こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

沖縄の米軍の移設が問題になっていますが、アメリカに帰っていただくか、台

沖縄の米軍の移設が問題になっていますが、アメリカに帰っていただくか、台湾に行っていただいたらよいのではと思うのですが、基本的には台湾海峡が問題なのでは。いかがでしょうか。

投稿日時 - 2010-04-21 19:19:36

QNo.5841986

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

私も賛成です。
アメリカ軍の抑止力なんて、占領下の日本をカモフラージュする都合のいい言葉です。それで日本国民は騙され、
沖縄に多くの負担を掛けてきています。沖縄だけでなく首都の東京にも横田基地があるのにアメリカ軍の基地を無くせ、アメリカ軍は本国に帰れ・・なんて誰も言わないのが属国平和ボケ日本と情けなく思います。

貴方への回答は、「日本は日本人の手で守る」です。
これの気持ちがないから、解決できません。普天間移転問題が解決できないのは鳩山首相のせいではないのです。
国民は自分のこととして受け止める気持ちを持ってない愛国心のない、落ちぶれた国民です。さらに沖縄県民のことも他人事で冷たい日本人です。それを煽っているのがマスコミで報道が流れる度に「バカじゃなかろうか」と
あきれています。マスコミはアメリカの視点でいつも評論して、国民も日本のことを他国のように考えるように洗脳されています。今は、沖縄と徳之島の人たちだけが自分のこととして受け止めて他の国民は他人事ですから・・

それから、アメリカの防衛体制もグアムに引いた態勢にQDRで見直されていますから、いずれアメリカ軍は引き揚げて行くんです。マスコミが正確に報道してないだけです。(宜野湾市の伊波市長が情報を掴んでいます。)
自民党がアメリカ軍が出て行かないように引き止めたという話もあります。海兵隊に数も18000人だと嘘を国会で答弁し8000人グアムに移転したら1万人残ると答えています。アメリカ当局も18000人と言った覚えはないと回答しています。本当は8000人移転したら残りはわずかの人数のようです。
アメリカの狙いは、その引き揚げ費用の大半を日本に押し付けようと考えていることと辺野古に新たに基地を日本の金で作ることが目的なだけなのです。
アメリカも辺野古への移転もジュゴンなどの問題もあり、進まないだろうと考えていたのも本音だと思います。

そういうことなので、鳩山首相は、海兵隊は全面的にグアムに移転し、後の横田基地なども段階的に撤退しろと発言すればいいのです。それをキッカケに防衛論議が始まり、自衛隊を軍隊にして自国を守れるように改憲する方向に向かうと思います。また、核の保有論議も必要かと思います。 
こうなったら、鳩山首相も勇気持って死ぬ覚悟で望まれることを期待します。

投稿日時 - 2010-04-22 16:06:02

補足

アメリカはあらゆる意味で優れた国だと思っていましたが、金目当てだけの国とは思いませんでした。お互いが信頼しあって素晴らしい地球を作りたいものだと思います。

投稿日時 - 2010-04-22 17:30:27

お礼

唯一賛成いただき有難うございます。

投稿日時 - 2010-04-22 20:57:48

ANo.6

このQ&Aは役に立ちましたか?

12人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

No.5です。

>>どうしてそんな極端な話になるのかわかりません。20兆円の埋蔵金があるのでしょ、外貨準備高だって1000兆円(はてな)ほどあるのに言っていることが理解できません。

すごく単純ですよ。たとえば質問者さんが年収100億円あって大邸宅に住んでいるとしても、フリータで、年収が100万円もないけど、爆弾やマシンガンで武装している若造が侵入してきたら、彼の言うことに逆らうことはできません。通常ならば、警察がやってきたり、オウムの強制捜査のように、場合によっては自衛隊の協力を得て、彼を逮捕しようとするでしょう。それは、アメリカが「世界警察」として日本を守っていることと同様です。

もし、警察が来ないなら、武装強盗の思うままにされるでしょう。日本の外貨準備高がどれだけあろうが、それは、強盗にとって「お宝」が多いというだけの話です。餓死者が大量に出ているといわれる貧乏国の北朝鮮でさえも、「核ミサイルが完成したから、言うこときかないと、とりあえず皇居に一発お見舞いするよ!」と脅されれば、もし米国の核の傘が無い場合、日本は言うことをきくしかないでしょうね。(実際のところ、北朝鮮は、核ミサイルを開発する技術力は無くても、この脅しは実行可能です。仲良しの中国から核ミサイルを供与してもらえばいいだけですからね)

投稿日時 - 2010-04-22 19:45:03

補足

北朝鮮の首脳部の人たちが愚かな人たちとは思えません、金日成さんがフーテンの寅さんの映画が好きだったことでもわかると思うのですが。

投稿日時 - 2010-04-22 20:35:21

お礼

北朝鮮の人たちが困っつているのなら何か手助けができればとおもうのですが、また、悪く考えないほうがよいとも思うのですが、ご回答有難うございました。

投稿日時 - 2010-04-22 21:06:48

沖縄の海兵隊は台湾有事に対応するため設置された部隊であり、日本は極東アジアの安全と平和が自国の利益になるという理由で、アメリカ軍に基地を提供しています。すなわち沖縄の海兵隊を国外に排除するというのは、日本が台湾を見捨てると事実上の宣言をしたと見なされます。

また極東アジアの軍事バランスは、沖縄のアメリカ軍を前提に保たれています。仮にアメリカ軍が日本から撤退した場合、各国は軍備の大幅な再編を迫られます。それは単に「見直す」というレベルではなく、たとえば中国共産党は人民解放軍が暴走しないよう、アメリカ軍との連携を深めた安保体制を模索していますが、アメリカ軍が沖縄からいなくなれば単独防衛を主張する人民解放軍を押さえることが難しくなるでしょう。

沖縄の負担軽減は早急に実現すべきですが、戦後60年にわたり「沖縄にアメリカ軍が駐留している」という事実は、日本だけでなく周辺各国の安全保障とも密接に絡み合っています。いつもなら日本の軍国化を批判する中国や韓国が、沖縄のアメリカ軍に関してまったくといっていいほど言及してこないことからも、この問題が日本だけのものでないことがおわかりではないでしょうか。

ちなみに沖縄の海兵隊が台湾有事への対応を目的にしているのは先述したとおりですが、ならば日本を守るのはどの部隊なのかと言えば、ハワイに駐留する陸軍第25歩兵師団です。これは日本が島国であり、周辺国から首都が離れているため、首都制圧までにしばらく猶予があることから、ハワイで十分に間に合うと判断された結果です。

投稿日時 - 2010-04-22 16:45:12

補足

ナルトをご存知でしょうか、最近、鳩山首相が4代目火影に思えてくるのですが、次の世代にはナルトは現れてくれるのだろうかと夢想しております。

投稿日時 - 2010-04-22 17:38:23

お礼

人民解放軍が不気味というのは確かです、中国はオリンピック、万博とたて続きに行うのですから開かれた国になつてもらはねばなりません。素人に解説有難うございました。

投稿日時 - 2010-04-22 20:52:41

ANo.5

>>沖縄の米軍の移設が問題になっていますが、アメリカに帰っていただくか、台湾に行っていただいたらよいのでは

米国防総省(ペンタゴン)が日米安保崩壊を視野に入れた独自リポートを作成したという情報がネットに流れていますからね。

「究極のオプションとして『米中安全保障条約』の締結構想がある。鳩山政権が『駐留米軍はいらない』との考えに固執すれば、中国との友好関係構築へと軍事戦略を転換せざるを得ない。この場合、日米同盟は邪魔になり、破棄される運命となるだろう」

ということです。

たぶん、鳩山首相のいう、「5月末までに結論を出す」とか「腹案」というのは、日本側(鳩山首相)からの一方的な「日米安保破棄宣言!」ではないでしょうか?その宣言が国際法として有効かどうか不明ですが、これなら米国というか、オバマ大統領の意向を無視して、とりあえず「結論を出した」ということが可能でしょう。

その場合、アメリカは、独自レポートに従って、沖縄といわず、日本の米軍基地を全て撤収するかもしれませんね。

こういう流れを見越して、中国海軍が自衛隊機に速射砲の照準を合わせるとか、中国のヘリが異常接近するとか、10隻の中国艦隊が、沖縄近海を南下するなどの行動をしているのでしょうね。米軍基地が沖縄から消えたら、さらに中国海軍の行動はエスカレートしていくでしょう。

日本という国が無くなる可能性がどんどん高くなっていますね。

投稿日時 - 2010-04-22 00:08:15

補足

どうしてそんな極端な話になるのかわかりません。20兆円の埋蔵金があるのでしょ、外貨準備高だって1000兆円(はてな)ほどあるのに言っていることが理解できません。

投稿日時 - 2010-04-22 09:13:03

お礼

駐留なき安保には賛成です、それだからといって国がなくなるとは思いませんが。回答いただき考えさせられ有難うございました。

投稿日時 - 2010-04-22 14:04:23

ANo.4

基本的に台湾海峡が問題だというのはその通りです。
ですが、台湾に直接米軍を置くことは、政治的にも軍事的にも無理です。

日本はれっきとした同盟国ですが、台湾はそもそも国際社会には国として承認されていません。中国も台湾は中国の一部だと明言しています(実態はどうであれ)
武器を売るならぎりぎり大丈夫だとしても、基地自体を置くなんてことをすれば、中・台・米の緊張を一気に高めてしまいます。

また、普天間基地にいる海兵隊は、少数精鋭の特殊部隊です。
機動力がウリの奇襲部隊です。
その性質のため、台湾にいると逆に中国側の奇襲で台湾の中枢と同時に一気に潰されてしまう可能性があります。
日本にいれば、距離の問題もありますし、その可能性はぐっと下がります。

そのため、台湾にいてもダメだし、台湾から遠すぎてもダメです。
海兵隊のヘリコプターCH-53Eが戦闘時の航続距離が1000km程度ですので、沖縄から台湾に行って返ってくることを考えると、どうしても沖縄県内である必要があります。

何かあったらすぐ沖縄から飛んでいけるぞということが、中国の台湾への侵攻を踏みとどまらせる抑止力になるのです。
(ちなみに、グアムに移転するのは沖縄にある米軍基地の一部である普天間基地の、さらに司令部を含む一部です。沖縄から米軍が撤退することは考えられません)


また、冷戦が終わったのはあくまでアメリカとソ連(ロシア)だけの話。
中国はあの通り毎年すさまじい勢いで軍拡していますし、未だに一触即発の北朝鮮と韓国も軍拡中。ロシアも一時期はかなり弱っていましたが、天然ガスをはじめとした地下資源により、国力を取り戻し、軍拡中です。
テロ以外の国だけの関係で見れば、日本の周りは世界でも有数の軍事的な緊張がある地域ですよ。
日本だけが軍縮中です……


日本は第二次大戦以降、防衛の多くの部分をアメリカに任せてきました。
そうすることで、アメリカは直接ソ連や中国に睨みをきかせてきましたし、日本は日本で浮いたお金を戦後復興や経済の発展に費やしてきました。
日米の利害が一致していたわけですし、現在の情勢でも利害は一致しています。

アメリカに頼らず日本だけで防衛というのは、かなりお金がかかります。
アメリカ任せにしないということは、中国だけではなく、アメリカからの圧力に対抗するだけの力を持つ必要があります。
どれくらいお金がかかるのか……
軍事支出の対GDP比の世界平均で考えても毎年3倍。
最初の頃は急いで色々と整備しないといけないので、5倍でも足りないかと。
それだけの支出に耐えるだけの余力は無いので、当分の間は米軍にいてもらわないと困ります。


ただ、個人的には長期的には少しずつ自衛隊の機能を強化し、ある程度自力で戦える力はほしいとは思っています。ただし、簡単な事態なら自衛隊だけでも対処可能にする程度、それ以上の事態であれば米軍の応援を加えて対応するようになれば良いなと思っています。
まあ、数十年先の話でしょうね。

投稿日時 - 2010-04-21 23:44:43

補足

読んでいて情けない気持ちになりました、もっと世界をリードしていくぐらいの気概がほしいものです。

投稿日時 - 2010-04-22 09:06:31

お礼

日本だけ軍縮とはひどい話だと思います、しかし軍事能力だけを上げるのではなく、ひとつしかない地球の平和のために情熱を傾けるべきではと思うのですが。有難うございました。

投稿日時 - 2010-04-22 15:08:54

ANo.3

ご返信ありがとうございます。
普天間の海兵隊同様に沖縄の嘉手納空軍の多くも米国にお帰りですよ。(一部は日本の別所に移転する)
これを「米軍再編」と言います。そのグローバルな米軍戦略の沖縄版ですね。

これは沖縄を静かに平和にする… とかとは全く目的が異なり、東アジアにおいては中国の軍事力向上に対応した実戦配備の変更です。
中国軍に対して実質的に有効な戦力を東アジアに確保するため。
そして米国国力衰退に合わせ、分に応じた戦力配備にするため。

ですが沖縄という前線に少数の即応部隊は残存させねばならず、沖縄に残った米軍の少数精鋭部隊と日本自衛隊とが協同で、仮想敵に対し、海空において警戒行動を取ります。(ここで集団的自衛権の行使を米軍は求めています)
同時に米軍艦艇の行動を援護します。

その為の基地が沖縄かその周辺にどうしても必要であり、ですが基地の必要規模が縮小されますのでキャンプシュワブに海兵隊基地を移転も可能となっていたわけです。

問題は米軍のグアム移転費用の日本側負担という、金銭的な問題で、これを払わずにすむ方法はないですかねぇ…
と、ずっと思っていましたら、鳩山首相はこの点についてウンクサイ発言を最近連発しています。
「日本人は金の負担をしろ」との意味に取れる発言を、ば。(メディアはなんでその方向から鳩山発言を考えないんでしょうかね)

投稿日時 - 2010-04-21 20:52:17

補足

中曽根さんは日本列島をアメリカの航空母艦になりますよというような話があっつた様な気がしますが、いつまでそのような考えを引きずるのでしょうか、地政学てきにもアジアに位置するのだから、そこからの発想があってよいように思うのですが。小沢さんに期待します。

投稿日時 - 2010-04-21 21:20:14

お礼

正直いってあまり理解出来ませんでした(お金のあたり)が、自民党は大金をアメリカのいいなりに出しすぎていたと思います。有難うございました。

投稿日時 - 2010-04-22 14:51:50

ANo.2

基本的には沖縄米軍はアメリカに帰っていただきます。これが自民党政権下での日米合意です。
米軍再編という米国の世界戦略にのっとり、沖縄米軍も撤退。在韓米軍も撤退。(また、沖縄には沖縄の軍事的事情があり、沖縄米軍に限っては早急な撤退が必要)
東アジアの米軍戦力はグアムに移転した部隊が主力となる予定。

この米軍撤退作戦の一環として、沖縄に少数の即時対応部隊を残す。(日本側は沖縄に残存させる米軍を出来るだけ多くしたかったため、あらゆる手段を講じたツモリ)
基地の規模が縮小するため、危険な普天間基地を別の場所に移せるようにもなる。そこが名護市東部地域だったのですが。

一説によると沖縄の海兵隊基地には数千人もの米兵が残るようなことも言われているのですが、米軍再編計画を参酌すれば実は沖縄に残存する海兵隊実数はマイナスの人数になるとも言われている。
実数ではマイナス。虚数の大本営発表では数千人。どっちが正しいか、未来の時代になってみなければ分かりまへんわ。

投稿日時 - 2010-04-21 19:48:37

補足

アメリカの海兵隊ではなく米軍が問題なのでは、冷戦は終わり、戦後幾年月長い年月が経っているのに平和な沖縄に返してあげるべきではないでしょうか。

投稿日時 - 2010-04-21 20:18:59

ANo.1

ぜんぜん違います。
沖縄に駐留すると言う事は地政学的に言えば、日本・韓国・台湾・その先のグアム・ミクロネシアなどの防衛が可能と言うことです。
中国大陸が軍拡に走っても沖縄で食い止められるのです。

台湾が重要ならアメリカは台湾と国交を断絶し、中国大陸と国交など締結しません。
もう一度世界地図を見てください。
中国大陸が太平洋に出るには、沖縄が邪魔なのです。ここにアメリカの基地が有ればどれだけ抑止力になるでしょう。
それだけ重要な地域なのですよ。

投稿日時 - 2010-04-21 19:33:40

補足

韓国は国民徴兵制だし台湾は本土中国に対抗すべく手は打っているのに、日本だけがアメリカ任せでよいのでしょうか、近隣国にもなめられず、アメリカにもしっかりした発言を出来るようになりたいものです。、

投稿日時 - 2010-04-21 20:10:34

お礼

完全にアメリカ軍と連携しているのですね、これを少し方向転換すればと思うのですが。有難うございました。

投稿日時 - 2010-04-22 14:56:30

あなたにオススメの質問