こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

育児休業給付金の延長をする可能性があるのですが 誕生日の1週間前を育休

育児休業給付金の延長をする可能性があるのですが 誕生日の1週間前を育休終了日にしてしまった場合

今年の5/31に子供が産まれ8/22から育休に入りました。
そして育休の終了予定日を誕生日の1週間前の5/24と会社には連絡しました。

うちの地域では公立は1歳からしか保育園に入園ができませんので
子供が1歳になったら保育園に入れて育休1年で復帰する予定でした。
しかし情報を集めてみるとうちの地域では4月でないとまず入園はできないようで 育休を延長せざろおえない可能性が高くなってきました。

そこで改めて育児休業給付金の延長の規定について調べたところ 育休の終了予定日を誕生日の前日にして、かつ保育園に入れなかった場合でないと対象にならないとの情報がありました。

現在は誕生日の1週間前にしているので前日 という規定があてはまりません。


規定に当てはまるよう育休を延長しようかと思いましたが そうすると
1.5/24→5/30に延長
2.保育園に入れず 5/30→11/30に延長
と計2回の延長が必要になり 育休は1回しか延長できないって法律の規定にひっかかってしまうのでは?
との疑問が出てきました。



そこで上記の状況を踏まえて質問ですが 保育園に入れなかったと仮定して給付金の延長給付を得るために今するべき手続きは何でしょうか?
お教えいただけましたら幸いです。

よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2010-10-19 00:47:06

QNo.6259919

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

雇用保険業務を担当しているものです。
まずはご出産おめでとうございます!^^


ご質問の育児休業給付金延長の件についてですが、
ご質問者さまがお調べになったとおり、

育児休業給付金の支給対象期間は原則、
「子供の1歳の誕生日の前々日まで」が限度ですが、
特定理由に当てはまる場合、
これを1歳6カ月までに延長することができるというものです。


今回ご質問者さまがネックとなさっているのは、
(1)誕生日前日が育休の終了日である必要性
(2)育児休業の延長申請は1度しか認められていないこと
この2点と思われますが、


まず(1)については、
育児休業の終了日が誕生日前日である必要はなく、
誕生日の前日まで連続した育児休業を取得している必要があるだけです。

育児休業給付金は、
一度職場復帰してしまうと、
再度同一の子について育児休業を取得した分の給付は受け取れないこととなっているので、
延長給付制度を利用するには
誕生日の前日まで育児休業を継続してとっている事実が必要なのです。

つまり、
育休開始から誕生日の前日まで
ひとつの『育児休業期間』であることが必要なだけなのです。


これを踏まえての(2)ですが、
育児休業期間の申請はたしかに1度きりですが、
申請期間は所属の事業所と本人の間で決めることができます。



なので、
延長給付制度を利用したいということなのであれば、
まず、
育児休業期間を5/24~11/30まで延長してもらうことを会社に申請し、
認めてもらうことが必要です。

その認可がおりれば、
育休開始から誕生日前日までの継続した育児休業期間の確認がとれますので、
5月時点での『保育園入園不承諾通知書』があれば、
1歳6カ月までの延長給付制度を利用することができます。



お子さんと過ごすことができる今だけの時間、
ぜひ楽しみながらお過ごしください^^

ご参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2010-10-22 20:02:48

ANo.1

先ず法的な育児休業は、本件では旧法規定だから1歳の誕生日前日迄。
これを超える期間は、会社の任意の育児休業です。
新法では2歳の誕生日前日迄ですが復職給付の規定が無くなり、総額は同じです。
先ずは法的な育児休業を1週間延ばし、後は会社の温情次第かも。
と言うのは建前。
一気に3月末迄延ばし、法的な判断は職安に任せるのも。
民間保育園に一時的に預け、復職するのも一法では。
必ずしも保育園に空きが出る保証は無いです。

投稿日時 - 2010-10-19 07:18:26

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-