こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

自転車との事故(人身事故)について

自転車との事故(人身事故)について

車で子どもを保育園へ送る途中、自転車と接触しました。

【状況】
・交差点に差し掛かる前に、前の車が左折のため横断歩道前で歩行者が渡り終えるのを待っているのを確認
・その時、前にいた車は、車の後方が、直進車線の半分あたりまで出ている状態
・私(車)は直進するために、徐行しながら車線の右よりか、少し右の車線にはみ出るつもりで右にハンドルを切り、左折待ちの車を越えて直進しようとする
・停止線を越え横断歩道上に進入した時点で、信号は黄色に変わるところであった。
・左折待ちの車まで4mほどのところまで前進したところで、左折待ちの車の後部から、こちらに向けて飛び出してくる自転車を確認
・自転車は、私の車の運転席くらいの位置まで車道に出たあと、弧を書くように助手席側(歩道側)へ軌道を変えながら猛スピードで走ってきた
・私(車)は急ブレーキをかけ、ほとんど停止したが自転車と衝突
・自転車は、私の車の助手席のあたりのフロントに、ほぼ垂直にぶつかった
・自転車はぶつかった状態で停止。横転などはなかった

【相手方の損害】
・自転車の前輪がゆがむ(15,000円程度で最近購入したもの)
・自転車に乗っていた高校生が、ひざの擦過傷と打撲で全治10日

【こちら側の損害】
・車フロント部分の傷および破損(ディーラーの見積もりですべて修理すると約13万円)

【相談】
・相手側(自転車)の危険運転(逆走、信号無視)によって引き起こされた事故とも考えられるため、100%こちら側の過失で片付けられるのは納得がいかないというのが正直な気持ちです。
当然、こちら側の過失やすべきであった行動については警察の説明から分かっているつもりで、相手方の損害については対応していく考えです。
・このようなケースで、
 ○相手側へどの程度損害を補償するのか
 ○こちら側はどの程度相手側に損害を請求できるのか

などの判例やご意見を広くいただきたいです。このままでは、自転車の危険運転を認めているようで、今後も同じようなケースが後を絶たないと思います。どのような意見でもかまいませんので、ぜひご協力ください。よろしくお願いいたします。
長文で失礼いたしました。

投稿日時 - 2010-10-09 18:41:17

QNo.6238456

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(6)

ANo.6

>この件について、任意の保険会社に代行してもらい、一旦任意保険で対人賠償をしたあと、自賠責保険で回収をしてもらうということは可能でしょうか?

可能です。
というか、任意保険会社に示談交渉を依頼すると、特段の理由がない限り、任意保険会社が対人賠償金を立替払いし、示談後に自賠責保険から回収します。

>その場合、等級は下がらずに済むのでしょうか?

(1)対人賠償金以外の保険金支払いを受けていない。(2)対人賠償金として任意保険会社が支払った金額が自賠責保険から全額回収できた。
この両方を満たせば、割引等級上は事故がなかった場合と同じ扱いになります。(最大等級に達するまでは、更新時に1等級進行する)

一般的に保険会社は、事故受付をして損害調査システムに事故登録を行うと、自動車保険契約に事故回数が1回カウントされます。
契約者が事故報告を取り消したり、すべての保険金種目に対して保険金請求を取り下げると、このカウントが消去されます。保険金の支払い処理を行うと、カウントが確定します。

しかし、対人賠償金を被害者等に支払う処理は「仮払い」にすぎません。自賠責保険に請求(求償)し、自賠責保険金の支払いを受けて、「仮払い」を精算します。「仮払い」と自賠責保険金とが同額であれば、対人賠償金の支払いは「0」なのです。
この場合は、対人賠償金を支払っていませんから、他の保険金種目(対人賠償金や車両保険金など)の支払いがなければ、カウントが取り消され、割引等級上は事故がなかったものとして扱われます。

投稿日時 - 2010-10-09 23:53:19

お礼

ありがとうございました。
連休が明け、明日以降、警察や保険会社からの連絡が来ると思います。
初めての事故で、何も分からず混乱していましたが、
少し落ち着いて経過を見ていこうと思えるようになりました。

また、よく分からない状況になるようでしたら質問させていただきたいと思います。

丁寧に教えてくださってありがとうございました。

投稿日時 - 2010-10-11 23:13:34

ANo.5

#2と4です。
判例の割合ですが、相手の保険会社からの切り出しですか?しかし、相手は自転車ですよね・・・。
もし質問者さんが契約している保険会社からの切り出しなら、やはり考えたほうが良いですね。

それと、大変申し訳ない。質問の所を再度読みました。
お子様を送る途中の事故だったのですね。お子様は大丈夫でしたか?

昨日の事でしたか。
ではまた、何か進展があれば再度質問も良いかもですね。

投稿日時 - 2010-10-09 23:10:07

お礼

お気遣いありがとうございます。
子どもにも怪我はないようです。だいぶびっくりしたようですが・・・


>判例の割合ですが、相手の保険会社からの切り出しですか?

過失割合については、私の契約している保険会社からの話です。
事故直後に話したときは、6:4くらいになるというような話でしたが、相手側とのやり取りをはさんだ後、8:2を提示してきました。
驚きましたが、保険会社の担当が電話で、「相手が『警察に届けてもいいですか?』と言っていますが・・・」などと話してきたこともあり、不安になっています。

もう一度、保険の担当者としっかり話してみたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-10-09 23:31:35

ANo.4

#2です。
なるほど・・・では質問者さんは進行している車線に居た状態であり、追い抜きでも、追い越しでも無かったと言う事ですね。

そして、注目する所の信号に関して。
>状況から相手側は赤信号で通行していたと考えられます。
とありますが、考えられますと表現している事から予想ですか?
それとも相手も警察も認め、且つ、事故処理の際警察は調書に記入していましたか?
何故この様な書き方をしているかと言えば、例えば青信号だったけど、のんびり渡っていたら黄色→赤に変わった事に気づいて焦って猛スピードを出した。等と後から言われたら面倒ですよね。

しかしながら文面を見て察するところ、相手は赤だったと仮定した場合、自転車専用を走行していたので、そこは責める事は出来ないかも知れませんが、相手側は自転車と言う車両なので、信号無理は当然、重過失です。質問者さんが攻められる所は、ここに絞ってみても良いのでは?と思います。

相手側への損害補償について。
ケガに関して言えば、打撲等の全治10日ですので、恐らく自賠責で賄えると思います。
自転車に関しては、言い値で賠償してはいけません。よっぽどの事ではない限り、中古品を新品でと言うことはありません。

質問者さんは、個人間の示談で済ませようとしているのか、任意保険も含めて考えているのか不明ですが、賠償に関して「過失割合の取り決め」をするのは、任意保険会社間、及び、相手の保険会社と自分、当人同士で進められるのが主です。(#3さんが言う「過失割合を決める」とは異なります)

投稿日時 - 2010-10-09 22:00:56

お礼

回答ありがとうございます。

皆さんの意見を聞いて多少冷静になることができました。
個人間での示談は、相手側の様子を見る限り難しそうなので、任意保険会社にお願いをして示談の方向で進めたいと考えています。

ただ保険会社に話を伺ったところ、「過去の判例から『8(車):2(自転車)』で進めたい」といわれたので、その点についてはもう少し担当の方と交渉してみようと思います。

昨日起きた事故で、まだきちんと整理で来ていない部分もあると思います。また何かあれば質問したいと思うので、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-10-09 22:20:35

ANo.3

事故状況が今一つ分かりにくいのですが、信号機のある十字路交差点で、相手自転車と質問様は互いに直進する対抗車の関係であったのでしょうか?

であれば、自転車は明らかに通行区分違反です。信号無視かどうかについては、黄信号になった時点で自転車が安全に停止線で止まれる位置にいたかどうかで判断が分かれます。

質問者様が横断歩道に差し掛かったあたりで黄信号に変わったのであれば、質問者様の速度を考慮すれば自転車の信号違反はなかったまではないかと推測します。(もちろん交差道路の幅員にもよりますが…)

事故の過失割合は、法令違反の程度、事故当時の交通状況、危険予知の可能性などが影響しますので、過去の判例だけをもとに判断するのは好ましくありません。

参考程度に申し上げますと、自転車が通常の注意義務を果たしていれば、左折車の後続車である質問者様の車は認知できたはずです。左折車の後続車が停止中の左折車の横を通り抜ける行為は、道交法違反ですが、日常的によくあることです。つまり、自転車には質問者様が取った行動は、違法性があるとはいえ予見可能であったわけです。

一方、質問者様においても、自転車の右側通行は道交法違反ですが、これも日常的によく見る行為であり、予見可能であったと言わざるを得ません。

自転車も歩行者待ちで停車中の左折車を避けて交差点中央方向へ進路変更し、同じ方向へ進路変更した質問者様と衝突したということですから、違反の程度についてはほぼ同じ。異なるのは、自動車と自転車である点だけです。
自動車と自転車の強弱関係を考慮すれば、自動車70~75:自転車30~25。自転車がおおむね30km/h以上の速度であったと立証できるか、自転車側が認めれば自転車側に10%増といったところでしょう。

>相手側へどの程度損害を補償するのか
>こちら側はどの程度相手側に損害を請求できるのか

法律上は、相手の損害額のうち、質問者様の過失割合分を賠償します。
また、質問者様は、ご自身の損害額のうち、相手の過失割合分を請求できます。
損害額は、物損については原状回復費用(いわゆる修理費用)が原則ですが、その費用が時価額を上回る場合は時価額となります。
人的損害額は、治療関係費、休業損害、慰謝料が主な損害の内訳です。これらの損害について自賠責保険は、被害者(死傷者)の過失が70%未満の場合は過失相殺せずに支払うという特例があります。(裁判では過失相殺されます)

最近購入された自転車であっても時価は15,000円とはなりません。一般消費者が自転車を購入する際、店頭で15,000円で売っている自転車を何日か使用した人から15,000円で購入しますか?いくらかは安くしてもらいますよね。その価格が時価です。

相手が仮に3日通院して治療を中止したとすると、その治療費(診断書料含む)と通院費(実費、タクシー不可)、慰謝料25,200円が自賠責保険が認定する損害額になります。

物損部分については、相手時価を15,000円と認めたとしても、過失割合を質問者様70:相手30とすれば、質問者様から10,500円賠償し、相手から39,000円賠償を受ける形になります。
人身部分については、治療費・通院費・慰謝料を質問者から相手へ全額賠償するとして差し支えありません。(質問者様が直接相手へ支払ったのち、自賠責保険へ請求すれば回収できます。ただし、被害者の診断書・診療報酬明細書を取得する必要があるため、被害者の協力が必要です)

質問者様が自動車保険に加入されているのであれば、保険会社に示談交渉を委ねるのが得策です。
示談の結果、支払われる保険金の額と等級ダウン等によるデメリットを考慮し、保険を使わないとしてもなんら差し支えはありません。前述の例でいえば、自動車保険から支払われる保険金は、対物賠償保険金10,500円、車両保険91,000円です。(車両保険はオールリスク型に加入の場合。対人賠償は自賠責で賄われるため実質0円。)

ただし、過失割合を決定できるのは裁判所だけです。示談解決を望まれるのなら、譲歩できるところは譲歩して互いの合意点を見つけることになりますので、必要以上に過失割合にこだわるのはあまり得策とは言えません。

投稿日時 - 2010-10-09 21:18:40

お礼

分かりにくい説明で申し訳ありませんでした。相手側(自転車)とこちら側(車)は、互いに直進する関係にありました。

初めて起こした事故で、『こちらはほとんど悪くはない』という思いが先にたっていましたが、Tomo0416さんの回答を読んで少し冷静になることができました。
やはり、車のほうが責任が重いということを認識しなければならないようですね。

何度も質問して申し訳ないのですが、

>質問者様が直接相手へ支払ったのち、自賠責保険へ請求すれば回収できます。ただし、被害者の診断 書・診療報酬明細書を取得する必要があるため、被害者の協力が必要です

この件について、任意の保険会社に代行してもらい、一旦任意保険で対人賠償をしたあと、自賠責保険で回収をしてもらうということは可能でしょうか?
その場合、等級は下がらずに済むのでしょうか?
もし、お分かりでしたら教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-10-09 21:51:49

ANo.2

もし100%過失では無いとしても、この質問を見て単純に判断すると、質問者さんは事故直前、既に違反していますよね。
交差点内、その30メートル以内(優先道路なら別ですが)、そして微妙に矛盾とも思える道路の曲がり角付近。
ここは前方に車がいる場合、追い越し禁止です。
警察から、この点は何も言われなかったですか?

それと、相手が信号無理とありますが、相手は既に(黄色の時点で)交差点に入っていたのではないでしょうか?
>左折待ちの車まで4mほどのところまで前進したところで~
の所で判断していますが、もし質問者さんが交差点内ではない所に居たとしたら、相手は渡りきった状態で事故と言う事ですよね。
また、もし交差点内だとしたら、4メートル手前とありますので、結構大きい交差点だと思うので、やはり相手も既に交差点内に居たと考えられます。
それと、大きい交差点の場合右側横断歩道の横に自転車専用通路がある場合もあります。これはどうでしたか?

投稿日時 - 2010-10-09 20:03:45

補足

回答ありがとうございます。
早速ですが、

>交差点内、その30メートル以内(優先道路なら別ですが)、そして微妙に矛盾とも思える道路の曲がり 角付近。ここは前方に車がいる場合、追い越し禁止です。
 警察から、この点は何も言われなかったですか?

この件については、警察から特に何も話はありませんでした。右隣の車線には、ぶつかった状態の時にははみ出していませんでした。

>それと、相手が信号無理とありますが、相手は既に(黄色の時点で)交差点に入っていたのではないで しょうか?
>大きい交差点の場合右側横断歩道の横に自転車専用通路がある場合もあります。これはどうでしたか?

事故のあった交差点は、4箇所すべてに自転車専用通路があり、相手側の自転車もそこを途中まで通行し、左折車両があったため、膨らんで車道にでたと話していました。交差点の車用信号が黄色の時点で、自転車専用通路の信号は赤だったことはその場で確認したため、状況から相手側は赤信号で通行していたと考えられます。

投稿日時 - 2010-10-09 21:03:14

ANo.1

自転車なんかこちらの存在に意識があるのかないのかも分らないいい加減なモノだと思わないといけないんじゃないでしょうか?
その前提で車は運転すべきという建前だと思いますが!
100:0だと思います!

投稿日時 - 2010-10-09 19:43:48

お礼

回答ありがとうございます。
今回のことで、こちら側でそのような心構えをする必要があると感じました。

投稿日時 - 2010-10-09 21:06:18

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-