こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本は どうして原爆を使わなかったのでしょうか?

日本は どうして原爆を使わなかったのでしょうか?

日本は唯一の被爆国です。
日本は どうして原爆を落とされる前に 先に原爆を使わなかったのでしょうか?

多分 「持っていなかったから使えなかった」 あるいは「持っていたとしても
それを運んで落とす方法の準備が無かった」 が答えかと思います。

もし既に持っていて 使う事も出来る状態にあったら 日本は「唯一の被爆国」ではなく
「最初に原爆を使った国」になっていた可能性は無いでしょうか?

戦争で 原爆を先に使えば勝てるかもしれない状況だったら それでも使わないで
いられたでしょうか?

それを考えると 一方的にアメリカを責める事は出来ないような気もしますが
子供にでもわかるような 簡単な文章で説明して頂けると嬉しいです。

投稿日時 - 2010-08-05 10:47:04

QNo.6088266

54b

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

持っていたら使ったかもしれませんね、当時の日本だったら。
可能性だったら、幾らでも語れますが、あまり意味は無いかもしれませんね。

>一方的にアメリカを責める事は出来ないような気もしますが
被爆者とその親族で、アメリカを責めている人間はそう多くないと思いますよ。
みなが責めているのは「戦争」です。アメリカという個の国を責めてはいません。
私も被爆二世ですが、アメリカを責める気持ちはありません。
戦争の愚かさを考え、無くなった方の冥福を祈るだけです。

アメリカを責めている人は、責める事で何らかの利益を得られる、ごく一部の偏った団体ですね。

投稿日時 - 2010-08-05 22:39:03

お礼

お答えを読んで ホッとしました。
嬉しかったです
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-08-05 23:04:31

このQ&Aは役に立ちましたか?

14人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(18)

ANo.18

>日本は どうして原爆を使わなかったのでしょうか

 昭和16年12月香港島攻略戦に参加した、独立工兵第20連隊に、技術将校が観戦武官として赴任してきました。中隊への連隊長からの命令は、「絶対に戦死させるな。」であったそうです。しかしこの将校は、「第一線の戦闘状況を知りたい。」と前線を見て回ったそうです。

 香港攻略が成功して、この将校は離任して本来の任務に戻ったそうです。離任に辺り、中隊長に密かに観戦の目的を伝えたそうです。

1、日本は一発で東京を破壊できる爆弾を開発した。
2、爆弾の使用後、数十年は占領地としては使用できないと思われる。戦略的、戦術的に爆弾の価値は有るのか。
3、両軍対峙している前線で使用するにはどんな方法が可能か研究中であり、本官もその一員である。

 等々極秘に伝えたそうです。そして締めくくりに、「前線で戦死するも、同僚のように、脱毛と放射能の影響で苦しみながら死ぬのも、同じである旨理解して欲しい。」との発言があったそうです。

 生還した中隊長から直接取材したものです。戦史に、陸軍が原爆開発をしていたとの記述が見られないので、この事実は、ソ連軍侵攻と共に歴史の裏面に隠されてしまいました。私は、原爆の使用を実行に移さなかった当時の陸軍の英知を評価しています。

投稿日時 - 2010-08-14 10:58:20

お礼

中途半端なコメントは差し控えますが
貴重なお話を ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-08-14 14:42:49

ANo.17

日本は陸軍、海軍とも原爆の研究をしていました。
陸軍は「二号研究」海軍は「F研究」といいます。
途中で頓挫した理由はいくつかありますが、最大の理由は
やはりウラン鉱石が手に入らなかったからです。
当時の京都大学は物理学の面では世界で十指に入るくらい
レベルは高かったのですが、仮にウランが手に入ったとしても
開発は難しかった、という事もいえます。

日本はもし原爆を完成させていたら、ハワイに落として
戦況の打開をはかる考えがあったようです。
ただ、これは天皇が反対されたとされています。
その理由は、ここでは割愛させていただきます。

ただ、僕が思うには、日本も原爆が完成していれば確かに
使っていたかもしれません。
ですが、アメリカのように戦況がはっきりしているのに
使う、というのはしていないと思います。
あくまで、戦争に勝つために使うということです。

投稿日時 - 2010-08-12 23:23:36

お礼

たとえ使っていたとしても 目的に微妙な違いがある  ということですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-08-13 00:09:49

ANo.16

日本がすでに開発済みで、しかも攻撃できる態勢にあれば、使用したでしょう。戦争ですから当然と言えるでしょう。使える状態にあっても、使わなかったとは考えられませんね。しかしながら、当時の日本は、開発能力・財力ともに苦しく、完成させるだけの力はなかったということです。
ただ、責められることは、アメリカだけでなく、日本にもあるわけです。軍隊同士の戦いは、どちらにとっても、やるかやられるかの世界ですから、もうどうなろうとお互い様になります。しかし、武器を持たない民間人を狙い撃ちにするとなると、やはり、後に責めを負うことは免れません。日本なら、南京虐殺といわれる事件。アメリカなら、2発の原爆であり、各都市への激しい空襲でしょう。原爆が単に悪いというのではなく、多くの民間人を巻き添えにしたことが問われているのです。空襲もそうです。これも一つの大虐殺です。結局は、敗戦国の虐殺行為を咎められることはあっても、戦勝国の虐殺行為は咎められていない、ということになるのではないでしょうか。

投稿日時 - 2010-08-12 00:46:14

お礼

複雑な心境です。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-08-12 01:26:08

ANo.15

No10です。
失礼ですが、質問者様は戦争と言うものが、ルールのない殺し合いと考えていませんか?
また、現代の小市民的な「道徳」と浅い知識で、当時の「国際常識」を評価するという、自称平和主義者の陥りやすい思考に嵌りこんでいないでしょうか。

歴史や戦争の知識のない人間が、呪文の様に戦争反対を唱えても、戦場の悲惨さや、戦時下の生活を語っても、戦争を知ったことにはなりません。むしろ、それを叫んだことで、自分が立派な人間のように錯覚しやすい面があり、危険でさえあると思います。

前回の動画でもお分かりだと思いますが、当時も今も、戦争と言うものは、主権国家の権利である交戦権の行使に過ぎません。なので、どちらが先に仕掛けたかすら問題ではありません。(WWI以降は、「侵略戦争」のみ、国際法違反になっています。)
昔から戦争にも国際法というルールがあります。勝てば全てが正当化されるわけではありません。
WWIより前は、調停を行う国があったので、終戦時の戦況に見合った条件で講和が結ばれています。
戦争犯罪も中立国が参加し、公平に裁かれています。
ただ、WWIIは勝った方が世界を支配してしまい、敗戦国・中立国は意見が言えなかったという、異常な終結を迎えてしまいました。それによる情報操作で、敗戦国が一方的に悪とされているだけです。
それだけでも、異常な戦争ということができます。

日本も原爆があったら使っただろうから、アメリカを責められないという意見がありますが、
それは、アメリカのように、民間人の無差別殺戮に使った場合です。
この理屈だと、車を買うお金すらない者しか、ひき逃げ犯を責められません。
それに使用しなければ、単なる「威力の大きい兵器」です。
使わずに、抑止力として講和の材料にしたことも考えられます。
これらを考えずに、アメリカと同様に考えるのは無意味です。
日本は、国際連盟で人種差別条項の撤廃を要求したり、戦時下のアジアの占領地でも現地人を虐待してはいませんし、捕虜の扱いも人道的でした。(東京裁判で、捕虜虐待で有罪となっているのは、朝鮮人兵です。これは連合軍兵士が証言しています。)
以上から、私は日本が原爆を持っていたとしても、無差別殺戮に使用したとは断言できません。


質問者様の原爆に対する評価ですが、他回答者の内容によって、個人と国家としての区別がゆれているように思います。
個人として、恨んでいないといわれれば安心し、国家犯罪と言われれば、そちらに傾く。
これでは、知識の浅い自称平和主義者と言われても、仕方が無いと思います。
まず。質問者様個人の感情と、客観的に見た国家の行為としてのアメリカの原爆への評価を分けて、それぞれ考える必要があると思います。どちらにしても知識が必要ですが。

投稿日時 - 2010-08-10 23:45:52

お礼

度々 ありがとうございます。

知識不足と言われれば その通りと自分でも思います。 その上での質問であり 「知識の浅い自称平和主義者」は当たっているかも知れません。
色々な方からお話を聞かせていただいて、 その都度感じた事 思った事をお礼の中に書かせてもらっている状態ですので それを揺れていると言われれば否定は出来ないかも知れません。

ただ 説明文が硬くなってくると 自分でもどこまで理解出来ているのか 自信が無くなってきそうなので 不安があります。
それと とても『ベストアンサー』など簡単に選べないなー とも思うようになってきました。
強引に選ぶとしたら 広い意味でのベストアンサーではなく 知識の浅い平和主義者の自分にとって都合の良いお答えを選ぶしかないような気もします。

今 取り合えず書けるのは こんなところです、 ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-08-11 01:19:09

ANo.14

当時は日本も原爆の研究開発を行っていました。
しかし、本音は間に合えば先に使っていたと言うところでしょう。

被爆国と言っていますが、現実は先に使われてしまっただけの話。
軍部が精神論ではなく、もう少し兵器開発や現実に即した事に力を注いでいればアメリカより遥か先に原爆を使用していた事は間違いないでしょう。

細菌、化学兵器も捕虜や韓国朝鮮人などを利用して人体実験も行われていました。

負けた負けた、やられたやられたと一方的に被害者面してますが一歩違えば加害者になっていたと言うのが事実です。

戦争は起こしてはならないと口で言っても、普段は平気で暴力を振るう、飲酒運転は平気・・・
そんな普段の行動を改めないと戦争は無くなりません。
大きなこと言っても小さなことが出来ていないなら話になりませんね。

投稿日時 - 2010-08-10 08:19:04

お礼

戦争とは そういうものなんでしょうね、
勝つためなら何でもアリ 負けたら別な手を使って相手を攻撃・・・
これでは 未だ戦争は終わっていないようにも思えます。

お答えの 後の方の文章も 良くわかります。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-08-10 11:21:30

ANo.13

1.日本が原爆を使ったかどうか?

>戦争中に既に原爆を所有し投下する能力があれば、アメリカ本土を攻撃できていたと思うし、日本に有利な講和を達成する手段として利用したことは十分考えられたでしょう。ただし、アメリカ本土に近い東太平洋上には日本の基地も制空権もなかったことを考えれば、やりたくてもやれなかったでしょうね。

2.原爆と他の兵器の違いについて

>原爆も通常爆弾や焼夷弾による空爆も、日本が受けた空襲攻撃には変わりません。確かに原爆はたった一発の爆弾で短時間のうちに県庁所在地である広島市をほぼ全滅させてしまったわけですが、東京をはじめとした日本の大都市や軍需工場がある市町村を襲った大空襲は数多く行われ数十万人の日本人が殺戮されたり、また、一生涯背負い込む障害を持たされてしまった国民も広島市の人たち以上におり、戦後もその障害のために健康上も社会生活上も多大なご苦労をされたことだろうということも事実です。

>私も小学生時代に広島市に住んでいましたので、原爆の悲惨さは他県の方より理解していますが、ことさらに広島と長崎の原爆投下を特別なものとして扱うのはどうかと思う気持ちがあります。敵の戦闘威力を失わせる手段としては、絨毯爆撃で何万発も投下される爆弾と原子爆弾は兵器という意味では同じではないかと考えています。問題はたった一発で仕留めるか何万発も使うかの違いだと思います。

投稿日時 - 2010-08-08 23:03:53

お礼

日本が 「 原爆を使った国 」 にならなくて良かった と思っています。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-08-08 23:30:36

ANo.11

例えば、
当時の日本は大量の生物化学兵器を保有していました。
そのうち実戦で本格的に使用されたのは、日米開戦の前、上海近郊にペスト菌を散布(1940年10月:死者106名)したことのみで、日米開戦以降は一度も使われていません。ちなみに、日本は生物兵器を禁止したジュネーブ議定書を批准していないので法的には使用することは出来ます。
何故使われなかったか。それは米国も同様に生物化学兵器を保有しており、その化学兵器による報復を恐れたためです。
要するに抑止力が働いた、ということです。

逆のケースもありまして、日本の主要都市を空襲でほぼ焼き尽くした米軍は、次に農村部に枯葉剤の散布を計画しますが、作戦実効直前に中止となりました。
これも、日本の化学兵器による報復を恐れたためです。

と言う事例を踏まえまして、仮に日本も原爆を保有していた場合に使用したかどうかは、恐らく使用しない、でしょう。この場合は恐らく米国も使用しません。

投稿日時 - 2010-08-05 20:35:51

お礼

ということは 「日本はやはり原爆を持っていた方が良かった」 という事になるのでしょうか。
心が揺れてしまいますねー
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-08-05 22:59:11

ANo.10

年齢に応じた説明をする用意はありますが、年齢も言わずに、無関係な他人である解答者に一方的な努力を要求される覚えもありません。難しかったら申し訳ありません。(文章からそれを要求できる程子供とも思えませんし)

>日本は どうして原爆を落とされる前に原爆を使わなかったのでしょうか?

持っていなかった→作れなかった→ウラン鉱石から原爆に使用できるまでに濃縮できなかった。


>戦争で 原爆を先に使えば勝てるかもしれない状況だったら それでも使わないでいられたでしょうか?

多分可能なら使ったでしょう。ただ、アメリカのような使い方をしたかは疑問です。
(日本は人種間の偏見はありませんでしたし。)
これにはいつ使ったか(何時の時点で持っていたか)も問題になります。
対米戦争開戦前に持っていたら、どこも日本と戦争などしようなどとは思いません。
国内の離島(海上)での実験を見せるだけで、どこも戦う気はなくなります。
戦争中なら、占領された島に対して、使用することはあるかも知れません。
初戦でいきなりハワイには使わないと思いますが。
同時にアメリカが持っていたとしても、共倒れの恐怖から、講和の材料になります。
アメリカ本土に落とせなくとも、ハワイ、占領中の島に使えば、その被害でアメリカの世論は反戦・講和に傾きます。


アメリカだけを責められるのか?

法において、罪というものは、行為が対象になります。
ナイフの所有は許可されていますが、それで人を刺せば犯罪です。

(一部で)アメリカが責められているのは他に理由があります。
アメリカは、日本を原爆の人体実験場にしました。
当時、日本はもう戦争を続けるつもりはなく、条件さえ合えば降伏するつもりでした。
しかし、戦後ソ連を抑える為や、人体への影響を見るために、日本が飲めないような無理な条件を出し、原爆を使う為の準備の時間を稼ぎました。
2発落としたのは、広島と長崎の原爆はタイプが違うので、個々にデータが必要だったからです。
また、広島は軍港があり重要拠点だったのですが、アメリカはそこを爆撃をせず人を集めました。
これも、人体実験のサンプルを多く取るためです。


(何故か)アメリカがそれほど責められていない理由。
実は、東京裁判で、アメリカの弁護人が、原爆を戦争犯罪と主張しています。(動画参照)
しかし、アメリカはそれを含む都合の悪い主張を却下し、全ての戦争責任を日本に負わせ、自分達は日本国民を、悪い政治家や軍人から救った解放者だと宣伝し、日本人はそれを信じて洗脳されてしまいました。
未だに、原爆は日本を解放するのに必要だったと思い込む人がいるのはそのためです。

嗚呼 大和 戦後アメリカが日本に行った洗脳
http://www.youtube.com/watch?v=twxtQ6_qTIU&feature=player_embedded

投稿日時 - 2010-08-05 18:44:57

お礼

貴重な映像を見せていただき ありがとうございました。
驚きと怖さを感じました。

だんだん難しくなってきましたが 頑張ってついていきます。
「開戦前に(日本が原爆を)持っていたら どこも日本と戦争などしようとは・・・」 というのは どこかの国が核を持とうとしている事に対しても理解して上げなければならなくなるようで 不安を感じます。
責められないために核所有国を目指すという考えも認めなければイケナイ事なのかな~ と思ってしまいました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-08-05 22:52:39

ANo.9

>原爆を使った国の方が 使わなかった国より悪い とか 犠牲者を多く作った国の方が悪い だからその国は相手国から 永遠に避難され続けられるのは当然 というものでもないでしょうし・・・

ちまたでどういう批判がなされているか正確には分かりませんが、原爆の特殊性というのがあるんですよね。原爆というのは、放射線被爆というのがあります。

つまり、原爆を落とす。爆発する。被害が出る。

これで終わらないのですね。

原爆で生き残った人には放射線の恐怖が死ぬまで続くわけです。

すなはち、戦争が終了しても被爆者には、死ぬまで、米軍の攻撃が続くと理解してもらっていいでしょうか?

戦争が終了しても戦闘行為が継続するものを落とした。このことについては容認できるはずもないのです。

これを理解していただければ、原爆についてのみなさんの意見もある程度はご理解いただけると思うのです。

投稿日時 - 2010-08-05 17:23:48

お礼

日本は 使えなかったという事情があったにせよ 「使わなかった国」でいられて
良かったな~ と思いました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-08-05 22:18:43

ANo.8

>日本は唯一の被爆国です。

正確には、外国の原爆によるです。

アメリカやソ連は国内で原爆実験をしており一般の兵士をかりだして実験で被爆者を多数だしているはずです。

投稿日時 - 2010-08-05 17:10:54

お礼

そう言えば しばらく前に国内でも事故よって被爆し亡くなられた方が
出てしまいましたね。放射能の怖さを知りました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-08-05 22:10:26

ANo.7

説明が良くなかったですね。

秋葉原の事件、仮に法律で違反でなかったとしたら--->罰せられないけど、容認できません。

原爆の件、法律違反ではありません。(当時)--->罰せられないけど、容認できません。

同じことです。

投稿日時 - 2010-08-05 16:12:20

お礼

度々ありがとうございます

犠牲者を出さずに戦争できれば良いのですが(戦争しても良いという意味ではありません) 
実際は必ず犠牲者は出てしまいますね。
双方共にそれぞれの正義感の上での戦争かとは思うのですが 原爆を使った国の方が 使わなかった国より悪い とか 犠牲者を多く作った国の方が悪い だからその国は相手国から 永遠に避難され続けられるのは当然 というものでもないでしょうし・・・

なかなか難しいものですね、 ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-08-05 16:49:56

ANo.6

>例に挙げられました秋葉原事件は 殺人という してはいけない事をした事件ですが 
原爆という物は 「戦争中でも 使ってはいけない物」 というルールがあったのでしょうか。

原爆には法の適用はありません。しかし、法違反でないから、あなたはしてもいい、という論理なのでしょうけど、容認はできません。

この論理は日本人の論理としては間違ってはいないと思いますけど。

投稿日時 - 2010-08-05 15:53:15

ANo.5

>それを考えると 一方的にアメリカを責める事は出来ないような気もしますが子供にでもわかるような簡単な文章で説明して頂けると嬉しいです。

まず、日本がアメリカの立場なら使っていたのだから、アメリカを責めることはできない。この論法で行きますと、例えば、秋葉原で通り魔的殺人事件が起きたわけですが、彼の立場なら誰でもやったのだから、彼は無罪である、とも言えます。

アメリカはどれくらいの規模で被害が起きるかは実験で、ある程度分かっていたはずです。秋葉原の犯人も、殺傷事件を無差別にやれば、たくさんの人が悲しむくらいのことは知っていたはずです。

これは、論法としてはあるかもしれませんが、容認できない論法でありますね。

投稿日時 - 2010-08-05 13:01:50

お礼

原爆を落とせば どういう被害が起こるかは知っていながら アメリカは使った。
日本も原爆を持っていたら 同じ事をしてしまっていたかも・・・
これが戦争なんですね。
今は被爆国と言う立場なので 原爆を使った国を責める事が出来る立場にいる という事なのかも知れませんが 何か 未だ戦争が続いているような錯覚を起こしそうです。

例に挙げられました秋葉原事件は 殺人という してはいけない事をした事件ですが 
原爆という物は 「戦争中でも 使ってはいけない物」 というルールがあったのでしょうか。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-08-05 14:45:49

ANo.4

何々があったら、あれをしなかったら、これをしていたら
こんなことを持ち出したら歴史など語れません
日本には原爆を作る力がなかった:
アメリカもデュポン社がフッ素の実用化を成功させていなかったら
爆縮法に成功していなかったら
リーゼマイトナー(ドイツ人)がウランの核分裂を発見していなかったら
彼女がそのことをニールスボーアでなくナチスにに知らせていたら
アメリカは原爆を作ることが出来なかったのではないか
このように多くの要素が絡みます

日本の原爆開発のドラマがありました
郡部に無能呼ばわりされた物理学者は原爆など小学生でも作れる、30キログラムのウラン235を持ってこい、目の前で作ってやる

JCO事故でも分かるでしょう
材料さえあれば誰にでも作れるのです
日本になかった物、30キログラムのウラン235
だから日本は原爆を作れなかった
ドイツはウランの核分裂を知らなかった
だからドイツは原爆を作れなかった

投稿日時 - 2010-08-05 11:29:09

お礼

「作れなかった →→ 使わなかった」 ということでしょうか
作れなくて良かったような気もします。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-08-05 14:21:30

ANo.3

歴史を語るときに、
「たられば」
で論旨持って来られると話になりません。
事実だからこそ成り立つので。

原爆を実戦で用いた唯一の国はアメリカです。
これは事実だからこそ、アメリカは責められるべきなのです。

もし日本が原爆を開発してい「たら」
原爆を使用してい「れば」
使ったかもしれないからアメリカを一方的に責める事は出来ない。

これはあくまで仮定の論理にしかなりません。

仮に原爆を開発していたとして、実際に原爆を所有していたとして、
どこに落とせますか?
当時の日本の状況で、アメリカ本土まで原爆をどうやって運んでいくのですか?
風船爆弾に結わえ付けて風まかせにするしかないのでは?
可能性自体限りなくゼロです。


以上のことは置いておいて、
「実際に落とすことが可能ならば」
それはカードとしては強力な切り札ですから(戦況が圧倒的に有利なアメリカでさえわざわざ使ったくらい)
使った可能性は十分にあり得ます。

ただし可能性だけで
「日本も使ったかもしれないから相手を責められない」
という結論にはなりません。

投稿日時 - 2010-08-05 11:03:27

お礼

つまり アメリカは原爆を使ったのだから 責められるのは当然で
日本も 使っていたら当然責められるべき という事ですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-08-05 11:28:27

ANo.2

 日本は原爆を開発中でしたが、完成していませんでした。
 もし完成していたら、使ったでしょう。
 戦争中、日本は中立国を通してアメリカに原爆使用を抗議しました。 
 今はアメリカの核兵器に守られているので、責めてはていません。
 ただ、原爆被害者を追悼しているだけです。

投稿日時 - 2010-08-05 11:01:48

お礼

アメリカを責めている訳ではないんですね、
少し勘違いしてたかも知れません。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-08-05 11:21:05

ANo.1

日本がアメリカに戦争を仕掛けました。
アメリカ・オランダ・中国・オーストラリアに
無数の爆弾を落として無数の人間を殺しました。
当時の戦争のルールでは兵器の種類に制限が無く
新兵器はなんでも使って良かったので、
日本が先に原爆を作っていれば100パーセント先に
使っています。

たとえば、
「100メートル先に金属バットを置いて
同時にスタートして先につかんだ方が相手を殴るとことにする。やるか?」
「よし、やろう。」
と両者同意して負けた方が
「金属バットで殴るなんてひどいじゃないか」
と抗議できるでしょうか。
できませんね。

日本はアメリカを責めることはまったくできません。
被ばく者は日本政府に抗議するべきなのです。

投稿日時 - 2010-08-05 10:53:25

お礼

なるほど  すごくわかりやすいお答えです。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-08-05 11:16:49

あなたにオススメの質問