こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

海外(オランダ)のSNSでの対応について

海外(オランダ)のSNSでの対応について


はじめまして。初めて質問させていただきます。
私は、1960年代から70年代にかけて活動していた、オランダの某ロックバンドのファンのSNSのメンバーになっています。このSNSは「GROU.PS」というサービスの中に作られています。管理者はオランダ人で、会員数は500名ほどです(そのうち70%以上がオランダ人で、残りはヨーロッパ、アメリカ、南米等に居住してる方たちが殆どです。日本人のメンバーは私を含めて数名程度のようです)。

私は1980年生まれなので、そのバンドが活動していた時代は知りませんし、あまり興味もなかったのですが、私の父がそのバンドのファンでレコードやCD、そのバンドの記事が掲載された音楽雑誌等を集めていました。父は商社に勤務しておりましたので、ヨーロッパに出張に出かけた際には、現地のレコードや音楽雑誌をたくさん購入してきました。

一昨年、父が病気で亡くなり、遺品を整理していたときに何気なくそのバンドの楽曲を聴いていたら、私もそのバンドのファンになってしまいました(どこか哀愁のあるメロディーの曲も数多くあり、日本人も気に入りそうなバンドです)。そのためインターネットでファンサイトを探してしたところ、前述のオランダ人が管理者をしているSNSを見つけ、メンバーになりました。

管理者のオランダ人にとっては、日本で発売されたレコードや雑誌が珍しかったらしく、それらの写真を投稿してほしいと要請されました。私は父の遺品の日本盤のレコードや日本の音楽雑誌の写真を投稿していましたが、私の投稿材料が無くなったとたん、それまで紳士的だった彼(管理者)の態度が一変し、私のことを無視するようになりました。
「GROU.PS」のSNSには"Activity Points"というのがあって、会員の活動状況に対してポイントが与えられるようになっています。私はかなりの数の写真を投稿したので、それなりにポイントもたまっていましたが、ある日突然ポイントが0になっていました。私は特にポイントにはこだわらず、そのバンドのファンの方々と交流できれば…と考えていたのですが、何故か裏切られたような感じがして、最近はそのバンドの楽曲もあまり聴く気が無くなってきてしまいました(そのバンドのメンバーには、もう既に故人となられた方もおり、そのバンド自体には不満はないのですが…)。

友人には「オランダ人はそのバンドの珍しい写真が欲しかっただけ。そのSNSをやめたら、あなたの負けだよ! ずっと居座り続けなさい」と言われています。
なお、私はそのSNS内で他のメンバーの方とトラブル等を起こしたことはありません。
オランダ人を中心に世界各国の方がメンバーとなっているので、SNS内では全て英語でコミュニケートしています。私も商社に勤務しているので、日常生活では英語での会話やメールのやりとりには不自由しておりません。

この質問をご覧になった方々の中にも、海外のSNSのメンバーになっている方もいらっしゃると思いますが、どのように対応なさっていらしゃいますか?
お時間があるときにでも、ご教示いただければ幸いです。

長い文章になって申し訳ありませんでした。

※参考にそのバンドの代表曲の動画を添付いたします。

投稿日時 - 2010-10-14 15:47:52

QNo.6249709

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

すいません、対象のSNSが分からないのでなんともいえませんが、
おそらくバンドのファン個人が運営しているSNSと思われます。

となると問題はその運営管理者個人の人間性の問題、あなたとのその管理者の人間関係の問題です。
#SNSは多分にヒューマンファクターの問題が出やすいのですが。

こういった個人サイトはmixiやgreeのような会社組織によって運営されているサイトと同じレベルで考えない方が良いと思いますよ。

通常の人間関係の延長で情報共有・連絡手段としてのSNSと認識された方がよろしいです。
※SNSは本来そういうものですけど。

ポイントの件はひょっとしたらシステムバグかもしれないですし。
その管理者の方に問い合わせてみました?

参加されている人が500名ということですのであなただけにかまっていられないのが本音でしょう。
管理者が一人をえこひいきするのも問題とされますからね。
他のファンの方との交流もしてみてください。

もしかしたら管理者の方はそういう意味で一旦あなたとの距離をとっているのかもしれませんよ。
一人とだけ仲良くなると他の人との交流が薄くなりますから。

投稿日時 - 2010-10-14 17:09:53

お礼

Yupa3 様

ご回答どうもありがとうございました。
Yupa3 様の仰るとおり、このSNSはこのバンドのファン個人が運営しているものです。
運営管理者(オランダ人の50代後半の男性)は、10代半ばの頃(日本で言えば中学生時代)に、このバンドの最初のファンクラブをつくり、会報の発行やバンドのメンバーとファンクラブのメンバーを交えたミーティング等を行っていた人物です。
また、このSNSには、このバンドの女性ヴォーカリスト(既に故人)のご主人(オランダ人の50代の男性)もメンバーになっています。この人はSNSの運営には直接タッチしていませんが、バンドのメンバーのご主人ということで、SNSの中ではカリスマ的な存在になっています。
上記二人が中心的な存在で、活発に活動しているのが(一応、私も含めて)20名程度、残りの90%以上は投稿された写真やコメントを見ているだけの人達です(単に名前だけ登録している「幽霊会員」のような人も多いのではないかと思います)。

Yupa3 様のご指摘のとおり、私はmixiやgreeで運営されているサイトと同じ様に考えていました。私の認識が甘かったと思います。私はこのSNSに少し深入りしすぎたと思っています。

ポイントの件は未だに0のままですが、敢えて運営管理者に尋ねる勇気がありません…。システムのバグ等ではないようです。他のメンバーのポイントの状況を私なりにチェックしてみたところ、ポイントの付与は運営管理者が恣意的に行っているように思えます(全く活動していない白人の女性(モデルのように美しい人です)が数十ポイント与えられていたり…)。

結局のところ、運営管理者は私が保有している亡父のコレクション(日本の音楽雑誌の記事やレコード等)の写真が欲しかっただけなのだと思います。私はその多くを投稿してしまったので、もう彼にとっては「用済み」の人間なのでしょう。オランダ人同士であれば年に2~3回あるミーティングに参加することもできますが、私は遠い異国の人間ですので、それは不可能です。

私は、このSNSからはしばらく離れようと思っています。もう写真の投稿やコメントをすることはせず、「幽霊会員」のように籍だけ置くつもりです。SNSでの活動の難しさが良く分かりました。
今は、まだ気持ちの整理がうまく出来ていませんが、もう少し時間がたったら、またこのバンドの曲を聴いてみようと思います。40年前に活動していたバンドなので、さすがに古さは否めませんが、ノリの良い曲があったり、哀愁のあるメロディーの曲があったり、いろいろなタイプの楽曲があって聴き飽きません。

今後SNSに参加する場合には、今回の件を良い教訓にしたいと思っています。
ご回答いただき、ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-10-16 21:22:36

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-