こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

1億円問題についてお願い致します。

1億円問題についてお願い致します。

上場企業の役員の報酬が一億円を超えると公表するようになりました。

その事でNHKの夜放送のBIZと言う経済番組でカッパみないな顔の女性のアナウンサーが
日本の経営者は海外の企業からヘッドハンティングされるような逸材が
居ないような事を申していましたが

私はそれはおかしいと思うとります。

なぜなら日本は、石油を右から左へ移し変えるだけで巨額にして簡単に利益がだせるような資源もなく
て世界第二位の経済大国を築き日本企業は世界に君臨しています。


そんな国の企業の経営者が他国と相対比較をして優秀でないとは
思えません。

日本人は、自虐的な傾向が強すぎます。
世界は、お近くの反日国二国以外はおおむね
日本に親日であり日本人がとても優秀で優れていると思うとるのですよ。

なぜNHKのカッパみたいな顔のアナウンサーは
日本の経営者がダメだと思うとるのでしょうか?

投稿日時 - 2010-06-27 01:58:35

QNo.5997946

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

私も日本人は優秀だと思うし、優秀であることが日本の財産だと思います。日本にはこれしか生きる道がないんですね。

以前、池上彰氏がどこかの番組で言っていたのですが、「日本人の特徴に、人の足を引っ張るというものがあります」と言っていました。

「お金持ちがいると、アメリカとかは自分も頑張ってお金持ちになろうとするのですが、日本人は妬んでしまう」わけです。だから、「お金持ちは、自分がお金持ちであるようなことを知られないように、買い物でも慎ましくしてしまう。だから、日本ではデフレが起きるんです」と言ってました。

NHKのアナウンサーですか?愚かな解説ですね。

日本人の優秀な経営者は、大体、義理人情で結ばれているような会社を経営していたりする人が多いです。こういう経営者は、ヘッドハンティングしようとしてもされないのです。欧米に多い雇われ経営者ならヘッドハンティングに応じるでしょうが、お金とは違う人間的な価値観に重きを置いている人は、お金や物や地位などでは動かないのです。三国志の関羽や孔明のような人は引き抜きには応じませんね。

こういう、義理人情に重きを置いた日本型経営者の存在を知らない、まったく無知な解説ですね。このNHKのアナウンサーは。

また、こういう義理人情の経営者は、自ら給料を多く貰ったりしませんね。年収1億以上貰っている経営者なら相当大きな企業でしょう。義理のためなら、タダでも働く人たちですから。

投稿日時 - 2010-06-27 04:47:19

お礼

おっしゃるとおり日本人経営者はお金よりも義理人情に重きを置いているのだと
思うとります。

カッパ似の女性アナウンサーは平日なら22:55から出演しています。

たいした事を話していないのになにかしら自分に酔っているようで
みていてとても痛いです。

ほんとカッパさんにそっくりですから
一度でいいからごらんになってくださいませ。

私の言う事がよく理解できるかと思うとります。

また、機会がありましたらよろしくお願いします。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-06-27 07:13:19

このQ&Aは役に立ちましたか?

32人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

この質問を読んで昔のアメリカのレーガン戦略を思い出しました。このころは米国は衰退傾向、
日本は破竹の勢いでした。このままでは日本に追い抜かれると焦った米国は人的資源の違いに
ついて調査しました。その結果、解ったことは労働者層では米国はピタッと始めてピタッと終わる。
それに対し日本はだらだらと働いて残業する。結果、優劣なし。経営層はまったく話にならないと
米国が圧倒、しかし管理層では日本が圧倒的に優秀とのことでした。
 そこで米国は戦略をたて、優秀な管理層を海外に工場を作らせることで、外に出してしまい、
日本企業を弱体化させ、再び米国有利の体制を築くことにしたのです。
その結果は現状の通りです。
 私も今まで日本の経営者を観察してきましたが優秀な人は本当に少ないんです。
残念ですけど、行き当たりばったりで、理念も戦略も口ばかりというのが実態と感じています。
 あ、もうひとつ、日本人は経営者に向かないとは思っていません。経営者を生み出す仕組みが
あまりにも悪いからだと思います。

投稿日時 - 2010-06-28 21:24:03

お礼

日本人は、オリンピックやスポーツのルール作りの関与の無さをみても
仕組みづくりやルールを構築したり将来の展望を描くのは苦手かもしれません。

でも目の前の与えられた課題を誠実に確実にコツコツとこなす能力は
他国に比類がない秀でた才能だと思うとります。

欧米と日本人のこのスタイルはどちらがいいのか
にわかに結論はだせないと思うとります。

それと日本企業での残業の話にいつも使われる「だらだらと」とか「能力がないから」とは
全く違うと思うとります。

なにごとも自己責任でやらんといかんと思うとります。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-06-28 23:58:54

会社の経営者は、「山登り」のようですね。
頂上を目指して登って行く、でも自分の足元が見えない状態で無理に上っていると
下へ落下する危険性があります。
優良企業は、自分の足元を見ながら頂上へ登っています。
頂上に登りきった人は、頂上を後にして行きます。

アメリカは特定さ(選ば)れた人だけが億万長者になれます。

>>なぜなら日本は、石油を右から左へ移し変えるだけで巨額にして簡単に利益がだせるような資源もなくて世界第二位の経済大国を築き日本企業は世界に君臨しています。

経営者ではなく、従業員らが知恵を出し合い協力し富を築きあげます。

投稿日時 - 2010-06-28 15:31:53

お礼

ボトムアップ経営が日本の特徴でしょうかね。
欧米よりもその傾向が多少強い程度でしょうが・・・・

少なくともトップ数人だけで意思決定を全て決めてしまうような欧米型は
日本人には向かない気がします。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-06-28 17:41:50

>日本の経営者は海外の企業からヘッドハンティングされるような逸材が居ない
実際居ません。
居たら引き抜かれます。
メンタリティーが子供の時から「集団主義」で育まれていますから、米国や一部の欧州の巨大企業のように数字だけで切り回すことは苦手です。
そのおかげで、リーマンのように経営者に莫大な報酬を払いつつ消滅してしまう企業は少ないです。
でも、逆に、切り捨て御免の経営者が育たなかったために日産自動車は二度も破産しかけました。
最初は川又さんが日本興業銀行から来てばさばさ首を切り、二度目はゴーンさんがルノーから来てまた首を切り、生き延びましたが、元の大きさには戻れません。自浄能力のない企業です。
三度目にはルノーも巻き込んで潰れるでしょう。
非情な経営者も必要であることを忘れてはいけません。

投稿日時 - 2010-06-28 12:04:31

お礼

実際いないのではなくて
居てもお金だけで外国に住んでまで経営をしたいという人は日本人にはいないからでしょう。
能力の問題とは違うと思いませんか?

ゴーンが登場してある一定の成功が出来たのは
「しがらみ」がないからです。

これに尽きると思いますよ。

なにごとも自己責任でやらんといかんと思うとります。

投稿日時 - 2010-06-28 17:45:52

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-