こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

暴行傷害事件に

暴行傷害事件に


先日深夜に友人と飲んだ帰りに、前方より歩いてきた見知らぬ男にいきなり暴行を受けました。
それにより友人は肩や首などに治療を必要とする外傷を負い
その男を止めようとした私も殴られ、抑えようとした際に
さらに身体を殴られ蹴られ怪我をしました。

警察を呼んで泥酔による暴行という事で何とか収まりましたが
こちらとしては厳重な処罰を望みます。

この場合適用されるのは「暴行傷害」になるのでしょうか?

警察も被害届を出す前に反省している本人と一度話し合ってみてはどうか?と提案してきました。

金銭で済ますつもりもありませんが
参考に解る方に教えて頂きたいのですが

通常例として「被害届」を出さないかわりに「和解金?」という事で提示されるのは
罰金刑相当、つまり今回の場合傷害事件は50万円以下ですから
それ相当として落ち着く場合があるのでしょうか?

またそれとは別に「慰謝料」というのは
どう判断したらいいのでしょうか?

弁護士先生に相談したらいいとは思いますが
まずはどなたか教えていただけますか?
ある後輩は酒場でサラリーマンにからまれ一方的に怪我をさせられ100万の慰謝料を受取示談したという話を聞きました。

このように示談なり和解というものは
今回のケースの場合には被害者が二人いる訳ですから
それぞれ別々と考えるべきと思いますが
それでよろしいでしょうか?

アドバイスよろしくお願い致します。

投稿日時 - 2010-05-03 00:27:49

QNo.5867427

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

だいぶ近いことを友人が加害者側で同じことしてます・・・。
傷害罪で罰金10万円払ってます。
50万円以下といってますが鎖骨が折れたとしても大体10万円くらいです。
相当となると大怪我してるレベルです。

示談で100万の慰謝料とありますが、相手がよほど刑事事件にされたくないと思って払ったお金でしょう。
それは相手によってまちまちだと思います。
一人10万以下くらいで考えたほうがいいのでは?

人間生きてりゃ何かしらあります。
あんまり、ふんだくってやろう的な考えはモラル的にどうかと。
傍からみると相手がやってることと変わらない気がします。
我を通すことも大事ですが、つけこんで相手を脅すようなことはしないでくださいね。

投稿日時 - 2010-05-03 00:51:27

お礼

頭に血が上っているところで
冷静なるアドバイスに感謝いたします。

とかく被害者意識が強すぎて見えなくなることもありますよね

貴重なコメントです

ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-05-03 12:21:35

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

成り行きはどうあれ被害者がお二方ですね、
<泥酔による暴行>
ですが怪我をされたので傷害になります、が
<警察も被害届を出す前に反省している本人と一度話し合ってみてはどうか?>
酔っ払い同士のケンカで低い罰金刑で終わるので示談にして罰金代を示談金にしたらいいのでは
という意味合いがあります。
<罰金刑相当、つまり今回の場合傷害事件は50万円以下>
ですが双方飲酒状態でしたし被害も回避できたわけですから裁判では相当に低い金額の罰金になるでしょう。おそらく一人10万程度で30万程まででは?
<「和解金?」>
話し合いで解決するものですが示談金(謝り料、事件にしない金額)+慰謝料(精神的苦痛の金額)+損害賠償(傷害をこうむった為に要した費用・休業し得れなかった収入などを)の要素をもっています、が、ひっくるめて考えていと思います。根拠をつけて算出します、相場があってないようなものです。高額所得者と無職・世間的地位のあるもの・ないもの、健常者と障害者、では全然違います(ケースバイケース)です。
<それぞれ別々と考えるべきと思いますが>
そうです、1事件でも二人の被害届ですからお二方の承諾がいるわけです。
そして警察から検察庁に書類が行くまでに示談が成立しなければ罰金刑がでて終わりです。後は慰謝料+損害賠償は民事で被害者の方が別裁判が必要です。

投稿日時 - 2010-05-03 04:10:09

お礼

大変頭にきてるところでアドバイスありがとうざごいます。

冷静に対処したいと思います。

投稿日時 - 2010-05-03 12:20:06

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-