こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英語社内公用語化について

英語社内公用語化について

すでに他のQ&Aでも議論されていますが、楽天やユニクロが英語を社内の公用語にすることはすでにご存知だと思います。それに対して賛否両論ありますが、私なりの考え方をまとめてみましたので、これに対して皆様のご意見をお聞かせ下さい。

まず、日本には「英語オタク」と言う人たちが多数存在します。楽天やユニクロの社長が英語オタクかどうかは分かりませんが、例えば英語圏ではない国に旅行に行っても、現地語を覚える気は全くなく、一般庶民に英語で話しかけて、通じないとバカにするような人のことです。つまり、英語万能主義者のことですね。

イギリスのスパイ・007は世界中に派遣されるが、それがアジアだろうがロシアだろうが、不思議なことに007自身は英語以外は全く喋らず、行く先々で都合よく英語が喋れる人が現れ、英語だけで任務を遂行してしまう。
現実にはそんなことはあり得ないが、英語オタクは世界中がそうなることを望んでいるようです。

まるで「お前らは米帝国主義者の手下か?」と思わせるほど、英語オタクの人たちは、非英語圏への英語普及運動を積極的に行っているんですよね。

カナダやオーストラリアなどのイギリス連邦の国の公用語が英語なのは当然だとして、かつてイギリスの植民地だった国は、現在でも英語(及び現地語)が公用語になっています。
また、ドイツやオランダなど、ゲルマン語派の言語に属する国は、英語ができる人が多くいます。
しかし、それ以外の国では、英語ができる人はむしろ少数です。
フランスやブラジルなど、英語の氾濫を警戒し、自国の言語を守ることに必死になっている国もあります。

日本は言うまでもなくイギリス連邦の国でもないし、過去にイギリスの植民地になったこともありません。日本語はもちろんゲルマン語派の言語ではありません。
日本は敗戦からサンフランシスコ講和条約締結までの間、連合国の統治下にありましたが、英語の使用を強制されたことはありません。

このような国で、英語の氾濫を容認し、正しい自国語を話すよりも英語を話せる方が重要だと考え、「社内の公用語は英語にします」なんて言っている国が他にあるでしょうか?あったら教えて下さい。
もし一部の英語万能主義者(英語オタク)の人たちのために周りが振り回されたのではいい迷惑です。

そもそも各国にはそれぞれ習慣がありますから、全てを英語だけで通そうとすると誤解を生じることがあります。
例えば日本人はすぐに「すみません」と言うけど、英語圏では簡単には「ソーリー」とは言いませんよね。
去年の3月に、国際宅配便のフェデックスの貨物機が成田空港で事故を起こし、顧客の荷物が全焼しました。また、滑走路が閉鎖され、他社の多数の便が欠航になる事態を引き起こしました。

この時、フェデックスの記者会見がありましたが、英語で「事故原因を現在調査中」という言葉を繰り返すだけで、日本人の目から見たら、大変不誠実な対応でした。
日本の航空会社なら、事故原因がどうであれ、まず謝罪をします。

もし楽天やユニクロが不祥事を起こし、謝罪会見を開くことになったらどうするのでしょうか。英語で記者会見したら、恐らく「ソーリー」とは言いませんよね。
恐らくフェデックスの時と同じように、日本人の目から見たら、不誠実極まりない会見になるのは目に見えています。
もし社員のお葬式があったら、お坊さんは英語でお経を読み、お悔やみの言葉も英語で言わなければいけないのでしょうか。

また、ユニクロは中国に1000店出店する予定らしいですが、台湾や韓国、旧満州(現在の中国東北部)はかつて日本の植民地だったこともあり、日本語ができる人が多くいますが、それでも日本語ができる人を採用せず、英語ができる人だけを採用するのでしょうか?
コストの面を考えたら、日本語ができる人の方が安く雇えると思うのですが。
また、中国の地名や人名、料理の名前など、日本人なら漢字を読めば分かるのに、わざわざ英語表記にする方が混乱すると思います。
「陳満腹さんは北京の大都飯店で青椒肉絲を食べた」という文章は、英訳するよりそのままメールした方がはるかに早いと思いますがね。
日本語がペラペラだけど、英語嫌いのフランス人は採用されないのでしょうか。

若者は正しい敬語すら使えないのだから、まず正しい日本語を使えるように訓練する方が先だと思います。英語ができなければクビだと言われれば、自分の日本語を直すより、英語学習の方に気が取られてしまうでしょう。英語学習に時間を割かれ、本来の業務が疎かになるのも心配です。
企画力、統制力、実行力は抜群なのに、英語ができないという理由だけで冷遇されれば、その人の実力を発揮できません。
社内の人にとっても、顧客にとっても、メリットがないように思います。

投稿日時 - 2010-07-28 15:34:41

QNo.6070448

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

あなたの言うことは正しいです。私はオランダに住んでますが、こっちの人間は言語が得意と自負していますが、私の英語は平均的オランダ人よりも上だと自負しています(笑)。オランダ人は自分たちの都合に合わせて、英語を話したり、英語を話せない振りをしたりする輩が多いです。後、話す能力や英語圏の"白人的思考"と通じ合いやすいということのほうが、言語自体よりも大切だと思っている人間が多いです。実際その通りのケースも多々あります。オランダ人に英語の文章を書かせると、驚くことは頻繁にあります。例えばToとTooをあべこべで使ったり、Won'tとWantをあべこべにしたり。基本が全くできていないのに、話術はかなり巧みな人達です。

それに比べて日本人を見てみると、文法や文章はしっかりしていても、心と心が通じ合う会話をできる人はほとんどいません。
西洋文化を崇拝していないと、英語を話せても相手にされなかったり、不等に扱われることがおおいのです。
女性のほうがそういうことが得意な人が多いですが、それは実は日本人側の男性/女性の問題だけでなく、向こう側の興味や、意図にもよるのです。国際結婚で外国人女性と日本人男性というカップルのほうが少ないのをみれば分かることです。

日本社会自体、欧米崇拝国の代表みたいなものだから、英語オンリーなどという異常な会社も出没するのでしょうね。。
そこまで成り下がった日本に帰国したいとは思えないのは残念です。

投稿日時 - 2010-07-28 16:37:43

お礼

オランダからの書き込みありがとうございます。
オランダに在住の方から見ても、英語オンリーの企業は異常に感じますよね。
自国の文化への愛着と、他国の文化への理解もないのに、無理やり英語で話しても心は通じませんよね。

投稿日時 - 2010-07-28 17:39:40

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(15)

ANo.15

こんにちは、
まだ続いてますか?
--
旧約聖書の「創世記」11章 (バベルの塔)

その昔人々は一つの言語を話して居たが、神の怒りに触れ
互いの言葉を理解できないようにさせられた結果、意思疎通が困難に
成って世界各地へ散って言った。
----
言葉と言うものは、意思疎通だけのツールでは無い。
権力者が、大衆をコントロールするのに一つの言語で
命令出来れば、こんな便利なものは無い。
---------
昔(イニシエの話では無く)高々7~80年前、日本はアジアを席巻し
日本語を話せない現地人を家畜以下に見下し馬鹿にしたものです。
現地人は、支配者である日本人に媚を売りこぞって日本語を話す
ように成った。
-----
日本は、1945年戦争に負け、アメリカの支配、従属を自ら望み、嘗ての
アジアの現地人さながらに、英語を覚えて支配者のご機嫌取りを競った。
--
GHQは、日本の公用語を英語化しようと試みたが、文人(文壇)や言語学者
の猛反対で断念、その代わり、文字をローマ字一辺倒にしょうと試みたが
これも、猛反対で断念、←この頃(仮名文字論者達が)漢字を廃し仮名
オンリーで行こうと言う動きも有った。
巷には(パングリッシュ)←と言う奇妙な英語が罷り通って居た。(オンリーさん、なんて言葉も有った)
---
日本人達は、支配者達の言葉を何とか獲得したく、65年経った今も、英語の喋れ無い事は恥ずかしい
事だと国民は皆思っている。
---
三木谷さんや柳井さんは、支配者達の言葉を獲得する事は、日本人の必須条件
だと、はっぱを掛けてくれる訳だから偉い!!
------
もし、アメリカが世界の支配者で無かったなら(エスペラント語が)←公用語だったら、恋も、国際会議も通訳無しで人々の心は通じ有って居たかも…

投稿日時 - 2010-08-09 01:14:46

ANo.14

質問と言うより意見表明のようですが、私もメリットよりもデメリットの方が大きいと思います。ただ、allwinnerさんも極論すぎますね。
結局、楽天やユニクロもグロバーバル化の波に呑まれるだけで、グローバル化のマイナスの部分だけを背負う羽目になるでしょうね。

投稿日時 - 2010-08-05 12:58:02

ANo.13

楽天とユニクロがこれからの日本市場に見切りをつけた(日本人のお客さんが商品を買ってくれなくなった)、というだけのことです。

そうでなければ、ホンダの伊東社長が言われるように「日本国内(の業務)で全部英語、こんなバカな話はない。」となるはずです。

日本では日本語、米英では英語、中国では中国語と使い分ければよいことです。

蛇足ながら、質問ではなくアンケートにして、簡潔な文章にすればなお良いと感じました。

投稿日時 - 2010-07-29 18:55:09

ANo.12

質問のテーマがわかりにくいのですが、一番言いたいことは
「英語至上主義は間違っている」
という認識でよろしいですか?

まず前提から。
私自身はアメリカ生まれなのに英語・米語両方話せない人間ですが、
楽天とユニクロでやろうとしている英語の共通化は無意味であると思ってます。
日本人同士のミーティングで英語で話すなんて、思考言語から変換するというロスが発生して生産性が落ちますから。


でもだからといって、質問者の言う英語に対する拝外感情には同意できません。
英語の話者の割合は世界一なのはご存じだと思いますが、大卒以上に限定すればさらに割合が増えます。
一時期はフランス語が外交プロトコルだったように、英語も単なるビジネスプロトコルと見なして使うようにする方が合理的なのでは?
たとえばの話、HTMLは英語ベースですがこれを排斥しようとはしないですよね?

投稿日時 - 2010-07-29 16:16:28

補足

ご回答ありがとうございます。

>質問者の言う英語に対する拝外感情には同意できません。

私は太平洋戦争中の日本のように、英語を一切使うなと言っているのではありません。
実は私自身もイギリスへの留学経験があります。
でも、私がイギリスへ留学して気付いたのは、英語はイギリスの国の(イギリス国内の)言葉だな、ということです。
他の国で英語が話されているのは大英帝国時代の名残で、イギリス以外の国で話されている英語は、各国特有の訛りがあるのはご存知だと思います。
つまり、イギリス以外の国で話されてる英語は、所詮「イギリス語」ではないのです。
私は「イギリス語」は好きですが、非英語圏の人が英語を話すことに違和感を感じます。
ましてや日本人同士で英語を話すなんてナンセンスです。

投稿日時 - 2010-07-29 23:55:48

ANo.11

私はニューヨーク在住でアメリカの会社で働いている者です。
質問者の方のお気持ちは非常によくわかります。
私達日本人が、基本的に私達の国だけで通用する言語を持っていることは、素晴らしい、かけがえのないことであると思います。
しかし、海外に住む私どものような人間からみれば、これからの日本が日本国内でのみ経済を循環させるのは至難の業で、日本企業のマーケットは「世界」を目指すべきであると思います。
英語は、その世界の「顧客」のマジョリティーが使う、あるいはとりあえず取引上、便宜的に流通している言語であることは否めない現状です。商人が、お客に通じる言葉を覚えて使おうとすることは、なにも自国の文化を否定することではなく、自国の文化を輸出し、広げていくステップと考えることはできないでしょうか。

話がそれるようですが、それは商品だけではなく、あらゆることに言えると思います。私は、日本の素晴らしい文化が、言語のせいでなかなか世界の人々に理解され浸透していけないのが、いつもとても歯がゆいのです。
言語が重要な要素をしめる文学や映画、思想や、日本人の日々の暮らしに根付く美徳や伝統など、わたしからすればもっともっと世界に輸出したい素晴らしい有形・無形のものが日本にはたくさんあるのです。
長い目で見ても、多言語を使える日本人が増えたり、外国人が日本の企業で働いて日本を理解してくれることは、価値のあることだと私は思います。そういう意味においても、英語をオフィシャル言語にするというのはひとつの手だという気がします。

スペイン人の同僚は、以前スペインで働いていた会社ではいろんな国から才能のある人材が集まってひとつのプロジェクトに関わっていたが、便宜上英語をオフィシャル言語にしていたと言っていました。おそらく社員の統計をとっても、英語が一番理解されやすいとの判断なのではないでしょうか。
将来、アジアをメインターゲットにした日本企業で、社員に中国人が多い場合、中国語をオフィシャル言語にするという可能性だってあるかもしれません。

会社の公用語を別の言語にしたところで、日本で生まれ育った人間のアイデンティティーは失われるものではありません。私などは、外国に来てからむしろ日本に対する理解が深まり、よりいっそう自国の文化を愛し、誇りを持つようになりました。また、日本文化をより正しく理解し、伝えたいとも思っています。

話が大きくなりすぎて申し訳ありません。長文、雑文を読んで頂いてありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-29 11:30:34

補足

ご回答ありがとうございます。

>これからの日本が日本国内でのみ経済を循環させるのは至難の業で、日本企業のマーケットは「世界」を目指すべきであると思います。

No.9の方への補足でも書きましたが、再度掲載します。

最近になってよく聞かれるセリフですね。
でもこれってちょっとおかしくないですか?日本は明治維新以降、「加工貿易国」として、日本製品を多数海外に輸出して来ました。
1980年代には、日本人が世界中に物を売り付ける様を、外国人は「エコノミックアニマル」と呼んで呆れていました。
物を作っている企業はとっくに海外に出ているし、近年はインターネットの普及により、個人でも海外に向けて物を売っています。

国内で業績不振で商品が売れない企業が、海外に出ればたちまち商品が飛ぶように売れると思っている人がいますが、国内で売れない物は海外に持って行っても売れません。
逆に、国内で売れている物は、社員全員が英語を覚えなくてもちゃんと海外でも売れます。

まず初めに売れる商品ありきで、企業が成長を維持したいなら、まず売れる商品を作ることです。
ユニクロが社員全員に英語を覚えさせると聞いたら、ユニクロは海外で訪問販売でもさせるのか?と思ってしまいます。
それとも詐欺まがいの巧みな話術で相手に物を売り付けようと言う魂胆でしょうか?
商品が売れることと、語学力の間に因果関係はありません。

投稿日時 - 2010-07-29 23:37:27

ANo.10

No.8です。
仕事柄、いろいろな国の方々と同時に会議を行う場合が多く、そうなりますとどうしても英語で話すのが
手っ取り早いので英語になるのだと思います。
仕事でこんなに英語を使うとは学生時代には全く思いませんでした。
今はセンター試験と言いますが、当時の共通一次世代で、二次試験では極力英語の配点比率の低い
あるいは英語がない大学を選ぶのに苦労したくらい語学は好きではありませんでした。
しかしながら、働くようになって自分も英語を勉強し始めた時に改めて、母国語である”日本語”の素晴らしさに気ずきました。
表現力の豊かさは世界中捜してもこれほど多くの言葉をもっている言語はおそらくないのではないでしょうか?
そういう意味では英語を勉強してよかったと思います。
”もったいない”、”津波”というような言葉は日本語を全く知らない人でも知っています。
粋な表現も日本語独特だと思います。
例えば、”春夏冬”しゅんかとうではありませんよ。
よくこの漢字を見てください。”秋”がないですよね。
なので”あきない”→”商い”と読みます。
こういう洒落の聞いた言語って中々他にはないと思います。
そういえば、”粋”とか”せつない”って本当にこのニュアンスを英語で伝えるのは難しいです。
日本語はほんとうに美しい言葉だと思います。

投稿日時 - 2010-07-29 09:53:32

ANo.9

社内公用語については勝手にやれば良いと思います。
メリットがあると判断した会社は今後取り入れていけば良いし、メリットがなければ廃止されるだろうし。
楽天、ユニクロは今回のことでコマーシャルにもなったし、うちは優秀な人が働く会社ですよ~とアピールできたし、まずはOKって感じではないでしょうか。
日本では賢い人イコール英語が喋れる人ってとこあるでしょ。
以前、石原知事が聞き慣れない単語を連発してましたが俺って賢いぜぃって感じだったんじゃ無いでしょうか。言葉を伝える側のしゃべり方ではありませんが。

私個人としては、英語は必要とは感じませんが、簡単にマスターできるならしたいです。
ただし、島国日本では英語を覚えたところで、そんなに使うか?と思いますし、10年もたてばきれいに忘れるのじゃないかな。
その点では楽天に入ると忘れることは無いのかなぁと思います。

要するに思いを伝えたい相手がお年寄りなら分かりやすい日本語で、英語しか分からない人なら英語で話しますよ。英語も使わなかったら忘れるのでその時のために普段から使って練習しましょうってことなんじゃないでしょうか。


てか、日本語でも英語でもポルトガル語でも何でも良いから世界中同じ言葉にして欲しいです。

投稿日時 - 2010-07-29 02:50:50

ANo.8

本件は質問に対する回答を求めているわけではなくて、意見を求めているだけなのですよね?
ならば何をここに書かれても質問者さんはいちいち反論せずに基本的に受け入れるべきだと思いますよ。そうでないならこんな文書をアップすべきでない。

さて、私の意見は以下のとおり。
基本的に私は下記に示したとおり英語万能主義者ではありません。
http://okwave.jp/qa/q6053433.html
いまさら英語なんてやったって、というのが私のスタンスです。他の質問でのあなたの意見を拝見しましたが、英語とベトナム語がお出来になるそうなのでお分かりになるでしょう。私は上の回答で書いたように、これからは英語以外にスペイン語か中国語が必要だと思ってますけどね。

少なくとも日本語だけじゃだめ。これは明らか。

これからの日本は少子高齢化で先細りですから、どの企業も成長を維持したいなら外国に出て行かざるを得ない。企画力、統制力、実行力が抜群でも外国人と話が出来ない人材は冷遇されて当たり前。だって一番基本的な人とのコミュニケーションが出来ないんですから。これじゃ何にも出来ないのとおんなじです。

何語であってもいいから日本語以外の外国語を身に着けるべしと。

そんなことは分かっているはずなのに、日本人は英語を初めとする外国語が苦手。何でか?日ごろ外国語を使う機会がないからです。そんな環境の中で外国語を身につけるような人はよほどの物好きか暇人、じゃなかった、心に余裕を持った人物です。

そこで優秀な経営者は考えた。社内の公用語を英語にして毎日英語漬けにすれば社員の語学力は高まる。ほぼ全員が何らかの外国語を話せれば、他の日本企業に比べて国際競争力が高まるはずだ。
もちろんあなたのおっしゃるように英語が話せたってそれだけでは利益は生まれませんよ。そんなことは当たり前です。でも外国に出て行く素地としては大きいでしょうね。

日本人社員が海外に赴任すると、最初の一年は語学の習得だけでほとんど終わってしまうことが多いです。私も最初の三ヶ月はちょっとひねられると途端に何も言えなくなりました。英語の会議で発言なんてとんでもない。話すことが思い浮かばないんです。
ところがユニクロや楽天の社員は外国に行ったらいきなり即戦力です。本当にそうなるかどうかは分からないけど、そうなって欲しいという願いがあるのでしょう。
社員に語学力を身につけさせるには海外研修に出す方法もありますが、一人を一年海外に送ると何千万円もかかります。2千万とか3千万とか。とても社員全員にそんな機会は与えられない。でも社内の公用語を英語にしてしまえば、もっと安くはるかに大きな効果が期待できるかもしれない。

英語は数ある外国語の中では一番ストライクゾーンが広い。世界中満遍なく15億人もの人が話す言語ですから。私は英語万能主義なんかではないが、英語が一番使えるというのは事実として認めざるを得ない。言葉としても簡単ですし、日本人は中学校から基本的な知識を身につけているので、仕事を通じて猛勉強すれば一年で相当のところまで行くんじゃないですかね。

彼らの目は現在の日本国内事業ではなく、将来の海外展開に向いているのでしょう。それをとやかく批判しても仕方のないことかと。きっと彼らの戦略がうまく行き始めたら他の企業も追従することになるのではないかと思ってます。多分日本中の大企業の人事担当者がどうなるか様子を見守っていることでしょうね。

投稿日時 - 2010-07-29 02:00:20

補足

ご回答ありがとうございます。

>本件は質問に対する回答を求めているわけではなくて、意見を求めているだけなのですよね?
>ならば何をここに書かれても質問者さんはいちいち反論せずに基本的に受け入れるべきだと思いますよ。

反論ではなく、質問の趣旨を理解しないで回答している方に、質問の趣旨を補足しているのです。

>他の質問でのあなたの意見を拝見しましたが、英語とベトナム語がお出来になるそうなのでお分かりになるでしょう。

ん?それは私ではありませんよ。私自身が英語に対してどのようなポジションにあるかを紹介してしまうと、皆さんは一般論ではなく私個人に対しての意見を書いてしまうでしょうから、それはお教えできません。

>これからの日本は少子高齢化で先細りですから、どの企業も成長を維持したいなら外国に出て行かざるを得ない。

最近になってよく聞かれるセリフですね。
でもこれってちょっとおかしくないですか?日本は明治維新以降、「加工貿易国」として、日本製品を多数海外に輸出して来ました。
1980年代には、日本人が世界中に物を売り付ける様を、外国人は「エコノミックアニマル」と呼んで呆れていました。
物を作っている企業はとっくに海外に出ているし、近年はインターネットの普及により、個人でも海外に向けて物を売っています。

国内で業績不振で商品が売れない企業が、海外に出ればたちまち商品が飛ぶように売れると思っている人がいますが、国内で売れない物は海外に持って行っても売れません。
逆に、国内で売れている物は、社員全員が英語を覚えなくてもちゃんと海外でも売れます。

まず初めに売れる商品ありきで、企業が成長を維持したいなら、まず売れる商品を作ることです。
ユニクロが社員全員に英語を覚えさせると聞いたら、ユニクロは海外で訪問販売でもさせるのか?と思ってしまいます。
それとも詐欺まがいの巧みな話術で相手に物を売り付けようと言う魂胆でしょうか?
商品が売れることと、語学力の間に因果関係はありません。

>だって一番基本的な人とのコミュニケーションが出来ないんですから。これじゃ何にも出来ないのとおんなじです。

最近になってよく聞かれる、「日本人が海外に出て行かなくてはならない」というのは、海外で物を売ることであって、外国人とお友達になりましょうというような、国際親善が目的ではないと思います。
上でも書きましたが、商品が売れることと、語学力の間に因果関係はありません。

また、本気で相手とコミニケーションをしたいのなら、ちゃんと相手の国の言葉を喋り、相手の国の文化を理解してあげるべきで、全てを英語で済ませようと言う発想自体、相手と真剣にコミニケーションをしようとする気が無いことを現しています。
例えばユニクロが中国で商売をしたいと思えば当然社員に中国語を覚えさせるべきです。そして中国に対して深い造詣を抱かせることです。
関東人が関西で商売をしようとすれば関西弁を覚えます。相手と真剣にコミニケーションをするとはそういうことです。

>英語は数ある外国語の中では一番ストライクゾーンが広い。
>英語が一番使えるというのは事実として認めざるを得ない。

これって結局「広く浅く」ということですよね。
英語は所詮英語圏の国の言葉で、それ以外の国に行くならきちんとその国の言葉、文化を勉強するべきです。
観光旅行で表面的なものを見るだけならそこまでする必要はありませんが、真剣にコミニケーションをしたければ、「広く浅く」の発想ではできません。

そして一番重要なのは、真の国際人になるためには、日本のことをもっと知らなくてはなりません。
例えば海外に留学している日本人が、授業で他の国の留学生と自国のことを紹介させられることがあります。
この時日本人は呆れるほど自国のことを知りません。
他の国の留学生が自国の伝統舞踊を披露したりしているのに、日本人は何もできないんですよね。とても恥ずかしくなります。
日本人留学生は国際人ではなく、結局ただの西洋かぶれに過ぎないんですよね。

>きっと彼らの戦略がうまく行き始めたら他の企業も追従することになるのではないかと思ってます。

日本のグローバル企業、ホンダの社長ですら「バカな話」と呆れていますからね。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100720-OYT1T00889.htm

投稿日時 - 2010-07-29 22:54:06

ANo.7

私はプラント制御をする計測機器メーカーに勤めているエンジニアです。
プラントの仕事ですので、どうしても英語は必要な環境で仕事をしてきました。
中近東に行くと、インド人・フィリピン人・中国人などのエンジニアもおり、どうしても仕事は英語を介さない
と仕事になりません。
おそらく、楽天・ユニクロは海外戦略を今後の成長分野と位置ずけているので、海外で仕事をするには
英語くらいできないと仕事にならないから英語を話しましょう。と言っているのだと思います。
英語が出来ないと海外ではにならないと言うと流暢に英語を話さないといけないと考えがちですが、
それは違います。自分の意思が相手に伝わり、相手は何を言いたいのかを理解できれば、それで
十分です。それと最初は戸惑いが多いですが、何年か海外で仕事をすると、エンジニアの感というのも
あって、大体こんな事を言っているんだろろうと言う事が判ってきます。
英語が公用語として使われる背景には歴史を抜きには語れませんが、それ以外にもとてもロジカルな
言語だと自分では思っています。
・日本語にもありませんが、男性・女性名詞がない。
・語順で意味が判る。
例)I buy you a bottle of beer. (ビールを奢るよ。)
I buy a bottle of beer you.(ビールにあなたをあげるよ。)
語順がかわるだけで意味が変わります。
この2つの特徴もあって、英語はわかりやすい言葉として世界中に広まっていったのではと
思っています。
英語なんて、英国行けば乞食でも流暢に話します。
慣れれば、それほど怖がらなくてもよいです。
文法にもとらわれなくても大丈夫。
世界各地のレストランでコーヒーを頼む時も
Can I have a cup of coffee ?
と咄嗟に言えず、I am a coffee.でも十分通じます。
英国人でも時々こんな変な英語を話します。

投稿日時 - 2010-07-29 00:47:34

補足

>おそらく、楽天・ユニクロは海外戦略を今後の成長分野と位置ずけているので、海外で仕事をするには
英語くらいできないと仕事にならないから英語を話しましょう。と言っているのだと思います。

どうして一般的な日本人は、世界中どこでも英語が通じると思ってしまうのでしょうか。
英語圏で仕事をする人は、当然英語くらいできないと仕事にならないでしょう。
しかし、韓国なんてどこでも日本語が通じるのに、あえて英語で喋る必要がありますか?
中国も日本語を喋れる人材が大勢いるし、中国人で英語を喋れる人材は欧米企業に取られていて確保が難しくなっています。
日本語を喋れる人材は日本企業で使ってもらうしかないのに、わざわざ欧米企業と取り合いになっている英語が喋れる人材を確保する必要性が理解できません。

世界中どこでも英語が通じるという発想は、米帝国主義に迎合しているだけで、真の国際人とは言えません。
英語が通じない国があると言うことを知ることこそ、真の国際化の一歩です。

投稿日時 - 2010-07-29 01:38:29

ANo.6

 ところで、質問はどこですか。

 質問者のご高説はともかく、他のQ&Aをみるより、たとえば経済界の課題を取り上げる日本経済新聞の社説を読んで、そこでの疑問点を尋ねるのが本筋でしょう。

http://www.nikkei.com/news/editorial/article/g=96958A96889DE3E3E4E7EBE1E5E2E0E4E2E5E0E2E3E28297EAE2E2E2;n=96948D819A938D96E38D8D8D8D8D

 大学院でも、英語による講義が増えています。英語で書き、議論できなければ国際的に通用しないからです。研究者としての将来を考えると、日本語にしがみつく意味はまったくありません。


 なお、質問者が取り上げる例は、エビデンスの点で問題があります。たとえば、旧植民地には日本語ができる住民が多いので、その人達を雇用したらといいますが、戦争がいつ終わったのか考えたことがありますか。

 三木谷さんや柳井さんは高名な論客で、それぞれ今回の件についても発言しています。また聞きではなく、原文を読んだ上でのご意見を聞かせてください。日本語の訓練についての貴説には同感ですが、正しい日本語の前に正しい論理の進め方を学ぶことが大事ではないでしょうか。

投稿日時 - 2010-07-28 21:49:50

補足

 

投稿日時 - 2010-07-28 23:41:18

お礼

 

投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00

ANo.5

英語化は時代の必然です。

いろいろのご意見がある様です、また、もちろん例外はあるのでしょうが実際に世界とビジネスをする場合に最も有効な言語は英語です。英語圏の人以外は皆さんが外国語である英語を学習して使っています。おそらく、母国語と英吾の教育の比重をどうするのか、子供は幾つから英語教育を始めるのが良いか、など沢山の国々でも大きな課題として有るのだろうと考えます。グローバル化の進む社会への対応を強いられてるのは日本だけでは有りません。

端的に言えば、企業は利益を追求するのが目的で、利益の出せない企業は存在出来ません。会社の公用語を何語にするのか、本社をどこにするのか、資金調達をどこで行うのかなどは、各々の企業の将来のゴールとそれを達成する為の戦略によって、まちまちでしょうし、またその決定は自由なのです。刻々と変わる世界情勢の中で如何にして発展を続けるかを考えた時、多少の不便や不都合は承知でも、出来る事はともかく果敢にチャレンジしてやって見ると言う姿勢は、これからの社会にかならず必要なのです。「厳しいことは嫌だ」「昔の方が良かった」などと言っていれば取り残されて、惨めな結果に終わります。これは会社でも国でも個人でも一緒だと思います。

たかが数社が英語化を決めたと言うニュースに大騒ぎなのは英語の苦手な人が多いからですね。でも、冷静に考えてみて下さい。日本で高校まで卒業した人は6 年間、最重要科目として英語教育を受けています。大学の入試では、多くの私大の法学部や経済学部では英語の配点が最も大きいのでは有りませんか? したがって、大卒ならもちろん、高卒でも英語が出来ないはずはないのです。 「英語はだめです」と言う人は「計算が出来ません」 「文章が書けません」と言っているのと同じです。

たとえば、世界のどこかの国で、国を挙げて日本人が英語学習に費やしたのと同じだけ、全ての国民が「日本語」の学習に取り組んだ国があったとしたら、私たちは何の疑いも無く、その国では「皆、日本語が分かる」と思うと思います。しかし、もし、それだけ大騒ぎしても実は殆どの人が日本語音痴だと知ったら、その国の人達の事を一体どう思いますか?

私が知ってる殆どの英語圏の人達の印象は「日本は英語の通じない国」です。おかしくないですか?

するべき努力を怠って来て、今になって社会の流れに怒ってみても意味は有りません。この事は多分英語だけでは無いと思います。日本のホワイトカラーの生産性は世界の先進国の中では低さが目立ちます。ごく一部の優秀なエンジニア達の成功に乗っかって来ただけで、「俺たち日本人は優秀だ」などと勘違いしてしまった人が多いのではないでしょうか? 

今回、ユニクロや楽天のアナウンスはこれからの日本へ良い刺激になったと思います。時代の流れは止められません。我々のすべき議論は「如何にして世界の流れに対応して行くのか」だと思います。いずれにしても、日本国も企業も個人もそれなりの覚悟をするべき時が来てるのですね。がんばりましょう。。

投稿日時 - 2010-07-28 21:44:48

補足

回答ありがとうございます。
どうも私の言いたいことがよく理解していただけないようです。
私が一番言いたいのは、英語万能主義はやめろ、と言うことです。

初めにも書きましたが、イギリス連邦の国でなく、過去にイギリスの植民地になったこともなく、ゲルマン語派の言語を使用する国以外では、英語ができる人はむしろ少数です。
日本人が非英語圏の国に旅行に行って、「英語が通じなくて驚いた」という感想を述べる人が後を絶ちません。

フランスやブラジルなど、英語の氾濫を警戒し、自国の言語を守ることに必死になっています。
日本は曲がりなりにも独立国で、世界に誇れる日本の文化がたくさんあります。
人口や経済規模から言っても、日本がそこまで盲目的に英語化をする必要に迫られているわけではありません。

イギリス人はもちろん全員が英語を話せますが、6千万人のイギリス人全員が国際的な仕事をしているわけではありません。
イギリスのGDPや経済成長率などを見ても、イギリス人が英語を話せることによって、非英語圏よりも有利になっている状況は見当たりません。

仮に日本人のサラリーマンが全員英語ができるようになったからと言って、それだけで企業の業績が爆発的に増えますか?
英語ができる営業マンが大挙して海外に出かけて行ったからと言って、それだけで相手が買ってくれるほど甘くはないでしょう。
「元々欲しくはないけど、あなたが英語が喋れるから買うわ」なんて言う人がいますか?
英語が喋れるだけで海外で物が売れると考えている人は、どれほどお気楽なのでしょうか。

投稿日時 - 2010-07-28 23:26:58

ANo.4

>もし社員のお葬式があったら、お坊さんは英語でお経を読み、お悔やみの言葉も英語で言わなければいけないのでしょうか。

勘違いしているようですが、
ユニクロも楽天も「社内公用語」であって、プライベートは関係ありません。

そして、英語しかしゃべらないのは「本社の幹部だけ」です。
それ以外の人達は会議など出席するときだけ英語で、それ以外は日本語です。

そうじゃないと店頭でお客さんにも英語使うことになっちゃいますよ。
そんな店じゃ商品売れないですよ。


あなたはまだ働いたことがないんだと思いますが、一流企業をなめすぎです。
くだらないこだわりで利益は生まれません。
そんなことは企業の人達はみんなわかっています。

「英語がベストな相手には英語で、日本語がベストな相手には日本語で会話する。」
本質はこれだけ。

社内では英語ですが、これは英語力を鍛えるためであって、
日本の取引先と会話するときは当然日本語です。謝罪会見ももちろん日本語。
英語のしゃべれない相手にわざわざ英語で話すほど馬鹿ではありません。


あなたのように
「公用語を英語にするって言ってたから全部英語で話すんだろう」
などと柔軟性の無い発想をする人は一流企業には入れません。

「自分で考えて合理的に行動出来る人」が最低条件。
常に自分で判断して、今は日本語を使うべきか英語を使うべきかを選択するのがまともな社会人です。

投稿日時 - 2010-07-28 18:26:46

補足

 

投稿日時 - 2010-07-28 19:21:26

お礼

 

投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00

ANo.2

英語が万国共通語ではない

頭ではわかっていても、実際体験すると身に染みました。
以前フランスに行ったとき、観光地からちょっと離れるとほとんど英語が通じませんでした(^^;
なんとなく、日本では英語が万国で通じる言葉と思い込んでいるフシがありますよね。

ただ、グローバル化すれば、なにかしら社内公用語は必要だと思います。
もちろん日本語で通して、各国のスタッフに日本語を習得させるというものありだと思います。

ただ日本語は海外の人からすればかなり難易度の高い言語で、一朝一夕とはいかないでしょう。
翻って英語の場合、母国語ではなくても第二言語や日本のように教育に組み込まれている国が多いです。
ですので、労せずコミュニケーションが成立しやすいのでは。

日本人ばかりのスタッフが英語で話をしているのはおかしな光景ですが、各国のスタッフが集まればなにか「基準」が必要になると思います。
中国に進出しても日本人と中国人なら、どっちの言語を話すか揉めるかも。
だったらいっそ英語にしておけば、双方が納得するのではないでしょうか。

とはいえ、質問者さんの危惧される

>企画力、統制力、実行力は抜群なのに、英語ができないという理由だけで冷遇されれば、その人の実力を発揮できません。

については、私も同じことを考えました。
ただ、半年ほど留学すればそこそこしゃべれるようになるし、楽天は2年間の猶予を設けているようです。
楽天やユニクロなどの管理職なら優秀な人が多いでしょうから、英語のベースもあるはず。
案外周りがいうほど苦労は無いのかもしれません。

それに逆に考えれば海外の優秀な人材を登用するのに、日本語習得が障害になっては同じことですしね。

投稿日時 - 2010-07-28 16:15:01

補足

ご回答ありがとうございます。

>ただ、グローバル化すれば、なにかしら社内公用語は必要だと思います。

日本人は「グローバル企業」と聞くと大それたイメージを持ちますが、グローバル企業とは世界中に進出している企業と言うだけで、「国際人の集団」という意味ではありません。

例えば身近な所では、マクドナルドがあります。マクドナルドは言うまでもなく世界最大級のグローバル企業ですが、マクドナルドのアルバイトやパート、末端の社員は「国際人」ではありません。
日本マクドナルドの社内公用語は当然日本語です。もし日本マクドナルドの社内公用語を英語にしたら、パートのおばさんは意味が分からなくて困ってしまいます。
そもそもグローバル企業と言っても、アメリカの本社が直接介入してくることは少なく、アメリカの本社から英語で、アルバイトも含めた世界中の従業員にメッセージを発することはまずありません。

もし楽天やユニクロが全世界の社内公用語を英語にするということは、マクドナルドとは違い、日本の本社から各国の店舗に直接介入し、末端のアルバイトに至るまで本社が目を光らずということなのでしょう。
これはワンマン社長がアルバイトを含めた世界中の従業員を直接自分の支配下に置くためにやっているだけで、グローバル化とは意味が違います。
グローバル化に社内公用語は必須ではありません。

投稿日時 - 2010-07-28 17:29:28

ANo.1

 社内公用語が英語になるだけですから、気にしないでもいいのでは。
これは、文書をすべてワード文書で提出するようにすることと同じです。
会社は私的なものだから、勝ってすればって思います。
ユニクロや楽天は日本の会社ではないとの認識です、いわゆるグローバル企業。
日本には何万という会社があるから、なんら問題ないです。

投稿日時 - 2010-07-28 16:02:11

お礼

回答ありがとうございます。
確かに社内的なことで、顧客に対しても英語で接すると宣言しているわけではないので、一般人には関係ありません。
社内公用語が英語になったお陰でサービスが低下したら、使わなければいいだけの話ですからね。

投稿日時 - 2010-07-28 17:44:13

あなたにオススメの質問