こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

主人が交通事故被害に遭いました。

主人が交通事故被害に遭いました。
相手は高校生無免許、飲酒、信号無視、ひき逃げ。
母親の車を運転して、車を乗り捨て逃走。
主人の車は大破し、入院はしていませんが、怪我をしました。
相手は、犯行を否認し、母親が罪をかばってましたが、その後犯行を認めました。
この場合、相手は未成年のため、保険が利かず、相手の両親が治療費等支払うとの事で、謝罪に来ました。
精神的慰謝料等、どのように手続きを進めて行けばよいかわかりません。
弁護士を立てるべきか教えて下さい。

投稿日時 - 2010-09-25 10:03:52

QNo.6206459

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

病院には行ってますか?

修理費、治療費、慰謝料、示談金でかなり取れますよ。
後遺障害や休業補償なども加味しなければいけませんね。

かなりの高額になる為、
取り逸れることが一番怖いと思います。

弁護士は付けた方がいいと思いますよ。
これは交渉というより、取り逸れない為です。

相手も約束だけならいくらでもできますからね。

実際の支払をさせる為にも弁護士は付けた方が無難です。
費用は結構かかりますが、逆に自分で交渉して取り逸れれば
丸損ですよ。

投稿日時 - 2010-09-25 19:32:14

お礼

ありがとうございます。
病院には行ってます。
弁護士に相談した所、治療が完治してからとのことでした。

投稿日時 - 2010-09-25 20:43:30

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(6)

ANo.5

相手が自賠責保険に加入していれば、被害者救済がある為、無免許や飲酒、信号無視でも保険が適応になります。
任意保険は、契約の運転条件に適合していれば自賠責と同様な理由に依り、保険が適応されます。
尚、両方とも物(車両等)への保険は適応外です。

運転手が賠償できない場合、所有者責任があるので、加害者の母親に請求できます。

ご自身の保険で弁護士特約に加入しているのなら直ぐに弁護士を立てた方が良いのです。
違う場合は、状況に依るとしか言えないのが本当な所だと思います。(相手の支払い能力、怪我の状態や通院にどの位の日数が掛かりそうか等)
因みに、軽度の怪我で弁護士を頼むと、慰謝料より弁護士費用の方が高くなってしまい、赤字になります。

投稿日時 - 2010-09-25 17:25:17

お礼

ありがとうございます。
怪我は幸い全治2週間とのことでした。

投稿日時 - 2010-09-25 20:44:51

ANo.4

この場合は、最初から弁護士の介入がいいでしょう。

平均して、未成年者が被疑者の場合は「有耶無耶」にされます。
先に法的な措置を執る準備をして、親権者との話し合いをしてください。

「ありふれた事故」でも、被害者には衝撃的な事件になります。

投稿日時 - 2010-09-25 12:26:11

お礼

ありがとうございます。
弁護士考えてます。

投稿日時 - 2010-09-25 20:46:03

ANo.3

ご主人の車の保険に人身傷害はついていませんか?
これがあれば、治療費、休業補償、慰謝料等はその保険から支払いになります。

金額に納得がいかない場合は、後日に差額を裁判で相手方に請求することもできますので、まずは人身傷害を使用して、治療費の確保が先決だと思います。
弁護士云々は治療が終わってから考えましょう。

投稿日時 - 2010-09-25 10:55:38

お礼

ありがとうございます。
今回主人の車は、会社の車で、会社の保険になります。
これから色々見当します。

投稿日時 - 2010-09-25 20:47:50

ANo.2

両親に払わせないと金をとれないので、弁護士にすぐ相談して出来るだけ早く法的手続きに踏み切った方が良いです。

確かに費用はかかりますし費用倒れになる危険はありますけど時間がたてばたつほど向こうが開き直るのは目に見えてます。加害少年は逮捕されたの?家裁の処分が下りるまでは嘆願書と引き換えの有利な示談て言うカードが使えるので、急がなあかん。

投稿日時 - 2010-09-25 10:34:29

お礼

相手は逮捕されました。
弁護士に相談したりします。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-09-25 20:49:12

ANo.1

被害者ですから、弁護士なんて息巻いていますが、冷静に考えて行動しましょう。
裁判に掛けても、貴方が現在お考えのような展開にはなりません。ごく、ありふれた交通事故だからです。
高校生は、刑事事件と民事事件を犯しましたから相応の罰を受けますが、再起不能になるような罰則はありません。
あなた方に対する慰謝料的な物も、車の損害程度で板金修理または全損なら中古車価格に換算しての賠償。
入院していなければ通院費用の負担。仕事を休まれてるなら休業補償(直前3ヶ月間平均の1日分が計算基準価)です。医師の診断書が必要で、この費用も先方持ちです。
これらにプラスして慰謝料となりますが、社会通念を越える請求は出来ません。http://www016.upp.so-net.ne.jp/solicitor-toshi/jiko-5-4nyuinisyaryou.htm

http://www.jcstad.or.jp/事故紛争処理センター

交通事故は、起こるべくして起きています。ですから、頗る事務的な処置となります。貴方の憤慨は、憤慨するほど解決を遅らせます。尻を捲くられて、じゃ刑務所に行くよ・・・となったら、弁償は1銭もされなくなりますよ。

投稿日時 - 2010-09-25 10:22:29

お礼

ありがとうございます。
冷静に行動致します。

投稿日時 - 2010-09-25 20:51:00

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-