こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

皆さんだったらファンを続けますか?

皆さんだったらファンを続けますか?

私の好きなバンドの人が、ブログで、
すいている電車の中で座っていたときに
「オッサン」が(電車がすいているのにわざわざ)目の前に立ったことを
不快に思ったと記事にしていました。

素人ではなく、公の人と言う立場でありながら、
こんなにも些細かつ小さいことで、いちいち怒りが抑えられずに
ブログの記事にまでするというところに、
とてもがっくりしました。

携帯からの更新ではなく、自宅のPCからの更新なので、
電車での出来事からずいぶん時間がたっています。
それでも怒りが抑えられなかったのかな、と感じました。

バンドの一番好きなメンバーではなかったのですが、
1番ではなくとも好きで長い間応援していました。
こんな人だったのかと
本当に、ものすごくがっくりしました。

もともと彼はよく自己紹介等で
自分のことを短気だと言っていました。

でも誰にでも、普段は頭に来ないことでも
頭にきてしまうような、
メンタル状態の悪い時はあると思います。

そういうことも受け入れてあげられるのが
ファンなのでしょうか?

でも素人のブログではなく、
プロのバンドのメンバーとして
公の人。
よく考えてから
ブログの記事にしてほしかったです。

皆さんだったら彼のファンを続けますか?

気持ちがはっきりせず困っています。


宜しくお願いします。

投稿日時 - 2010-07-01 11:33:37

QNo.6007659

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

う~ん、たしかに些細なことではありますが、
もしかしたら彼は、何か別の理由でその時たまたま虫の居所が悪かったのかもしれませんし・・・。
これだけで「ファンをやめます」とまで行くのはちょっと早計な気がしますが。

私だったら…ですが、もしそのブログから本人宛にメッセージを送れるようなら、
>素人ではなく、公の人と言う立場でありながら、
>こんなにも些細かつ小さいことで、いちいち怒りが抑えられずに
>ブログの記事にまでするというところに、
>とてもがっくりしました。
という内容のメッセージを送ります。

メッセージが送れない場合は、コメントをつけられるようなら、
「そんな些細なことで怒らなくてもいいと思いますよ~」的なコメントをつけて、
それとなく注意します。
メッセージと違ってたくさんの人の目に留まりますから、
下手に強い言葉や口調のコメントを書いたら、炎上を招きかねないので、あくまでもそれとなくですが。

それでその彼が自分の行動を振り返って、
コメへの返事や後日の更新のときなどにきちんと反省の気持ちを表してくれたら、それで水に流します。
もちろん、ファンも続けます。

でも彼にそういう様子が見られないときは、ファンをやめることも考えちゃうかもしれませんね。
残念なことですが…。

投稿日時 - 2010-07-01 12:05:08

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(6)

ANo.6

あなたはそのバンドの音楽性に惹かれたわけではないのでしょうか?
それともメンバーの見た目とかだけを好きになっただけですか?

そのバンドの楽曲とメンバーの人間性は別物。

音楽家なんてそんなもんでしょう。
というか、プロのバンドの人間って、別に公の人間じゃないですよ。
例えば僕は食品系の会社員ですが、はたして食品企業を代表する特殊な人間でしょうか?
違いますね。

僕はブログはやってませんが、自営業で繊維業を営んでる知り合いがいます。彼はブログをやってますが、別に繊維業を代表する公の人間ではないですね。

それと同様、プロのバンドは単にバンド活動で生活費を稼ぐただの自営業者。
政治家とかならばともかく、プライベートでブログをやってるのならそれは公ではなく私の部分ですよ。
まあ、自分が人気商売だときっちり自覚してるならブログの内容も人気が取れるような書き込みに徹するべきでしょうが。

逆に彼は音楽一本で食っていくと考えてるからブログには気を使ってないのかもしれませんね。

なんというか、あなたの質問を読むと、アイドルはウンコしないんだ、と叫ぶ昔のアイドルオタクを連想します。

投稿日時 - 2010-07-01 16:05:07

ANo.5

私だったら即やめます。
質問者さんが思うように、公の人がブログで書いたからには責任が発生します。
ブログやツイッターは気軽にできるところがメリットですが、よく考えずに使っている人が多いですね。
mixiで公開範囲を限定すればいいと思う人もいますが、スクリーンショットをとられて公開されることもあります。
要するにネットに名を明らかにして書くからには、それなりの思慮を必要とするわけで、どうしても思慮が浅いならばマネージャなり事務所なりが事前にチェックするようにしないと、タレントの存在は成り立たなくなってくると思います。

投稿日時 - 2010-07-01 13:28:27

ANo.4

ふーん、子どもな人ですね。

投稿日時 - 2010-07-01 13:16:54

ANo.3

単に「他に書くネタ」が無かったんでしょうね。

それに、ブログってのは「私的なラクガキ」なので、書いているのは「私人」です。

質問者さんは、ブログを書いた人を「公の人」と言いますが、それは間違いです。

TVに出ているとか、芸能雑誌にいつも名前が掲載されているとか「その人のファンではない人達にも広く名前が知れ渡っている人」を「公の人」と言います。

そのバンドが「ファンしか知らないバンド」であれば、中の人は「私人」です。

ぶっちゃけて言えば「何人か小数のコアなファンが居る素人」に過ぎません。

それと「プロだから公の人」という短絡的な思考も間違いです。

例えば、ゴルフのプロテストに受かれば「プロのゴルファー」ですが、萬年予選落ちでレッスンの仕事も来ない、まったくの無名のプロだっています。

そういう無名プロは「プロと言う肩書きがついただけの私人」であって「公の人」ではありません。

>皆さんだったら彼のファンを続けますか?

ぶっちゃけ「ファンになる理由」ってのは、将来、対象者が超有名になった時に「あの人が無名の時からファンなんだよ」と周囲に自慢する為だけですよ。

対象者が有名になりそうもなければファンをやめるし、有名になりそうならファンを続ける。ただそれだけ。対象者の言動なんかイチイチ気にしてられません。

投稿日時 - 2010-07-01 12:36:47

そういうプライベート面を知ると、熱も冷めますよね。

でも現実には、そんなブログが持て囃されてる現状も、私としては嘆かわしいです。

同意しているコメントを見るたびに、イヤになりますよ^^

投稿日時 - 2010-07-01 12:06:30

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-