こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

映画と小説の差異

小説と映画が両方ある作品はたくさんありますが、
小説が原作でなく、あくまでもノベライズとして書かれた
映画と同じ作品の小説は、映画に忠実に書かれているものなのでしょうか?

実は、「ターミネーター3」の英語版を買いたいな、
(それ以前に小説が存在するのかわかりませんが)
と思っているのですが、予告編などで公開されている
一文一文について、英語を知りたいのです。
私の乏しい英語力じゃディクテイションも出来ないし。
というわけで、この質問をしてみた次第です。

投稿日時 - 2003-06-24 20:52:09

QNo.584040

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

#1です。
screen playとは、映画の脚本の呼び方らしいです。
確か、「Back to the Future」が流行った頃、初めて日本語訳を並列に載せた日本語/英語のScreen Playが出版されたのだと思います。
その時の出版社は「(株)フォーイン」で、他の英語のものも出していましたが、今は「スクリーンプレイ出版」に社名を変えたみたいです。

日本語訳も入っているのは多分この出版社からでているものだけだと思います。
あと、脚本ではありませんが、ビデオで字幕の代わりに英語の台詞がそのまま英文ででてくるシステムも、英語勉強用の教材としてでています。
ご興味の内容とは違うかもしれませんが、URLを載せておきます。

参考URL:http://www.i-fm.com/closed-caption/

投稿日時 - 2003-06-28 17:03:53

補足

締め切るのが遅くなってしまいました。

12日から公開されている「ターミネーター3」の
ノベライズは、角川文庫から出版されているようです。
原作はデヴィッド・ハグバーグです。

「ターミネーターの続編」はこのハグバーグのものを含め、
世界中で少なくとも5作以上は書かれているようです。
(#1のお礼に載っているのも、そのひとつ)
映画になったのは、ハグバーグの作品だけですけどね。

ターミネーター3も順調な興行業績をあげているので、
スクリーンプレイになる日も近いかもしれません。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-07-19 14:50:16

お礼

ありがとうございます。

やはり、スクリーン・プレイはそこからしか出版されていないのですか。
URLのシステムも、面白そうですけど、
最近ビデオ買うのって、ためらっちゃうんですよ。
「どうせ近未来にはDVDが主流になるだろう。今更ビデオ買ってどうする」と思って。

どちらにしても、ターミネーターは無いようです。
「どうしてA.I.あるのにターミネーターがないんだ?」
と叫びたくなりました。
要望書でも書いて出してみようかしら。

投稿日時 - 2003-06-28 19:59:08

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

小説を買っても、一語一語はまったく違うと思いますよ。映画化するときに脚本家が小説を脚本に直してしまいます。
もし、映画の中の言葉そのままを知りたいのなら、映画の脚本をそのまま本にした、SCREEN PLAYがいいと思います。
SCREEN PLAY専門の出版社のURLを載せますのでご参考までに。

でも「ターミネーター3」はまだ出てないと思いますが。

参考URL:http://www.screenplay.co.jp/

投稿日時 - 2003-06-24 21:17:45

お礼

ありがとうございます!
もう、本当に感激……スクリーンプレイなんて初めて知りました。
ターミネーターシリーズは、参考URLでは取り扱っていませんでしたが。
スクリーンプレイというのは普通名詞なんでしょうか?
他の出版者でも取り扱っているのかなあ。

それから、ターミネーター3の小説のあらすじを読んでみたのですが、
小説と映画は一語一語どころか、ストーリーが全く違うような気がします。
だって、小説版は南極でのシーンとかあるので……
55歳のシュワルツェネッガー氏にはキツイでしょうし、
予告編でも出ていませんでしたしね。
映画のノベルズは指輪物語やハリーポッターしか読んだことが無いので
ご意見、ありがとうございます。

それにしても、質問した甲斐がありました。
平に平に お礼を申し上げます。

投稿日時 - 2003-06-25 16:23:09

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-