こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

法律関係です。

法律関係です。
某公共老人施設内の出来事です。
先月(5月)知人の老人が施設内(個室)にて自殺致しました。
原因は施設からの退去命令です。
理由は自殺前日、スーパーでの、万引き行為を警察にとがめられました。
初犯なので、厳重注意で済み犯罪罰則は猶予されました。
しかし、その調書作成過程で、この老人が、身元引受人を呼ぶことを躊躇した結果、
この施設に警察より、連絡がいきました。
最終的には身元引受人が警察に来て、老人を引き取りました。
その日の夕刻、施設長より即日退去を命じられました。
規則だそうです。
しかし後日、確認したら其の様な規則はありませんでした。
今回質問の趣旨は、自殺者の第一発見者が、
退去命令の翌日この老人に面会に行った時に、
身元引受人が発見者となっております。
警察も、其の様に判断して調書を、終えております。
しかし、これも、後日判明してことですが、
発見当日、身元引受人の方が尋ねる前に、
身元引き受け人宅へ、施設より連絡が入っております。
身元引受人は、すでに施設に向かっている途中でした。
施設職員から、この老人の自殺行為があった内容を
身元引受人の家族の方に知らせています。
にもかかわらず、身元引受人が、施設に訪れたときに、
老人の自殺を発見し、第一発見者となったのです。
事実は、既に施設の職員の方が、発見されていたのです。
が、施設側は、この身元引受人の家族に知らせただけで、老人を放置しておき、
結果、この身元引受人の方が、第一発見者に、成っているのです。
今月中旬遺族代表は、施設側職員(退去命令を伝えた荘長含め)3人、
この施設を管理する市の職員2人との間で、納得いく説明を聞きたくて、施設に出向き、
話し合いをしました。
結果、施設側に不備なく、老人の意志で施設を出たいと
申し出を受けて対処したとの、判断です。
発見者に関しては、施設側は当日朝は老人本人の申し出で朝食不要との届けでの為、
点呼の確認はしなかったそうです。
しかし、発見時間は、午前09時過ぎです。
しかも、来訪者によって発見されたことに、
現状はなっております。
時系列からいっても、矛盾が起きてます。
施設は身元引受人が発見する以前に、
この方の家族に、悲報を伝えてます。
にもかかわらず、
何故に第一発見者が、異なっているのでしょうか?

愚弟が、伺いたいのは、このような公共老人介護施設が、
自殺者を出したにも関わらず、その事を、施設院内ですら公表してないことと、
自殺者発見したにも関わらず、
放置、その事実を曲げ、隠蔽、
さらに警察への、届け義務も怠り、
挙句に、別人を発見者に仕立てた行為、
自殺原因の発端作った責任も、偽装し、
死体放置も、したこの施設に対して何らかの、
社会的処罰は下せないものかを、
法律的見地にたって、何か方策良策を、お教え頂ければと思い、
ここに皆様のご意見をお伺いする次第です。
どうか、遺族の無念さをご考慮いただき、
適切なご意見賜りますようお願い申し上げます。

追記
施設側は、遺体発見して、身元引受人宅への、連絡は黙殺しております。
遺族にも、当然、警察へも、通知しておりません。
残念ながら、話し合いのあとに、この身元引受人家族の方から、
この事実を伺いました。今日現在は、施設側はこの事実は秘しております。
当然、市役所にも、届けてないと思います。
が、通知しているのかも、知れません。
話し合い当日は市職員も、非常に施設よりに、対応していた感があると、
遺族は、申しております。

投稿日時 - 2010-06-30 15:02:52

QNo.6005868

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

 福祉では長い歴史のある大学に長くいたものとして、福祉現場という閉ざされたところでの事務管理と処理を思い描いております。
 そして職員、担当ワーカー、施設長、そして事務長などの相談や打ち合わせ、言動が思い浮かびます。
 (福祉に限らずどこも現場とは、どうしても閉ざされたものとなったり、閉ざされているという錯覚がりますが、)

 一市民としてここで質問しているより、私なら所轄の警察署に相談に行きます。とことん食い下がります。
 自治体議員にも相談し協力してもらいます。
 自治体の所管課にもいきます。
 何よりそういう中で、真っ向からこの施設に対決します。訪問です。
 事柄群と皆さんの行動の時系列を確認し、ことの事情を不審なきまで質問確認します。
 世の中に知らせるためのあらゆる手段をとります。
 こういうことは絶対にあってはなりません。
 お亡くなりになられた、お年寄りのことを考えるととても口惜しい。くやしい。無念です。
 なんにもなく過ぎたら、浮かばれません。葬儀ができません。お線香を手向けてお参りができません。
 がんばってください。私なら直ぐに行動します。くやしい、涙がとまりません。

投稿日時 - 2010-07-01 07:14:10

お礼

ありがとうございます。
正義感あふれるエールを頂き、
やはり遺族が望んでいた真実を
追求したい気持ちに、間違いはなかったと
確信を持って、前向きに進んでいけそうです。
愚弟も、貴兄のような気持ちのもとで、
今回、皆様のご意見を伺いたくこの場をお借りいたしました次第です。
遺族側の一部では、”もういいよ””所詮組織には勝てないよ”と、
少し諦めムード、投げやりな感が、ありました。
今回、この場にいろんなご意見いただき、反省もし、勉強も、させて頂きました。
これら頂いたご意見を、無駄にすること無く、具体的に方策を遺族と相談の上、
皆様の思いも胸に、対応したいと思います。
本当に親身になってご進言ご示唆頂きありがとうございました。
まだまだ、時間かかると思いますが、真実を明白にして行きたいと、思います。
重ねて、感謝、御礼申し上げます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-01 10:04:36

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.5

お悔み申し上げます。

質問者さんの思いが正しい場合も、そうでない場合も、施設で預かっている
老人が自殺されたわけですから、親族からの気持ちが整理できるよう説明を
尽くす義務が施設にはあるわけです。最初から戦う姿勢だと、逆に真実がで
ないことも多々ありますので、問題を整理して行動されることをお薦めします。

私見ですが、2点を確認する必要があると感じます。
1点は、そもそも自殺されたのは、例え入居人たる故人に不適切行為があった
にせよ、その行為のあった夕方に、自殺に結びつくような追いだす行為が
実際にあったか否かです。質問文などを拝読しても、質問者さんが、どのように
施設長が即日退去を迫ったことを知ったのかがわかりません。まずはその事実
の確定が必要だと思います。現実に、即日は退去してないわけですから、
施設の不適切を指摘にすることに一番重要なお話だと思います。また、
退去を迫った行為が少なくとも自ら命を絶つ行為の原因の一部になったこと
を立証しなければなりません。大きな原因でなくても、一部であれば、施設は
なんらかの責めを負うことになります。

2点目は、救急車への通報は、誰が行ったかということです。第一発見者
云々というのは、警察が犯罪捜査で使う言葉で、事実をまげているかどうか
は警察が判断することかと思います。むしろ、自殺を発見すれば、救命措置
が適切に行われたか否かが大きな問題なわけです。引受人の方は、何時に到着
して、何時に通報したかがわかるはずです。また、悲報を受けたご家族も、
受けた方からキャリアに通話記録を申請すれば、施設が自殺を認識した時間が
わかるはずです。もちろん、通話記録だけでは、自殺の通知であるかどうかは
わかりませんが、もし、そうでない通知をしたと施設が主張しても、その後に
自殺を連絡する通話記録がないことで、証明できるはずです。

なお、施設院内での公表をしないことは、質問さんから見たら、責任逃れとか
事実隠蔽に見えるのは仕方ないことだと思います。でも、動揺等をふせぎたい
という理由が、大きく合理性を欠かないこともご承知おき下さい。そもそも、
賃貸物件でも、自殺や孤独死のあった物件は、極端に値が下がります。ましてや、
転居がままならない他の老人に、事実をことさら公表することが正義か否かは
難しい問題だと感じます。

ご参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2010-06-30 19:03:56

お礼

ありがとうございます。
各方面からたくさんのご意見伺い非常に勉強になっております。
貴兄からのご意見、
また、今までたくさん戴いているご意見等を、
総合して、当然遺族とも、相談して、
最終的な今後の対応を決めるつもりです。
確かに、みなさんのご意見の中に多くある救急車要請の件は、
愚弟も、確認しておりません事項でした。
これは、間違いなく確認出来ると思います。

本当に親身になって考えていただき、御礼申し上げます。
重ねて、ありがとう御座いました。

投稿日時 - 2010-06-30 19:44:22

ANo.4

質問者の言葉には推測が多く入っていると思われます。
ご家族・遺族の考え方次第ですが、不手際や法律に反する行為と思われる事情を公にしたいと考えれば、すぐにでも、弁護士へ相談することです。

あなたがたが施設や役所で問題提起をおこせば、証拠隠滅の時間を与えることになります。
弁護士が事情を聞き取り、遺族などの意思や法律問題を考えた上で、証拠の保全を進めるべきでしょうね。もちろん、施設などに正当な理由で大げさにならない範囲で情報・証拠の収集ができれば、事前に集めることも大切でしょうね。

投稿日時 - 2010-06-30 17:23:25

お礼

貴重なご意見、ありがとうございました。
遺族と相談してみます。
確かに、物証が薄いのが現状です。
違法性を、追求しているのが本意でなく、
施設側の対応に非常に憤っていて、
遺族側も、何か納得のいく方策は無いかということでした。
皆様のおかげで、これからの対処方向も、見えてきたような気がします。
貴兄ならびに皆様のサポート、
本当にありがとうございます。

投稿日時 - 2010-06-30 17:42:15

ANo.3

>警察も、この方を第一発見者として扱っているはずです。

これが普通は無い話なんですよね。

警察はまず最初に第一発見者と推測されるご家族に事情聴取をするはずです。
で、そのときにご家族は「電話を受けて来た」と説明したはずですから、
その時点で第一発見者は施設側だと判断されるはずです。

その辺の記録がどうなっているのかが気になります。

まあ#2の方が言うように電話の記録は残っているはずですから、
それと合わせて捜査して貰うのが良いでしょう。

投稿日時 - 2010-06-30 16:17:35

お礼

ありがとうございます。
未だ少し説明不足のようでした。
でも、貴重なご意見いただき感謝申し上げます。

まず、第一発見者になっている(させらてた)方は、
家族ではありません。知人です。
それと、この方が施設に伺った理由は
故人(自殺した老人)からの、朝に約束の連絡が入らず
気にして、施設に訪ねたのです。
施設からの連絡とは入れ違いで、
この身元引受人の方には、
なにも、知らされて無く訪ねたのです。
したがって、この方も、自宅に帰宅してから、
妹さんよりこの連絡があったことを知らされていたようです。

第一発見者であるこの身元引受人の方は、
結果的に部屋を訪ねて、
初めてその事実(自殺)を、知り得たのです。
窓にぶら下がっているいるままの故人を目の辺りにして、
未だにその時のショックが癒えていないそうです。
瞼に焼き付いたままだそうです。
したがって、連絡を受けて施設に行ったのではありません。
ちなみに故人の家族は遠方に住居しており、その日の夕方に施設に行ってます。
家族は、当然、訃報を聞いてからの対応でした。

愚弟が一番気にしている点は、
なぜに第一発見者を施設側がすり替えなければならなかったのか?
なぜ、この方が来るまで、遺体放置して、施設側で、
発見後のいろんな対応を、始めなかったのか、
この点が非常に腑に落ちません。

それと、規則と偽り老人を追いだそうとした行為を、
事件当日遺族には、規則でしたので
出て頂くように、老人に説明したと、
その場では話しておきながら、
後日、話し合いをしたときには既に、記憶定かでないと、
白を切り出し、規則だと説明したことすら否定しております。
また、同席の施設監理関係者からも、
其の様なことはこの施設長に限ってあり得ないとも、示唆しております。

残念ですが、既に役人側は、この件に関して、協議済みかと思われます。

まだまだ遺族は施設側役所側からの
説明を納得しておりませんが、
今は、あきらめ半分のこの先の対応を苦慮しております。
しかし、貴兄及び沢山の方々からのご意見、
大変心強くこの先は勧めそうな感じではあります。

本当に親身にお考えいただきありがとうございました。

投稿日時 - 2010-06-30 17:18:18

ANo.2

まずは故人のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
さて早速本題に入りますが、まず第一発見者(施設のスタッフ)が発見後、身元引受人に連絡をしたかどうかですが、電話の通話記録により電話をしたこと自体は立証可能です。自殺を告げる為に連絡したわけではないというなら、なぜ連絡をしてきたのかという点がまず攻めどころでしょう。

またその電話してきた時刻頃を発見した時間として、死亡推定時刻は何時だったかも重要です。もしかしたら自殺と断定され事件性はないとして、死亡推定時刻の検証はしていないかもしれませんが、もし分かるなら照らし合わせてください。もしかしたらその時にすぐ救急車を呼んでいれば助かったかもしれないという可能性の立証になるかもしれません。それが立証されれば過失による殺人罪も成り立ちます。

どちらにせよ、今となっては事後対応しかできないため非常に相手の過失の立証は難しいと思います。
こういうことは相手が隠蔽工作に入る前に、迅速に行動し会話なども全て録音するなど証拠固めをしなければなりません。

このような施設が一日も早く排除されることを願わずにはいられません。

投稿日時 - 2010-06-30 15:31:18

お礼

貴重なご意見、しかも、迅速に頂き感謝申し上げます。
電話通信記録は警察の捜査が行われれば可能だと思います。
尚、死亡推定時刻は夜中ということは伺っております。
愚弟も、貴兄とご意見同じです。これが公共施設の対応かと思うと、残念です。
ご多忙のなか、ありがとうございました。遺族は組織には勝てないかと、諦めかけております。
このことで、少しでも,勇気づければと思います。
重ねて、ありがとうございm、あした。

投稿日時 - 2010-06-30 15:46:54

ANo.1

事実であれば保護責任者遺棄致死罪です。

仮に脈が止まっていても病院で正式に死亡が確認されるまでは死体ではないですから、
「救急車を呼べば助かった可能性があった」とみなされます。
救急車を呼ばなかったことは見殺しにしたのと同じことでありれっきとした犯罪です。


というか、家族の方が発見後には救急車を呼んだはずですよね。
そのときに警察も対応したはずです。警察の調書はどうなってますか?

家族の方は「自殺の連絡を受けて来て発見した」と伝えたでしょうから、
第一発見者は施設側になってなければおかしいですが・・・


民事だけで済む問題でもないので、
施設とだけの話し合いではなく警察を入れたほうがいいと思いますよ。
保護責任者遺棄致死罪で被害届を出してください。

投稿日時 - 2010-06-30 15:24:59

お礼

迅速なご対応ありがとうございます。
愚弟の文面が解り難くご判断に、苦慮なされたと存じます。
正確には、施設職員は遺体発見後、身元引受人になっている方に、連絡を取ただけです。それも、身元引受人本人は、この施設に向かっている最中です。したがって、この方の家族に自殺状況を伝えただけです。
結果的には、施設に着いた身元引受人方が、部屋に行き発見している事に、成っているはずです。
警察も、この方を第一発見者として扱っているはずです。
しかし、時系列から考えると、施設職員が、発見して、この身元引受人に連絡だけして、
遺体を放置、結果、この身元引受人の方が、施設に来た後部屋を訪ねられて、発見した事に、
なっております。これが愚弟が遺族より伺っている内容です。
したがって、施設職員が第一発見者でありながら、義務を果たして無い事実は伺えると思います。
さらに、訪ねた方を、第一発見者に明らかに仕立てております。
つたない文章で説明不十分かと存じますが、説明追加させていただきました。
本当に貴重なご意見いただき、ありがとう御座いました。

投稿日時 - 2010-06-30 16:06:02

あなたにオススメの質問