こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

圧倒的に少ない、前代未聞、断トツの最下位

圧倒的に少ない、前代未聞、断トツの最下位

NHKのテレビ番組で、ナレーターが「圧倒的に少ない」という表現を使っていました。
同じくNHKテレビで、あるアナウンサーが、新規に企画された催しのことを「前代未聞のことです」と紹介していました。
そして、民放のアナウンサーの発言だったと思いますが「断トツの最下位」というのがありました。

彼らの揚げ足取りをしたいということではありませんが、
これら3つの表現について、主観・客観の両面から皆さんのお考えをお聞きしたいと思います。
では、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-06-05 16:54:52

QNo.5946650

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

あくまで個人的な意見です。

【圧倒的に少ない】
元々は他を圧倒するほどの個数・人数・量があるということなのでしょうが
最近では値段や価値などにも使うことがあるので
この表現はあまり気になりません。

【前代未聞】
悪いものに使う言葉だと思っていたので個人的には不適切な印象があります。
しかし、いくつかの辞書を調べてみても「普通と違う」「珍しい」とあるだけで
良いことに使ってはいけないようなことは見つからないですね。

【断トツの最下位】
「断然トップ」から石原慎太郎氏の造語だったと記憶しています。
アナウンサーがこういう最近の言葉を使うこと自体に疑問を感じますが
最近の言葉ですから問題ないのではないでしょうか?

投稿日時 - 2010-06-05 17:46:58

お礼

ありがとうございます!
以下、反論というわけではないですが、メモとして残したいと思います。

「前代未聞」を「新明解国語辞典」を引くと、かっこ付きではありますが「あきれたこと」という説明が付加されています。
大きい辞書を引いてみますと、そういう説明はありませんが、使用例として「前代未聞の大事件」「前代未聞の珍事」「義朝に父を切らせられし事、前代未聞の儀にあらずや」というネガティブイメージのものばかりが挙げられています。

断トツは断然トップを縮めたものであることは知っていましたが、石原さんの造語でしたか!
しかし、「断然トップの最下位」で変だと思いましたので、提起してみましたしだいです。

投稿日時 - 2010-06-06 08:48:37

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

13人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

強引に主張したいため、どんどんオーバーな表現になり、ここまで来たか!
という感じがします。

圧倒的の圧倒は他を押し倒すと云う事ですから、他とはかけ離れて、群を抜いて、他をしのいで、
すぐれている。勢いが強い。 圧倒的勝利 圧倒的な強さ 圧倒的多数の賛同。
圧倒的に少ないは違和感を感じます。「他と比べて非常に少ない。」と言ってほしいです。

新規に企画された催しのことを「前代未聞」>どの程度の企画か分かりませんが。地球規模、
宇宙規模 何百年に一度それも初めてのこと、以外は大げさすぎると感じます。
画期的なとか斬新なですむと思います。

断トツの最下位はナンセンス
断トツは断然トップの略で、他を大きく引き離し首位にある。文句なしの優勝のとき
とか群を抜いて素晴らしいぐらいまでは譲歩します。
「一位から大きく引き離され最下位であった。」
でいいのではないのでしょうか。

投稿日時 - 2010-06-05 19:10:10

お礼

代替表現まで提示していただき、ありがとうございます。
たしかに、そのような表現であれば、違和感を覚える人はいないでしょうね。
「圧倒的」は「圧倒するがごとく」の意味であるはずです。
しかし、Googleで「圧倒的に少ない」「圧倒的に弱い」を検索してみましたら、どちらも200万件以上引っかかるので、世の中で認知されてしまっているようです。
cxe28284さんや私のような感覚の人は「圧倒的少数」になりつつあるかもしれません(笑)

投稿日時 - 2010-06-06 08:58:55

ANo.2

いつも回答いただいてばかりなのでたまには。
3つとも違和感ないです。
若輩者の意見です。

投稿日時 - 2010-06-05 18:31:19

お礼

恩義を感じていただくほどでもないので恐縮です!
そうですか。若い人の感覚がわかりました。
貴重なご意見をありがとうございました。

投稿日時 - 2010-06-06 08:51:03

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-