お母様もお父様もそうですね。

私の回答が誹謗中傷、というよりは、あなたの記事事態がもはや暴言です。


そういう方には、是非とも旧帝大には行って頂きたくないです。

研究だけで社会が成り立つとでもお思いですか?

研究成果を社会に還元する方々はほとんどが人ではないことになりますよ?

研究費や物品の調達からトイレ掃除に至るまでは誰がやるのですか?

すべて旧帝大の方々がやっているとでも思っておられますか?

日々の生活全般を支える方々は人ではないのですか?

大学に行く前に、いったん世間にでて修業された方がよいかと思います。

真に力がある人間は、そこからでもあなたの望む仕事にたどり着きます。

失礼ではありますが、文章を見る限りでは、その器ではないと思います。

投稿日時 - 2010-11-09 13:27:00

お礼

ご回答ありがとうございます。

一応私としては大学名も出さず、出来るだけオブラートに包んで投稿したのですが、暴言と感じられたのなら、申し訳ありません。

少々弁明をさせていただくと、こう思ってしまうことがナンセンスですが、思ってどうしようもなくなった以上解決せねばならず、かといって同じ大学の関係者には言えず、このような匿名性の高い場所でしか打ち明けられなかったのです。

職についてはアカデミック以外の職業を否定しているわけではありません。

投稿日時 - 2010-11-14 17:21:14

ANo.5

理系私立大学の大学院生です。
予備校の偏差値ブックでFランク?大学の1つになっているかもしれません(笑)

だから、その気持ちすごく分かります。

教科書や論文を読んでも、ほとんどと言っていいほど、旧帝大出身の研究者が多いですよね。

私も昔は大学受験で失敗した、と思っていました。
そして、その気持ちを払拭するべく、自分だってできるんだ、というのを示したくて、東京大学大学院を受験しました。これでもか、と思うほど勉強したつもりでしたが、結果はダメでしたね…

指導教官に結果を報告しに行ったとき、悲しくて、悔しくて思わず泣いてしまったんですよ。
私の指導教官は東京大学出身で卒業論文をジャーナルに投稿し、さらに博士在学中に助手についたような優秀な先生です。この先生に私の気持ちなんて分かりっこない、と思っていました。

指導教官に言われたのは

這い上がるやつは放って置いたって勝手に這い上がる。
どこの大学でもそれは変わらない。
何も考えられないくらい研究に打ち込みなさい。

でした。

何も考えないのは無理でしたが、ある程度研究に集中してやっていたら、小さい発見があって、それがすごく嬉しくて、研究って楽しいな、と初めて思えたんですよ。

自分のやっていることに自信が持てると、自分の研究が一番だ!と思えて、大学名なんて気にならなくなります。

私事ですが、卒業後はアメリカへ留学する予定です。

今では卒業するまでに、指導教官を有名にするぞ!って思ってます(たぶん、無理ですが)笑


他大学出身の場合、修士では意味がない、というのは私も聞いたことがあります。
けど、修士で卒業して大手企業に就職した友人います。
実際はどうなんでしょう。
結局は先の方が回答しているように、「何をやったか」 に戻ってくると思うんですよね。

1つのことに自信が持てると、他のことにも自然に自信がつくんだと思います。


研究は楽しいですか?

自分に、そして、自分の研究に自信を持ってください。

投稿日時 - 2010-11-09 13:06:50

お礼

ご回答ありがとうございます。
何も考えられないくらいですか…確かに、このようなつまらないことを考えている時点で、学業に専念できていない訳ですし、ナンセンスです。
周りの「単位さえ取れればいい、適当にやって就職できればいい」と思っている人たちを尻目に這い上がって見せます。

海外留学とはすごいですね。その行動力に感服します。

投稿日時 - 2010-11-14 17:11:25

なにを聞きたいのかわかりにくい質問文ですが,(1)大学院は旧帝大にいきたい,(2)いまの大学にいる意義をみつけたい,と解していいですか。

答えは簡単です: 大学院を受験するには,4年制大学卒業または卒業見込みの学歴が必要です。たとえどんな底辺大学であろうが,4年間在学して必要な学業をおさめれば,その学歴が得られます。クラスメイトのできが良かろうが悪かろうが,関係ありません。

投稿日時 - 2010-11-09 12:59:58

お礼

ご回答ありがとうございます。
わかりにくい文章で申し訳ありません。
自分でも、ここだというピンポイントは分からず、曖昧模糊としていますが、精神の平衡を得たいのだと思います。

投稿日時 - 2010-11-14 17:04:20

旧帝大もピンキリでキリの方は慶応や東京理科大以下です。
経歴で言いますと、私なんか東大から内部進学で化学の学位を取りましたが、就職先にも恵まれず、バイタリティーもなく、精神的に脆弱で、「学歴しか見るところのない人」になってしまいました。

それも結構悲惨ですよ。(贅沢かな?)
ところで、連想で平賀源内さん、あまり知られていませんが、働き盛りに「導入」「人気」だけを追い続けたため、最晩年は「自分の研究実績」が無いことに絶望して発狂してしまったそうです。
実績のない人の最後は、こういうものです。

投稿日時 - 2010-11-09 11:38:04

お礼

ご回答ありがとうございます。
確かに最終的に重要となるのは学歴でなく実績です。
自分のような人間が順調に進学していたら、学歴だけになっていたかもしれません。
もちろん今のままでも、「何も見るところのない人」になる可能性もありますが

投稿日時 - 2010-11-14 16:57:41

ANo.2

こんにちは。

私は大手エレクトロニクス企業に勤めたことがあり、他社の人とも付き合いがありました。
その人達の中で「この人は切れる」「優秀」という印象を受けた人の出身大学を挙げますと、
東北大(複数名)、法大(複数名)、東大(のうちのごく一部)、新潟大(1名)、防衛大(1名)
といったところです。
実際彼らは仕事でも成果を挙げ、リーダーシップも発揮しています。
「人ではない人」でも旧帝大卒以上の活躍をしている例は、上記に限りません。
ですので、思い詰めないでください。

ちなみに、「人ではない」大学で学士・修士・博士号を取った人が、見事、少年時代からの夢であったJAXAでの仕事に就いて、海外で行われる国際学会で頻繁に業績発表をしている例も知っています。

投稿日時 - 2010-11-08 23:30:00

お礼

ご回答ありがとうございます。
一応、企業就職を考えたとき、私の大学はギリギリ及第点に達しているようで、足切りされることはよっぽどの企業でない限りないそうです。
JAXAの方にはただただ驚くばかりです。その方を目標に更に尽力します

投稿日時 - 2010-11-14 16:46:18

おそらくわかっていらっしゃると思うのです、参考にならないと思うので、聞き流してください。

私は、どこかは存じませんが、立派な大学だと思います。
進学先だけが全てではありません。要はそこで何をするかです。

私が通った私立中学(進学校だけど中堅レベル)の担任がよく言っていました。

「自分はどこを受験した(例えば慶應とか)と言っても、今いる場所はここ。それを理解して努力しないやつは、下がる一方」

あなたは、高い志がある方と思います。
だから、つまらないプライドなぞ脇に置いて、今まで通り努力し続けるべきでしょう。
きついことを言うと、だいたい本当に大学で全てが決まると心から思っているなら、なぜ浪人という選択をしなかったのですか?現役じゃないと意味が無いですか?
いまさら、大学の格を気にするのは、勝負する前に負けているようなものです。

あなたには可能性が詰まっていると思います。
是非つまらないことを気にせず、頑張って下さい。

あなたが研究者として成功することをお祈りしています。

投稿日時 - 2010-11-08 23:29:31

お礼

ご回答ありがとうございます。
確かに、ただ、受けて落ちるだけなら誰でもできるわけですし、理解はしなければなりません。
なお、一応親には土下座して頼んだのですが、一蹴されました。
当時、未成年で勘当されてまで、再受験は現実的でないと思って諦めました。
本来それをためらわないくらいの気概が無ければ、いけなかったのかもしれません。

投稿日時 - 2010-11-14 16:30:00

あなたにオススメの質問