こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

中国当局のドル買い、人民元売りが中国のインフレ要因というのが分かりませ

中国当局のドル買い、人民元売りが中国のインフレ要因というのが分かりません。市場(民間)全体で見れば、ドルが少なくなり、その分人民元が多くなりますが、ドル+元の総量は同じなのではないのですか?であれば、通貨量が多くなった→インフレにはならないと思うのですが。

投稿日時 - 2010-07-06 23:23:27

QNo.6020580

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

19人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

ANo.1

仮に現在が1ドル=10元だとして、ドル買い(ドル人気)が進むと
1ドル=11元、12元と高いお金を出しても買うようになってきます。
(オークションで考えると分かり易いかも)

もっと極端にドル買いが進んだとして 1ドル=100元 になってしまったら、
元の価値が1/10になってしまうということで、インフレ要因になるということです。

投稿日時 - 2010-07-06 23:46:00

補足

舌足らずですみません。

実際にドル買い介入を行ったことによって、名目為替レートがドル高、人民元安になっているのなら(1ドル=10元→1ドル=100元というように)インフレが起きますね。しかし、6月19日まではドル買い・人民元売りを行っていたにもかかわらず、1ドル=6.83元程度で変動していませんでした。こうした状況でありながら「ドル買い・人民元売りが中国のインフレ要因を形作っていた」とあちこちで解説されているのでよく理解できないのです。

投稿日時 - 2010-07-07 00:03:32

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-