こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

運動方程式 m(d^2x/dt^2)+kx=0 の固有角振動数、固有周

運動方程式 m(d^2x/dt^2)+kx=0 の固有角振動数、固有周期、固有振動数ってどうやって求めるんですか?

投稿日時 - 2010-08-09 11:52:37

QNo.6097187

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

これは簡単な二次の線形微分方程式です。これを解くにはx=exp(λt)と置けばいいのですが、その解は

x=Asinωt+Bcosωt  ω=√k/m となります。これは加法定理を使って

x=C・sin(ωt+δ) C^2=A^2+B^2 δ=arctan(B/A) と変えることができます。

この式の周期が固有振動周期となり、その値はT=2π/ω ですよね。 固有振動数は1/T 固有角振動数はωになります。

ここで気をつけなければいけないのは、t=πのときも t=0 の値に戻って来ますが、その微分値、つまり速度は符号が逆になっているので元に戻ったことにはならず、t=2πになったとき初めて初期値に戻って来たことになることです。だからωT=2πになります。

投稿日時 - 2010-08-09 12:44:06

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

固有角振動数、固有周期、固有振動数を求めるというのは微分方程式の解として正弦波を前提にしていることと等価です。
固有角振動数wを用いて
x=sin(wt)をm(d^2x/dt^2)+kx=0代入して
w=√(k/m)
ここに
w=2πf, fが固有振動数で
f=√(k/m)/2π
固有周期T=1/f=2π√(m/k)

投稿日時 - 2010-08-09 22:23:31

ANo.3

(d^2 x/dt^2) + (k/m)x = 0

ω= 2πf = √(k/m) , T = 1/f

f が固有振動数、T が固有周期です。

投稿日時 - 2010-08-09 12:44:23

ANo.1

その「運動方程式」を解く.

投稿日時 - 2010-08-09 12:00:58

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-