こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Remember this when you are ready to

Remember this when you are ready to bargain with Life for whatever it is that you ask as your price for having passed this way.

以下の文章なのですが、意味が今ひとつ分かりません。
意味と共に、以下(1)(2)
(1)in whose mind the thought is ~ の文法に関して
(2)when you are ready to bargain with Life for whatever it is that you ask as your price for having passed this way.の for whatever it is 以降の文法 に関してご教示頂ければ幸甚です。

The amount is limited only by the person in whose mind the thought is put into motion. faith removes limitations! Remember this when you are ready to bargain with Life for whatever it is that you ask as your price for having passed this way.

投稿日時 - 2010-10-24 21:20:47

QNo.6272951

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

名詞+前置詞+関係代名詞という流れですが,まったく構造が異なります。
すなわち,先行詞 person が存在する whose
先行詞が存在しない whatever

(1) whose 自体,日本語に訳そうとすると無理がありますし,さらに前置詞があるとなおさらです。
この場合は先行詞 the person でいったん切ります。
分量はその各人各人によってのみ制限される。
whose を his と読み変えて(his は先行詞 the person's のこと)
その人の心の中で,その考えが実行に移される。

(2) when you are ready to bargain with Life for ...
先行詞が含まれている whatever の場合,前の for はその前の部分とつながっています。
あなたが...のことで命と商談をする準備ができた時,このことを思い出してください。

何のことで商談するかというと
whatever it is that ...
これは強調構文 it is X that ... の X が whatever に変わったものです。
強調されるだけですので,it is that をはずした方が構造はわかりやすいです。
whatever you ask as your price ...
「あなたがこの世を生きた値段としてあなたが求めるどんなものでも」

いくらであっても,あなたが生きてきた人生の値段としてあなたが求める値段のことで命と商談する準備ができた時,このことを思い出してください。

投稿日時 - 2010-10-25 00:33:07

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

(1) in whose mind = mind in the person
whose は直前の person を受けていると思います。

(2) for 以下を X とすると、when you are ready to bargain with Life for X (X のために 「生」 と取引をする用意が出来た時に)

whatever it is / that you ask / as your price / for having passed this way というふうに区切れば、構造が分るのではないでしょうか。
「この道を通ってきたということに対する対価として、何であろうとあなたが望むもの」

投稿日時 - 2010-10-25 00:57:41

お礼

有難う御座いました。参考になりました。

投稿日時 - 2010-10-29 07:21:23

-広告-
-広告-
-広告-
-広告-