こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

HDDとメモリ

新たにPCを買おうと思い、いろいろ見てるのですが
スペックの欄を見ているときに、
「HDD○○GB」
の他に、
「メモリ○○GB」
というのがありました。
HDDとはデータを保存するものですよね?
ここでいう「メモリ」とはどのようなものなのでしょうか?

投稿日時 - 2010-03-31 20:53:39

QNo.5793257

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

HDDはデータを記憶しておく記憶装置。
メモリは、それらのデータを処理作業するための記憶装置(作業領域)。

よく例えで、「HDDは本棚」「メモリは机の上」などと言われます。

ですから、処理作業をするメモリは容量が多いほど多くの処理が可能で、
少ないと、メモリからはみ出たデータはHDDなどの仮想メモリ上で作業を行うようになります。

で、その処理速度を数値で表すとHDDに対してRAMメモリは、20倍以上にもなります。
ですから、HDDの仮想メモリ上で作業をするようになると極端に遅くなります。

以上をふまえて、『メモリ容量は多いほど良い』となります。

ただし、Windows等のOSには32bitと64bitとがあり
これにより、使えるメモリ容量には制限があります。

一般に出ている32bitは4GBまで(でも使えるのは3.5GB以下(システムにより変動あり))
64bitはOSにより異なりますが、8~128GBまで使用可能です(これもシステムにより制限あり)。
でもせいぜい、通常使うのは3GB位までです。

ですから、PC購入に当たって

  とりあえず、現状では『4GB積んでおけば問題無し』。

ということです。

投稿日時 - 2010-03-31 21:28:33

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

>HDDとはデータを保存するものですよね?
そうです。

>ここでいう「メモリ」とは
一時的に保管できる量です。
これはすぐに読み書きができるように、HDDとは別にあるのです。(HDDは回転する分、時間がかかる)
例えばx+y=10のyの値を求めるときに、xに5を入れて計算しよう。次の問題は、x/y=20でxに4を代入して計算しよう、みたいな一時的に保存するところです。(永久的に使用しないものや、早くデータを取り出したいもののほとんどがメモリに保存されます)。
なのでメモリが少なければ、HDDに書き込むので時間がかかります。

メモリは性質として、電流が止まるとデータが全て消えてしまいます。

最近のパソコンは4GBあれば十分です。

投稿日時 - 2010-04-01 01:40:36

あなたにオススメの質問