こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

夫婦ともに35歳、共稼ぎです。子供を産んだ時の家計診断お願いします!

夫婦ともに35歳、共稼ぎです。子供を産んだ時の家計診断お願いします!
現在子供を産むことを考えていますが、子供が生まれた時の家計を現在の家計をもとにシミュレーションしてみたところ、夫だけの収入では足りません。私(妻)が自営業者であり、老後のため、育休中も国民年金基金に加入していたいのですが、金銭的にむずかしいです。
どこを削ったらよいでしょうか。(または貯金を切り崩すのが良い?)

貯金:400万

月手取り24万+子供手当13000円+会社子供扶養手当6000円=25.9万円

食費:30000円
外食費:5000円
家庭雑費:5000円
医薬品・治療費など:2000円
理容費(散髪・化粧品):2000円
こづかい(夫):15000円
こづかい(妻):5000円
子供費:10000万
ペット費:5000円
住宅ローン:10万5000円
電気・ガス・水道:15000円
ガソリン:8000円
携帯電話(2台):9000円
インターネット・TV・ホームセキュリティ:15000円
◎小規模企業共済掛け金(妻):5000円
------------
月合計:23万6000円
月残金:23000円

年間支出:(主にボーナス(年100万)で補てん)

車関係:20万
妻健康保険:6万
住宅ローン(ボーナス払い分):18万×2=36万
交際費・帰省費:10万
旅費:8万
家具・家電:10万
☆夫生命保険:33万
★将来の仕事のための講座代(妻):20万
◎国民年金&年金基金支払(妻):47万
その他雑費:5万
---------------
合計:195万

月残金2.3万×12か月=約27万
ボーナス:50万×2回=100万
---------------
合計:127万

赤字:195万-127万=68万円

☆夫生命保険は貯蓄型で、あと10年後に500万円戻ります。
★将来の仕事のための講座代は、育休後にも仕事を取れるように受けたいです。(通信教育)
◎国民年金&年金基金と◎小規模企業共済掛け金は、育休中も夫の扶養に入らず払い続けた場合の費用です。扶養に入った場合はかかりません。

育休中に扶養に入って、国民年金基金をいったん終了し、育休明けに再度加入すると、掛け金が2倍(月2.5万→5万)になってしまうため(老後貰える額は同じ)、育休中も扶養に入らず国民年金・基金・共済を払い続けたいと考えています。

家のローンが多い(夫婦で借りています)のと、国民年金基金の問題で収支がマイナスとなってしまうのですが、どちらも止めることはむずかしそうです。
最悪貯金400万から切り崩すことになりますが、精神衛生上、貯蓄が減っていく家計は辛いです。
育休は3年を考えていますが、むずかしければ、1年、2年となるのもいたしかたないのですが。

お知恵を貸して下さい!

投稿日時 - 2010-08-29 16:19:54

QNo.6144148

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

なかなか節約も難しいような気がしますが、考えられることとしては以下のようなことでしょうか。
・外食はボーナス月だけにする
・ペットはあきらめる(お子さんが生まれるとなるとペットどころではなくなるかも知れません、ペットがいると子供によいこともあると思いますが、お子さんがある程度の年齢まで待つのも一つのアイディアかも)
・ホームセキュリティの必要性を再検討する
・夫生命保険を見直す(貯蓄性のものは、払済み(現時点で打ち切る)保険とする。共済などの安価なものに切り替える)
・講座代20万円の削減を考える(通信講座なら教材をオークションで買うことも可能かもしれまんし、独学に切り替える手もあります。法律系であれば、法改正のない科目は前年の教材でも遜色ないでしょう)
・一旦扶養に入る(入らないことを希望されているようですが、妻健康保険も払わないですむので再検討されてはいかがでしょうか?掛け金が2倍になって、もらえる金額は変わらないというのは本当でしょうか?3年ぐらい中断するだけなのに理不尽な気がします)

以上、勝手な意見もありますが、ご参考としていただければ幸いです。

投稿日時 - 2010-08-29 16:44:07

お礼

早速のご回答をありがとうございます!
客観的に見ていただけて、とても参考になります。

・外食はボーナス月だけにする
これはいいですね。子供が生まれて外食に行けるのか、あやういので思い切って削減します。(5万削減!) 

・ホームセキュリティの必要性を再検討する(84000円削減?)
こちらは3年中断した場合にセンサーの取り外し手数料などが発生しそうですので、計算してみます。

・講座代20万円の削減を考える(10万削減!)
そうですね。。ここは将来のための投資なので削りたくはないのですが、独学を取り入れて10万程度で済ませます。

・夫生命保険を見直す
ここは、見直した方がお得でしょうか。去年結婚しましたので、ほぼ10年(33万×10年=330万)支払うと500万戻るので、考えてしまいます。保険解約時に戻るお金を試算して検討します。

ペットちゃんはすでにいるので、削減できないのですが(ToT)。

確実なところで、外食と講座代で15万円削減できそうです。ありがとうございます!

それとすみません!私の計算違いで、基金の掛け金は2.5万→4万でした。35歳を過ぎると掛け金一口あたりで貰える額が34歳までの半額になってしまうのです。(一口1万円の支給が一口5000円しかもらえなくなる。)35歳をすぎて(再)加入するという点がネックのようです。
そんなわけで、倍ではありませんでしたが、月あたり1.5万円プラスとなります(60歳まで支払い続けると総額396万円プラスです)。計算間違いで申し訳ありませんでした。

最終的に扶養を考えるべきですよね。上記の検討項目をよく計算して考えます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-08-29 17:33:03

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-