こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「バドミントンは手首が重要」とよく言いますが、実際、(ストレート)スマ

「バドミントンは手首が重要」とよく言いますが、実際、(ストレート)スマッシュにおける回内運動において、手首は少しは使うにしても、野球の遠投のように思いっ切り使いますか?少ししか使わないのなら、「バドミントンは手首が重要」とよく言う理由を教えてください。

投稿日時 - 2010-04-06 10:48:37

QNo.5806276

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

   文章だけでの説明でどこまで理解していただけるか 


 よく勘違いの対象になる言葉だと思います 同じラケットスポーツでもあり
フォームがテニスに酷似していますので テニスのラケットワークから来ているのだと思います
手首が重要なのではなく

 回内運動 外内運動を理解しているのならば

   手首の周辺の筋肉が重要 手首の稼働域が重要 と置き換えてください

 ご指摘のように 強いショットでの手首の役割は20%にも足りませんが ラケットの面を作るのは
手首の動きになります又 柔らかい(弱いではなく)ショットでは 手首の動きで伝達エネルギーの
コントロールをすることに成ります

バドミントンでは 強い球と柔らかい球を織り交ぜて組み立てる競技です
決め球が スマッシュとは限りません 柔らかい動きをするために 手首が重要とお考えください

投稿日時 - 2010-04-06 16:17:54

このQ&Aは役に立ちましたか?

22人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

「手首が重要」の内容を勘違いしているだけだと思います。

ボールの遠投で使うスナップのような手首の使い方ではなく、
バドミントンで重要になるのは手首のリストスタンド、もしくは背屈でしょう。

特に回内運動と関わるのはリストスタンド。
リストスタンドをしていなければ、回内運動をシャトルを打つ動作として利用出来ません。
そういう意味で、手首が重要、なのではないでしょうか。

リストスタンド+背屈は、特にバックハンドストロークでクロス方向の面を作るときに使います。背屈を使うのはその時くらいでしょうか。

投稿日時 - 2010-04-06 16:01:23

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-