こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英語だけが外国語なのだろうかね?

英語だけが外国語なのだろうかね?

最近は小学校から税金使って英語教育しているそうですが、これって国力の低下につながりませんか?

日本の政治家は、British Commonwealthの繁栄を見て、日本も英国植民地のような発展をさせたいのでしょうか。

私の育った時代は、Mr.Edoという馬や、名犬ラッシーという犬、そしてフリッパーという海豚まで英語を理解すると信じられていた時代で、私自身、人間でしたが、中学校から一所懸命に英語を覚えました。

大学入試を済ませたあとは、英語に興味がなく、たまたま大学が第一外国語が何語でもよかったので、ドイツ語を第一外国語、フランス語を第二外国語に選択し、English Contaminationからは多少なりとも距離を置くことができました。

その後、社会に出てからは、IT業界、「それ業界」じゃなくて、Information Technology業界なんですが、英語汚染の激しい業界ででして、そこで30年も仕事してきたので、食うためにやむなく英語を使ってきました。
その意味で、税金使って(中学と高校)職業訓練してくれたと感謝してはいます。

翻って、今、全国民に英語教育を徹底するそうですが、そのうち何割の人が英語で仕事するようになると予想されているのでしょうか?

日本国の税金を使って外国語教育する場合、多様性によるリスク分散も鑑みて、40%を英語、30%を中国語、10%を韓国語、10%をドイツ語、残りはロシア語とか台湾語など、近隣諸国語にしたほうが、良いのではないでしょうか?

英語以外の”諸外国語”に税金を使うのはまかりならない、というのが独立国家日本の信念だとしたら、
「今と同じだけの税金を英語教育に投入し、英語学習者を半分にする」というのはいかがでしょうか?
英語を学びたい順に50%の子供を選択し、一人当たり2倍の税金を投入するわけです。

英語を学びたくない順からの50%の子供には、中国語や朝鮮語、またはアラビア語やベンガル語、エスペラント語などを選択させ、近隣諸国との友好とか、頭の体操などを推進した方が国の繁栄につながるような気がします。

みなさんのご意見はいかがですか?

投稿日時 - 2010-04-07 15:45:33

QNo.5809211

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

これからアメリカの国力が衰退するんで
英語教育は今がピークなんじゃないでしょうか。
今後は中国の台頭と共に世界中に中国語が普及し、
漢字を扱える日本人は他外国に比べて、
非常に有利になると予想します。
(大人になった白人が1から漢字を覚えるのは無理)
IT業界で英語は残るかもしれませんが、それは仕事で使う
マシン語みたいな扱いになるかと思います。

投稿日時 - 2010-04-08 14:55:55

お礼

ありがとうございます。

と、言うことは、多額の税金を小学生の英語教育に費やしている日本は、莫大な借金をつくりながら、次の100年も繁栄のチャンスを逃す準備をしているという事ですよね。

「無駄な公共工事をやめよう」
「無駄な外国語教育をやめよう」

ここらで閉めましょうか。

ご回答頂いた皆さん重ねが重ねありがとう、カムサハムニダ、謝謝、スパシーバ、Danke Schoen !

投稿日時 - 2010-04-08 18:42:54

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(6)

ANo.5

イギリスって日本と同じくらいの大きさの小さな国ですよね。
この国のトップはエリザベス2世。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%B6%E3%83%99%E3%82%B92%E4%B8%96_(%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E5%A5%B3%E7%8E%8B)

これだけの国の女王なんです。

大航海時代になりヨーロッパの国は新しい土地を植民地にしていった時代があったわけです。

昔はギリシャがヨーロッパの中心地で、イギリスはド田舎だったのですが、航海技術の進歩で世界に植民地を持っていったわけです。

例えば、ダイアナ妃の曽祖父だったか忘れましたが、アパルトヘイト制度の基礎つくり、原住民の人を使いアフリカの大地から貴金属などを発掘させ、本国イギリスに貢がせたことで、貢献したとされ、チャールズ王子の妃候補として幼稚園の先生だったダイアナがあがったわけです。

というわけで、南アフリカでは公用語が英語なんです。

ジャマイカも英語なのは、イギリスが統治していた時代があったから。

アメリカが英語なのは、イギリスから多くの人がアメリカ大陸に移住したから。
オーストラリアやニュージーランドが英語なのは、イギリスから大量に移住したから。

台湾は今でも日本語を話す人が多いのは、かつては日本の植民地だったから、その時代現地の人は日本語で教育されたから。


プログラムを開発した最初の人が英語を話していたからじゃないかと。
それに英語って日本語のように複雑じゃないので、書きやすいんです。

load とか run とか jump goto とかif とか 記号でいけるでしょ?
1バイトですむでしょ?
日本語は1バイトじゃ表記できないでしょ?

そういう利便さもあって、ソースは英語で書かれることになったんじゃないかと。


イギリスという国が、英語を言語としているが、世界中に植民地があったので、本国よりも本国以外に英語を話す人が多いんです。

「なんで日本と変わらない国の言語を世界の人が話すんだ、だったら同じ大きさの日本語だって普及されてもいいじゃないか」という単純な思考じゃ 謎は解けません。


東欧に行ったとき、英語がほとんど通じなかった。
みんなに聞かれました「ドイツ語は喋れる?」って。
トルコに行ったときも、現地の人に「ドイツ語は喋れる?」って聞かれた。
つまりあっち方面はドイツが支配していた地域があったからじゃないかと。


南米の多くはスペイン語を話しますが、それは大航海時代にスペインが南米に進出していたから。
ブラジルがポルトガル語を話すのは、ポルトガルが占領していたから。

何故植民地の人は自分の母国語以外英語を話すのか。
仕事上必要だから。

ゴールドラッシュの時代もあり、白人が金を求めて南アフリカとかアメリカとかに移り住んだこともあったわけです。
その子孫がその国で、成功を収めて、支配者階級になれば、イギリスから独立しても公用語は英語になるじゃないですか。


日本と変わらない大きさのイギリスの言葉が、どうして世界中で話されているのか、少し謎は解けたと思います。
生活する上で英語が必須な人は英語を習得しますが、必要ではない場合、身につきません。
しかし趣味・教養程度として第二外国語を学ぶ人は多い。

アメリカの人も第二外国語としてフランス語を選択したりしますが、日本人が英語を13年間学んでも喋れないように、やはりフランス語は喋れるようにならないです。
何故なら喋れなくても日常生活は十分営めるから。

ヨーロッパの観光地に行くと、物売りの子供ですら英語を喋ります。
生きていくうえで必要なので、自然と身についたのだと思います。

投稿日時 - 2010-04-08 11:06:09

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2010-06-07 22:02:02

ANo.4

ポルトガル語の通訳です。
アメリカ→母国語さえ話せれば良い。
ヨーロッパ→英語と母国語を学ぶ。しかしながら英語と母国語は似ているのでそれほど難しくない。
日本→上記と同じだけど日本語と英語は全然違うし、日本語は子音の数が少ないので発音も難しい。
結論
日本人は英米人に比べると大きなハンディがある。

でも仕方ないです。現実は認めなきゃ。イギリスは世界を制覇し、世界にイギリスの文化を伝えた。それを継承したアメリカが更に巨大な国家となり、世界のリーダーとなっている。その上、カナダ、オーストラリアなども英語国民だし、もう英語は世界の共通語になっちゃった。なっちゃったんだからもう受け入れるしかないです。あきらめてしっかり英語を勉強してください。お気持ちは理解できますが・・・

投稿日時 - 2010-04-08 09:23:56

お礼

Obligado!

Eu tive um sonho.

300年ほど前の英国王室でしょうか、Nishikasaiさんが国王の前で英国の外国語教育に対して提案しています。
「でも仕方ないです。現実は認めなきゃ。スペインは世界を制覇し、世界にスペインの文化を伝えた。その上、アルゼンチンやチリなどもスペイン語国民だし、もうスペイン語は世界の共通語になっちゃった。なっちゃったんだからもう受け入れるしかないです。あきらめてしっかりスペイン語語を勉強してください。お気持ちは理解できますが・・・」

その結果、国王の勅令が出て、税金を投入して、英国の全国民には小学校からスペイン語を学習させることになった。
それ以前は、近隣国のドイツ語やオランダ語、またデンマーク語などを学習する子供たちがいたが、その子の親たちは、自費で勉強させるドイツ語よりも、税金で勉強できるスペイン語教育に切り替えていった。

そこで夢が覚めました。

まだ、英語洗脳を受ける前の小学生の時、自動車少年だった私は、当時晴海で実施されていた東京モーターショーに行きました。輸入車館のポルシェの展示場で、すごく綺麗なグラビア刷りのカタログがあって、子供に配るようなものではなかったのですが、少し汚れていたもの「持っていっていいよ」言われ頂きました。
父が英語で仕事をしていたものですがから、自宅に帰ってその豪華カタログを見せて、「なんて書いてあるの?」と子供。「こりゃドイツ語だな」と父。
ガーン。「外国語って英語だけじゃないんだ!」「父ちゃんにも読めない言葉があるんだ!」。
これが私の原体験でした。

NishikasaiさんもPortugu?sに傾倒された原体験をおもちでしょう。
だれにも、似たような、外国との接点がある。

でも、日本国は英語を学ばせる。税金投入して。

あきらめてしっかり英語を勉強してください。

投稿日時 - 2010-04-08 10:30:36

ANo.3

 独立国というのは、あくまで形の上でのことであり、日本は実質、独立国ではないのではないでしょうか。

 実際に「守るから」と言われてアメリカの軍事力を国内に受け入れています。

 それでも独立国だ、と言う人はいるのでしょうけど。

 属国と言ったら言い過ぎかもしれないですけどね。

投稿日時 - 2010-04-07 21:53:54

お礼

回答ありがとうございます。

原爆を二回もおとされたので、とりあえず三回目を避けようとして、面従腹背していたら、いつの間にか"面従腹従"の世代が育ってしまったのかもしれませんね。

投稿日時 - 2010-04-07 23:46:35

ANo.2

現在の基準では国の繁栄とは外貨の獲得です。つまり日本のものを外国に売ること。
市場としては中国が最大ですが、中国語となると中国人に限定されます。
しかし英語はアメリカ人やイギリス人には限定されません。母国語として英語を話す人以外に外国語として話す人が大勢います。
EUなどを中心に考えればフランス語、中近東ならアラビア語、南米ならスペイン語もありえるでしょう。
しかしいまのところ国連での日本代表の言語は英語に選択されてるので、教育するなら英語なのでしょうね。

投稿日時 - 2010-04-07 16:52:31

お礼

ユニークなご意見ありがとうございます。

実際、私も英語で交渉するビジネス相手の多くが英語を母国語としない人々です。

小学校教育から「海外との交易に必要なコミュニケーションスキル」を身につけさせるために税金を投入することにしたわけですね。

学校の先生や、大工さんなど、一生涯、海外との交易をしない仕事に就く人にとってはちょっと無駄ですね。
オペラが好きな人はドイツ語とか、料理が趣味な人はフランス語とか、旅行が好きな人は中国語など、好きな国のことばが選べれば人生は豊かになるでしょうけど、税金は人生を豊かにするために投入されているわけではないですからしょうがないですか。

いずれにせよ、小学生から税金で英語教育を実施し、中国語やロシア語など、近隣諸国語であり、かつまた国連公用語であるような言葉を勉強する人は自腹で勉強させるのが日本国の選んだ道なんですね。

投稿日時 - 2010-04-07 17:56:47

ANo.1

「多様化によるリスク分散」という考え方には、共通言語としての
考えが欠落しています。
多様な言語圏の人とコミュニケーションをとるために、皆んなが
1つの同じ「第二言語」を習得する方が、効率的なのは確かです。

もちろん、それがエスペラント語であっても良かったのですが、
現在のグローバル化を導いた技術革新は、(古くのポルトガル>
スペインを除けば、イギリス>アメリカと)英語圏発のものだった
ので、モノの拡大と同時にその用語として英語が広まるのは、
外来語の存在から明らかで、それがそのまま共通言語となるのは
自然の成り行きだったでしょう(50年後は中国語かも知れません)。

投稿日時 - 2010-04-07 16:28:13

お礼

ご回答ありがとうございます。

仰るように、多様性によるリスク分散と単一性による効率化のバランスは難しいですね。

国際社会を代表している国連では、多様性と効率性の妥協点として、英語 フランス語 ロシア語 中国語 スペイン語 アラビア語の六ヶ国語を公用語とし、言語間の通訳・翻訳に膨大な労力を費やしていますが、日本国では英語一辺倒で効率のみを追求する国家戦略なのですね。

技術革新とえいば、ドイツ人のディーゼルさんがいなければトラックやバスは今のようには走っていませんし、フランス人のフーリエさんがフーリエ変換を考えてくれなければ、CTスキャンで人体の断面を画像化することもできないです。技術革新や交易が原因となり、すぐれた物を発明した国の言葉が「自然の成り行き」で広まることに全く抵抗は持っていません。

長崎の五島列島で韓国人相手の釣り宿やっている家の小学生や、北海道の根室でロシア経済水域ギリギリでタラバガニ漁をやっている家の小学生にも、とりあえず税金を投入して英語を教えることが、日本の発展に繋がるのですね。

もし、英語が万人にとって「第二言語」であるならば、これも一つの国家戦略とおもいます。

しかし、現実は、英語はある人にっては「母国語」でその他にとって「第二言語」ですね。

投稿日時 - 2010-04-07 17:40:54

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-