こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

☆★夏休みの自由研究☆★

私の学校では、自由研究と、探求・・・2つやらなければいけないんです↓
そこで・・・どういうことをやったらいいのか、教えてくれませんか?
自由研究っていうのは、理科系で、探求は理科でもなんでも、ジャンルを問いません。
どうか、ヨロシクお願いします☆

できたら、簡単にできるもの・・・お願いします

投稿日時 - 2003-08-08 23:05:17

QNo.623208

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

経験から、結構受けがよかった自由研究は「サイフォンの原理」です。 2mくらいのホースに水をいっぱいに詰めてもれないように両方の口を手でふさぎます。つぎにホースの一方を自分の背より高い水面(水を張った洗面器を高いとこに置く)にいれて水の中で手をはなします。すると洗面器の水が吸い出されて全部外に出てしまいます。この現象がなぜ起こるかを予測して持っていけば簡単な自由研究にはなるとおもいますよ。 探求は私は川の源流を探しに行きました。どっから来てるか気になったんですもん(笑

投稿日時 - 2003-08-08 23:26:14

補足

ありがとうございます!!
すんごい、バカなこときいていいですか?
それってどうしてなんですか?!
それくらい、自分で調べろよって感じですよね
すいません
もしよければ、教えてください☆

投稿日時 - 2003-08-08 23:36:02

このQ&Aは役に立ちましたか?

42人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(6)

ANo.6

たびたびすみません。

音速は340m/sのようです。
330を340に訂正してください。

ちなみに、光速は、秒速約30万km(地球を7回り半)です。

投稿日時 - 2003-08-09 00:51:48

ANo.5

NO.3のdrift-silviaです。

検索してみると、家庭でも簡単にできる科学実験のサイトがありました。

科学的な解説があるので、仕組みや、なぜ起こるのかを詳しく図入りで紹介しています。

下の関連リンクです。

参考URL:http://www.ngk.co.jp/site/

投稿日時 - 2003-08-09 00:24:44

ANo.4

No.#1での補足です。
調べるのも大事ですが、まずやってみてから頭をひねってみてください。だから秘密です。それにたぶん調べても小難しい説明があるだけだと思いますよ。

投稿日時 - 2003-08-09 00:02:45

お礼

わかりました!
ありがとうございます☆★
頑張ってやってみますね!!

投稿日時 - 2003-08-09 00:20:57

ANo.3

自由研究は僕も中学の時ありました。
学校からコンテストに出品し、優秀な作品には賞がありました。

僕は、小さいころから理科が大好きだったので、理科の教科書の欄外とかに載っている実験をやりました。
例えば、ミョウバンの結晶とか、火星の観察とかをしました。
最近の理科の教科書は、昔のものとかなり変わっているようですが、僕は見た事がないのでよく分かりませんが、一応、載ってなかったものとして、思い出す例を挙げます。たぶん、中学1年生だと思うので、中学1年生でもできそうなもので、簡単で面白いものを紹介します。

・ミョウバンの結晶
ミョウバン(スーパーで売ってる)をお湯に溶かし、針金などをつるしておくと、約5mm四方の結晶状のミョウバンが針金にくっつき、それが大きくなって、きれいな結晶ができます。化学の結晶構造のところで出ました。

・花火や雷の光った場所から自分のいる場所の距離
光の進む速度と音が進む速度は、光のほうが速いので、先に花火や雷は光ります。その何秒後かに「ドドーン」と音がしますよね。光った瞬間から、音が聞こえるまでの時間をストップウォッチで計ります。光の進む速さは、速すぎてこの実験ではほぼ0に等しくなる場合が多いので、ないものとして、ここでは、音の進む速さを考えます。音は、1秒間に約330m進みます。だから、光った場所から、自分のいる場所までの距離は、「時間(秒)×330=距離(m)」という式で計算できます。
(説明は難しいかもしれないけど、用は計算だけ!)

・アリの数
同じ種類、同じ量のチョコレートをいろいろな場所に置く。例えば、日の当たる庭、影になる庭、溝の近くなどにわけておきます。5分くらいすると、アリが集まるので、写真を撮ります。デジカメだとすぐに出せるのでGOODですね。そして数を数えて、多いところ、少ないところの共通点から、結果的にどのような場所にアリが多く生息するかを調べます。

・導体、不導体
導体というのは、電気を通す物質で、不導体というのは電気を通さない物質です。例えば、鉄や銀はよく電気を通します。逆に、木や紙は電気を通しません。これを調べるには、ホームセンターの電気ホビーのコーナーとかに売っている100円~200円くらいで売っている、導線つきソケット+豆電球+乾電池ケース(できれば)が必要です。この時期はセットで売っていると思います。家にテスターがあったら、それを使ってもいいです。乾電池とソケットを導線でつなぎ、導線と導線で調べたいものを挟みます。導体は電気が流れるので、豆電球が光ります。この実験でやるといいものは、硬貨(特に1円玉、10円玉、500円玉)・水道水・食塩水・砂糖水などです。豆電球の光の強さにも注目するといいです。

・食品添加物
例えば、ジュースとかお菓子に入っている“意味不明のカタカナ”の名前の薬品ってありますよね。その名前をインターネットや本で調べます。食品添加物についてまとめているサイトもありますので検索してみてください。まとめるときは、例えば、ファ○タには~~~が入っていて、これは~~~を引き起こす可能性がある。のように、食品添加物の怖さを強調すると効果的です。

投稿日時 - 2003-08-08 23:59:26

お礼

いっぱい、いっぱい書いてくれてありがとうございます☆
このなかから、いくつかやってみますね!!

投稿日時 - 2003-08-09 00:25:23

ANo.2

いろんなサイトを回ってみてはどうでしょう?

参考URL:http://members.tripod.co.jp/t_nishi/

投稿日時 - 2003-08-08 23:43:41

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-