こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

相続税について教えてください。

相続税について教えてください。

(1)基礎控除が5000万+(1000万×法定相続人の人数)、それに生命保険控除が(500万×法定相続人の人  数)あると聞きました。
 税金を計算するときはこれらをすべて足して計算するのですか?
 それとも、不動産などと生命保険金は別枠で考えるのですか?

 法定相続人が2人の場合、基礎控除が7000万、生命保険控除が1000万となります。
 遺産全てを総合して8000万以内かどうかを考えるのですか?
 生命保険金が2000万あった場合、1000万について相続税がかかるのですか?

(2)生命保険の受取人を一人に集中させておくと税金などで何か不都合なことはありますか?
 本来なら法定相続人に分散させておくところなのですが、もう一人がお金にだらしなく、ある程度のお金 が入ると使い込んでしまいそうで悩んでいます。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-06-20 16:40:42

QNo.5982273

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

17人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

(2)生命保険の受取人を一人に集中させておくと税金などで何か不都合なことはありますか?

税金面では何も不都合はありませんが、受取人を指定するということの意味はお分かりでしょうか?
受取人を指定しておりた死亡保険金は、相続税の計算の対象にはなるが、遺産分割協議の対象にはなりません。受取人のものです。そこだけは、注意しておいた方がよろしいかと思います。

投稿日時 - 2010-06-21 00:34:13

お礼

よくわかりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-06-21 10:46:27

ANo.2

>それに生命保険控除が(500万×法定相続人の人  数)あると…

生命保険控除は、あくまでも保険金だけに適用されます。

>税金を計算するときはこれらをすべて足して計算するのですか…

単純に足し算してはいけません。

>それとも、不動産などと生命保険金は別枠で考えるのですか…

生保控除を先に計算して、なお余る保険金があったのなら、それは他の遺産と合わせて相続税本来の基礎控除が適用されるということです。

>遺産全てを総合して8000万以内かどうかを考えるのですか…

そうではありません。

>生命保険金が2000万あった場合、1000万について相続税がかかるのですか…

生保控除を適用した後に残る 1,000万は、不動産や現金預金などに合算して、7,000万円を超えれば相続税が発生します。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4114.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4152.htm

>(2)生命保険の受取人を一人に集中させておくと税金などで…

多く相続した者が税金も多く負担するのは、ごく自然なことです。

>本来なら法定相続人に分散させておくところなのですが…
>もう一人がお金にだらしなく、ある程度のお金 が入ると使い込んでしまいそうで…

それは保険を掛けた人が判断することです。
税金の観点から集中か分散かを判断することはありません。

また、保険金が相続税の対象になるのは、保険料を被相続人が自分で払っていた場合のみということはお分かりですよね。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1750.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2010-06-20 17:42:17

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-06-21 10:47:56

ANo.1

>(1)基礎控除が5000万+(1000万×法定相続人の人数)、それに生命保険控除が(500万×法定相続人の人  数)あると聞きました。
 税金を計算するときはこれらをすべて足して計算するのですか?
生命保険金は500万円×相続人の人数は、控除ではなく非課税財産になるということです。
つまり、その分は遺産額に含めないということです。

5000万円+1000万円×相続人の人数は控除額で、遺産額からその額を差し引くことができるということです。

>生命保険金が2000万あった場合、1000万について相続税がかかるのですか?
そのとおりです。
正確には、1000万円を遺産額に含めるということです。
相続税がかかるのは、遺産総額から控除額(7000万円)を引いて残額がある場合です。

>(2)生命保険の受取人を一人に集中させておくと税金などで何か不都合なことはありますか?
特にありません。
相続税の計算は、まず遺産総額を法定相続分どおりに按分し税額を出します。
そして、その税額の合計額を実際の相続割合で按分し納める相続税額が出ます。
もちろん、控除額以下なら相続税かかりません。

参考
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/pdf/19.pdf

投稿日時 - 2010-06-20 17:13:48

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-06-21 10:48:53

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-