こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

太平洋戦争中、日本は米国によって、原子爆弾を投下されましたが、

太平洋戦争中、日本は米国によって、原子爆弾を投下されましたが、
日本も同時期に、原子爆弾を開発していたというのは本当でしょうか?

投稿日時 - 2010-08-22 13:58:01

QNo.6127183

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>太平洋戦争中、日本は米国によって、原子爆弾を投下されましたが

その通りですね。
日本人最後の一人になるまで「竹やりで、敵を倒せ!」と軍部が主張しなければ、広島・長崎の惨劇及び地方としまでの無差別爆弾投下(焦土作戦)の被害はありませんでしたね。
8月15日、午前8時頃にも「特別攻撃隊(特攻隊)」が出撃しています。

>日本も同時期に、原子爆弾を開発していたというのは本当でしょうか?

本当のようです。
昭和20年。福島県の田舎である石川町(当時人口5000人)を、B29が低空飛行でマシンガン攻撃を行っています。
B29なのに、何故か爆撃でなく「マシンガンによる攻撃」です。
戦後の情報開示によると、石川町ではウラン鉱石を秘密裏に採取していたようですね。
何故、軍部はウラン鉱石を採取していたのか?
原爆開発しか、目的はありません。
陸軍航空技術研究所安田中将グループが中心になり、仁科研究所で開発を行っていました。
仁科の「に」から、に(ニ)号爆弾と呼んでいたようです。
結局、ウラン精製が間に合わず「ドイツからUボート3隻で、ウランを日本に運送」しています。
この無線を傍受した米軍(マンハッタン計画実行中)は、日本からの「ウラン遅れ!」に驚愕したでしようね。
1隻は、マレー半島沖で米軍の攻撃を受け撃沈。
1隻は、米軍に投降。荷物には「日本向け酸化ウラン・560キロ」が積んであったようです。
この560キロという少ない量にも、米軍は驚愕しています。
(ゼロ戦に搭載可能な、ミニ原子爆弾を研究していたようです)
原爆開発には通常2トン程必要ですが、25%程度の少数のウランで原爆を開発していたのですからね。
560キロ程度のウラン精製には、あの福島県石川町のウラン鉱山で十分可能なんです。
(東京郊外・荒川にあった理研荒川工場(235濃縮秘密工場)は、米軍の猛爆撃を受けて跡形もなくなりました)

1944年7月頃?。東条英機は天皇に伝えています。
1.敵国は、極秘裏に原子核をつかう新爆弾を研究している。
2.日本も開発を行ってきたが、完成の目処がついた。
3.完成後は、ハワイに投下予定。戦況を挽回できる。
(以上、杉山元陸軍元帥が政府連絡会議を記録した「杉山メモ」より)

広島に新型爆弾が投下された後、陸海軍技術者・理研科学者は「原爆だ」と直ぐに判断しています。
原爆の事を研究していたから、直ぐに「原爆」と判断できたのでしよう。

戦後、日本の原子力研究は、ものすごい速さで成果を収めています。
戦時中に一切の研究が無ければ、ノーベル物理学賞はありえませんね。

投稿日時 - 2010-08-22 18:06:29

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.3

>日本が米国に対して原爆投下をした可能性がありますね・・

それは無いね。
アメリカ本土まで行ける飛行能力無かったから

投稿日時 - 2010-08-22 17:41:46

ANo.2

理論は研究してました。
 しかし、完成は不可能でした。
日本には原料となる『ウラン』がないのです。
 当時確保していていた全部の日本の領土ではウランはとれません

投稿日時 - 2010-08-22 17:07:59

ANo.1

本当です。日本だけでなくドイツも開発していました。アメリカもこのことを知っていたので、急いで開発して先に使用したのです。

投稿日時 - 2010-08-22 14:25:35

お礼

もし、日本が先に開発していたら、
日本が米国に対して原爆投下をした可能性がありますね・・。

投稿日時 - 2010-08-22 17:07:59

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-