こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

FXの税金を払うと会社にばれますか?

FXの税金を払うと会社にばれますか?

年間20万円以上の利益を出して、税金の申告をする場合ですが、
多くの会社や公務員は、給料以外の収入が見つかるとクビになったりしますよね?

税金の納め方についてみなさんどのようにされているのでしょうか?
会社にわからないように納める方法があるのでしょうか?

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-09-12 00:33:38

QNo.6175931

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>FXの税金を払うと会社にばれますか?

副業が知られてしまう原因は主に住民税です。
住民税の納税には窓口で本人が直接支払う普通徴収と給与からの天引き特別徴収とがあり、通常は勤め人の場合は特別徴収になります。
この住民税が普通徴収の場合でしたら心配は要りませんが、特別徴収の場合は知られてしまう可能性が大きいということなのです。
なぜかと言うと本業と副業のように複数で働いている場合は、市区町村の役所がそれらを合計してその合計された金額を本業の会社に特別徴収をするように通知するからです。

>多くの会社や公務員は、給料以外の収入が見つかるとクビになったりしますよね?

それはそれぞれの会社の就業規則に依るでしょう。
一般に副業が禁止されている理由は、副業をやりすぎて本業がおろそかになるからです。
夜にアルバイトをやりすぎて疲れたからといって、昼に会社で寝ていられては困りますからね。
その点はFXだと比較的に緩いのではないでしょうか、だからといって毎日夜中に一睡もせずにやっているというなら別ですが。

>税金の納め方についてみなさんどのようにされているのでしょうか?
会社にわからないように納める方法があるのでしょうか?

いずれにせよ、確定申告をしなければなりません。
本業と副業の収入を合計して確定申告をすることになります。
その書類が税務署から質問者の方がお住まいの市区町村の役所へ報告されます。
役所はその本業+副業の金額を合計して住民税を計算して、本業の会社へ特別徴収(給与からの天引き)するように、通知してきます。
このときに会社に来る特別徴収の税額の通知書には、主たる給与所得(つまり本業での所得)、その他の所得(つまり副業での所得)、主たる給与以外の合算合計所得区分(つまり副業の所得の種類、給与所得とか事業所得とか雑所得とかの区分)、総所得金額(つまり本業の所得+副業の所得)が書かれています。
つまり副業をしていなければ、その他の所得と主たる給与以外の合算合計所得区分は空欄のはずで、主たる給与所得と総所得金額は同じはずです。
まっとうな会社のまっとうな担当者であれば、数字に間違いがないかこれをチェックするはずです。
ですから副業していなければ本来数字の入っていない箇所や、区分チェックの入っていない箇所に数字やチェックがあればすぐに気づくはずです。
もちろん会社自体がずぼらであったり、あるいは担当者がずぼらであったりすればそのまま通ってしまうか可能性はあります。
そこらの会社の内部事情はわかりませんので、質問者の方自身が判断するしかないでしょう。
ではその場合にはどうしたらいいかというと、住民税の支払方法を本業分は特別徴収(給与からの天引き)に副業分は普通徴収(窓口で本人が直接支払う)に分けるようにするのです。
そうすればバレる可能性は少ないでしょう。

手順を書くと。
来年になって確定申告のときに申告書の下記の「給与所得以外の住民税の徴収方法の選択」にあるように、「□ 自分で納付(普通徴収)」にチェックして申告書を提出すれば良いだけです。

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2007/a/12/12002000.htm

そこにあるように給与所得に対する住民税については、「給与から差引き(特別徴収)」されます。
そしてFXは雑所得ですから給与所得以外ですので、それは「自分で納付(普通徴収)」となります。

投稿日時 - 2010-09-12 11:18:45

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

20人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-