こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

北朝鮮が中国に併合された場合のメリットとデメリットは?

北朝鮮が中国に併合された場合のメリットとデメリットは?
最近のニュースを見ていると、北朝鮮は韓国に併合されるより、中国に併合される可能性の方が高いのではと素人ながら思っています。そこで質問です。もし北朝鮮が中国に併合された場合、日本にとってメリットとデメリットを教えて下さい。

投稿日時 - 2010-06-06 21:18:15

QNo.5949727

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

日本にとってのメリットは、拉致被害者が見つかる可能性があるということと、北朝鮮の暴発を防げるということでしょう。

デメリットは、中国の領土が広がることくらいでしょう。

それに比べて、中国はトランプでババを引いたことになり何も良いことはないと思います。
直接、自由主義陣営の韓国と国境を接することになり、自由主義の影響を国民がさらに受けやすくなります。
また北朝鮮の貧困問題を抱えてしまいます。
さらに、北朝鮮も中国から独立したいでしょうから、独立運動も起きます。
中国にとって何も良い事はありません。北朝鮮は生かさず殺さずが中国にとって最良の策ですね。

投稿日時 - 2010-06-07 01:10:49

お礼

回答ありがとうございます。
韓国が併合するのが一番いいと思うのですけど、韓国も併合を望んでいないような気がしてなりません。

投稿日時 - 2010-06-07 23:07:58

このQ&Aは役に立ちましたか?

32人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(8)

ANo.8

メリットは、北朝鮮の核兵器がテロリストに拡散する可能性がなくなることです。
北朝鮮は今の体制のままだと外貨を獲得するために他国に核兵器を売りかねないのです。
また今の体制が崩壊するとしたら、軍事クーデターの可能性が高いため、新政権がどのような核政策を実行するかわからないため、危険です。

デメリットは、中国の経済や治安が不安定になることです。西ドイツが東ドイツを吸収合併したときもドイツ(旧西ドイツ)の経済はガタガタになりました。中国と北朝鮮の経済格差はそれ以上です。もう1つは、韓国人の反中感情が高まる危険があります。

投稿日時 - 2010-06-09 18:15:34

お礼

回答ありがとうございます。核をもったために一層扱いにくくなったような気がします。

投稿日時 - 2010-06-09 23:16:49

ANo.7

 質問とはズレますが、中国が北朝鮮を併合することはありません。
なぜなら、中国は資本主義国と国境を接しようとしないからです。
だから北朝鮮はあくまでそのまま残しておき、韓国という資本主義
国とのあいだのバリアとして利用します。

 そういった現状を無視し、北朝鮮が中国に併合された場合には、
次のようなメリットとデメリットが発生します。

・メリット
 北朝鮮の安価で教育水準の高い労働力を、活用しやすくなる。
識字率が高いのにあれほど食糧事情の悪い国は他にありません。

 韓国が今まで以上に安全保障に力を入れなければならなくなり、
日韓・米韓関係を重視せざるを得なくなるので、日本の要求が
通りやすくなる可能性がある。

・デメリット
 中国軍が日本の目と鼻の先に展開でき、しかも日本海に
軍港を持てるため、安全保障上あまりにも危険。

 環境保護などまったく気にしない工場や発電所、製鉄所が汚水を
日本海に垂れ流すので、黄砂の比ではない環境被害が生まれる。

投稿日時 - 2010-06-08 18:36:56

お礼

回答ありがとうございます。日本海に中国海軍の基地ができるのは嬉しく無いですね。

投稿日時 - 2010-06-09 23:15:03

ANo.6

赤い上着を着た資本主義者がソンなことをするかな?と思いますが。
中国のメリット:領土が拡大、海岸線が長くなる、
デメリット:北朝鮮を養って行くのに多大な負担、北朝鮮軍を解体するのにこれまた多大な費用。両国内の混乱。景気の大低迷。
 
日本のメリット;ある程度話し合いができるベースができる。帰還事業で帰ってしまった人達が帰国できて、日本在住の関係者は送金をしないですむ。
 デメリット;日本からももっと援助金を出さねばならない。中国の景気の大低迷で日本も世界も景気が大低迷。
 悲観論すぎますか?
 日中韓を巻き込まずに、ソフトランディングして欲しいものです。

投稿日時 - 2010-06-08 18:09:10

お礼

回答ありがとうございます。中国としても併合したら相当のデメリットもあるわけですね。

投稿日時 - 2010-06-09 23:13:07

ANo.5

こんにちは

北朝鮮というある種"何をするか判らない(先の読めない)国"が消滅
してしまうことは、韓国にとってはもちろん、我が国にとっても"一時
的には(軍事的な)緊張が緩和"されることになるのは、疑うまでも
ありません。

ただ、その反面その後韓国は、かえって非常に難しい対中外交を強い
られると思います。それは、
・民族統一という悲願とも言うべき"国是"を重視し、あえ中国と対立
関係になるか
・ぞれよりも"経済発展"に重きを置き、中国とより一層の協調関係に
シフトするか
という どちらも国論を二分しかねない"いずれかの方針のうちひとつを
選択"せねばならなくなる からです

もちろんその過程で、前者の道を推す"米国"と後者を推す"中国"とが、
韓国国内の様々な勢力と結託し、激しい対立状況を生み、韓国国内が
不安定になる可能性も充分あり得ると思います。
当然"隣国でもあり"また"米中双方と深い関係を持つ"我が国にも その
とばっちりがくるでしょう。

我が国とすれば(米国との関係からして)原則としてはは韓国が"前者"
の方針を採るよう望むことになると思われますが、韓国がその通りに
進んだ場合でも、日中関係には 微妙な影響を与えるでしょう。
逆に韓国が"後者"の中国寄りの方針を採った場合、今度は日米VS中韓と
いうあらたな対立軸を生み出すことにも成りかねないでしょう。

以上、メリットは「一時的な(対北)緊張の緩和」
デメリットは「中国という北朝鮮よりもはるかに強力な大国との、新た
な対立や緊張関係」の発生の予感
と、いうことかな と。

投稿日時 - 2010-06-07 16:22:42

お礼

回答ありがとうございます。韓国と中国の関係が難しくなりそうですね。

投稿日時 - 2010-06-09 23:02:29

デメリットは少ないかも
メリットは某国が北朝鮮経由で外交圧力を駆使していた出来事がなくなりました
例えば オウム事件などは背後に北朝鮮と某国の影があったと言われています
拉致も某国の差し金かも
中国は日本を軽視しているようにも思える事柄が多いと考えられる行動がある
中国が警戒しているのは日本にあるアメリカ軍なのではないかろうか

投稿日時 - 2010-06-07 08:25:48

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2010-06-07 23:11:32

ANo.3

中国が北朝鮮を併合すれば、日本海で中国が日本の経済水域を奪いにくるでしょう。
もちろん日本海は密漁者と密漁船であふれます。
そして南シナ海のように、その密漁船は中国海軍が護衛するのです。
法にのっとって密漁船の拿捕を行おうとすれば、戦争になりかねません。
極めて厄介な問題です。

中国は北朝鮮の地下資源・道路・港・鉄道の敷設権といったものは欲しいかもしれませんが、北朝鮮の領土は欲しくないでしょう。あそこの飢えた貧民を食わすことは、どこの国にとっても重荷でしかありません。
北朝鮮が崩壊し国家の体をなせなくなれば、中韓米(ロ)の共同統治のような形になるでしょう。
どこの国も丸抱えは無理ですし、そこまでするメリットがありません。
(穏当に北朝鮮の核兵器を韓国が吸収する方法があれば、韓国は併合を望むかもしれませんが、さすがにそれは無理筋でしょうし。)

投稿日時 - 2010-06-07 03:23:40

お礼

回答ありがとうございます。
韓国が併合するのが一番いいと思うのですけど、韓国も併合を望んでいないような気がしてなりません。

投稿日時 - 2010-06-07 23:10:34

ANo.1

北朝鮮地域を中国が取れば、中国が日本海側の出口を得る。
北朝鮮地域をロシアが取れば、ロシアが黄海側の出口を得る。
どちらにせよ防衛に関して、守らなければいけない地域が一気に増大してしまいますよね。
そして中国・ロシアの立場からすれば、相手側に取ってほしくない場所です。

お互いが欲していて、お互いが進駐してほしくないのですから、
仮に設問の事態になった場合、中ロ両国間で現状の比ではない
不安定さが生じる可能性はあると思います。

加えて、そういった軍事的衝突が近場で起きれば、
アジア経済自体がもはや現在の形では立ち行かないので、かの地域が
いずれかの国(韓国を含め)に併合されることは、結局のところ誰もメリットを
得ることはないんじゃないでしょうか。

もちろん今のままの政体では日本や韓国が困るので、
形は変えてもらわなきゃならんでしょうけど。

投稿日時 - 2010-06-07 00:10:00

お礼

回答ありがとうございます。
韓国が併合するのが一番いいと思うのですけど、韓国も併合を望んでいないような気がしてなりません。

投稿日時 - 2010-06-07 23:07:02

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-